この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • 保育園の土地活用に興味がある
  • 保育園での土地活用の条件を知りたい
  • 保育園の土地活用でどれくらい利益が上がるか知りたい
こんなことがわかります
  • 保育園で土地活用するメリット
  • 保育園で土地活用した場合の収支計算例
  • 保育園の土地活用の相談先

現在、日本の保育園は明らかに不足しており、”待機児童”と呼ばれる多くの子どもたちが保育園に入ることができず困っています。

以下は平成20年から平成28年にかけて年間の待機児童の人数を表したものです。ごらんの通り毎年約20,000人の待機児童がいることがわかります。

参考:保育所等関連状況取りまとめ|厚生労働省

昨年、保育園に入れなかったある母親が過激な表現で日本を批判し、流行語大賞にまで選ばれた出来事があったのも記憶に新しいことと思います。

一方、このような背景がある中で保育園を建設し、土地活用を考える方が増えているのも事実です。今回は、保育園を建設して土地活用することを検討している方に向けて役立つ知識となることをお伝えしたいと思います。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)

 

土地活用で保育園を建てるメリット

保育園を建てるにあたって、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

保育園をはじめるメリット

安定した収益が期待できる

運営会社によりますが、契約期間は20年以上の長期契約が一般的です。保育園が不足している現状を考えてもすぐに閉園する心配が少ないことから長期にわたって安定した収入が見込めるのです。

待機児童問題に協力できる

繰り返しお伝えしているとおり、保育園に入れない多くの子どもがいる中で保育園を経営することは社会や地域に貢献することになります。多くの子どものためになることで、やりがいや喜びを感じることができるでしょう。

補助金制度を利用できる

賃貸経営などと違って保育園建設には補助金制度があるのをご存知でしょうか。東京都ですと、保育園建設費用の4分の3を補助してくれます。近隣住民への騒音対策などに使われる防壁なども補助金でまかなうことができます。

また、2017年度から、土地を保育園に貸した場合に固定資産税と都市計画税が5年間免除される制度も導入されました。こうした補助金制度を利用して保育園を建設できるのは大きなメリットといえるでしょう。

参考:民有地を活用した保育所等整備促進税制の内容|東京都

デメリットは土地があっても許可がおりるかわからない点

せっかく土地を所有していても、保育園を設立するまでに自治体や保育運営事業者の様々な調査や審査が行われます。これらをクリアしてはじめて保育園を建てることができますので、土地があっても絶対に保育園をはじめられる保証はありません。

この章の重要ポイントまとめ
  • 保育園の設立には待機児童問題の解決という社会的意義がある
  • 安定した収益が期待でき、補助金制度が利用できる
  • 保育園の土地活用には許可が必要

実際に保育園を建設できる条件について

土地をお持ちであっても、保育園に向いている土地でなければ保育園を建設することはできません。自治体によって条件は異なりますが、今回は東京都世田谷区を例に条件をみていきたいと思います。

参考:認可保育所整備・運営事業者募集要項|世田谷区

安全確保が十分にできる

ニ方向以上に出口が確保できる土地でなければいけません。

園児の数に合った園庭や屋上が確保できる

入園する園児の数にもよりますが、相応な園庭もしくは屋上のスペースの確保を求められています。

園児を45人以上預かる余裕のある土地や建物

待機児童問題を抱えた今、できればたくさんの園児を受け入れられる保育園を建設してほしいと自治体も希望していることから世田谷区では45人以上の園児を預かることができる土地を希望しているようです。

平方メートルでは以下のように定められています。

  • 土地:330㎡以上
  • 建物:360㎡以上
この章の重要ポイントまとめ
  • 保育園を建設できる条件は自治体によって異なる
  • 事前に自治体の担当者に確認しておこう

保育園の建設方法

大きく分けると2つの建設方法に分かれます。

  • リースバック
  • 事業用定期借地

それぞれの内容について確認してみましょう。

土地に自分で保育園を建てたあとに賃貸として貸す方法

お持ちの土地にご自身で保育園を建てたあとに、建物を賃貸として貸すことをリースバックといいます。さきほど説明した補助金制度を使うと費用の4分の3は負担してもらえます。

土地をそのまま貸す方法

建物の建築には関わらずに、お持ちの土地を保育事業者に貸すことを事業用定期借地といいます。

初期費用がかからないことから様々なリスクも低いとと考えられます。

保育園でどの程度の収入が得られるのか?

以下のモデルケースからどのくらいの収入が見込めるかみてみましょう。

  • 保育園児:45人
  • 毎月の補助金:3万円
  • 月の保育費:5万円

補助金:3万円×45人分=135万円
保育料:5万円×45人分=225万円

補助金+保育料=360万円

最低でも補助金と保育料を合わせて360万円の収入の見込みがあります。ここに一時保育料や延長料金が加わることもあるでしょう。

また補助金の金額は園児の年齢や自治体によって変わってきます。またここから人件費や必要経費などが引かれることになると思いますので、こちらのケースは参考程度にお考えください。

保育園を建てて土地活用をしたい人が相談できる場所

いざ保育園を建てたいと思っても何からすればよいのか迷う方もいるでしょう。ここでは相談できる期間をご紹介したいと思います。

自治体

市区町村によりますが、自治体で保育園建設に関する募集をしているところが多く存在します。保育園を建てたい地域の自治体のホームページに募集が出ている場合がありますのでまずはそちらをご確認ください。

建設会社

大手建設会社では土地活用に関する様々な相談を聞いてもらうことができます。もしかしたら保育園を建てるよりも最適な土地活用法があるかもしれませんので心配な場合は一度無料相談をお願いしてみると良いでしょう。

土地を売却するという活用方法もあり

土地を活用した施設経営は、多かれ少なかれ、リスクをともなうものであるのは事実です。経営がうまくいかないと、赤字が続いてしまう可能性もあるでしょう。

施設経営に自信がなければ、土地を売却してまとまったお金に換えるという方法もあります。長期的な収入を得られるものではありませんが、一度に現金化されてあなたの手元に入ってくるので、より安全な方法といえます。

以下では、売却の流れについてご説明していきます。

あなたの土地を得意とする不動産会社に出会うことが土地売却の成功のカギ

土地を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの土地を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの土地が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の土地情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。土地情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

なお、まだ売却時期が決まっていなくても査定はしてもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

おすすめの一括査定サイトはこの5つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の5サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報をしっかり保護
  • 上場企業の運営で安心感あり
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

まとめ

保育園を建てることを検討しているのであれば、状況に応じた適切な場所に相談しに行きましょう。多くの待機児童がいる中であなたの行動が社会貢献に繋がることは大変素晴らしいことです。

ご自身のためにも、良い土地活用ができますように。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)