ソニー不動産(そにーふどうさん)とは、ソニーグループが運営する不動産会社です。不動産の売買仲介の他、賃貸管理、住宅リフォーム、リノベーションなど、不動産に関して総合的なサービスを提供しています。

不動産売却を仲介する不動産会社は全国にたくさん存在するため、「どこの不動産会社が良いのか」「どの不動産会社がどんな特徴を持っているのか」「自分に最適な不動産会社はどこなのか」など、不動産会社選びに迷われる方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はソニー不動産について、メリットとも言えるべき特徴やデメリット、評判などを記載しますので、不動産会社選びの参考にしていただけたらと思います。

※ソニー不動産は、2019年6月1日から「SREホールディングス」に社名変更します。
参考:「ソニー不動産」社名変更のお知らせ

ソニー不動産と他社の査定結果を比較できます

▸月間約1,100万人訪問のYahoo!不動産への掲載も含めた独自の強力広告網
ここでしか一括査定できない有名大手も
▸地域に詳しい地場フランチャイズも多数
買いたいリクエストで買手情報が豊富

・売却時期が決まっていなくても査定可能です
・査定結果はメールでも受け取れます

おうちダイレクト公式サイトへ

 

ソニー不動産の特徴

 

まずはソニー不動産の特徴を見ていきましょう。

売却エージェント制を採用している

ソニー不動産に売却を依頼した場合には、担当は売却のみを行う売却エージェント制を採用しています。

一般的に他の不動産会社では、1つの不動産に対して売りと買い、両方を担当します。しかしこれには売主にとっては売却の時期が遅くなる可能性がある、もしくは売却価格が低くなる可能性があるというデメリットが存在します。

不動産仲介会社の利益は仲介手数料で得ています。この時売却のみでなく購入でも仲介を行うことが出来れば利益が2倍になります。

例えば3,000万円の不動産の購入を依頼したとします。そして売りと買いの仲介手数料を仮に法令上限の【不動産価格×3%+6万円】だったとしましょう。

この時に売却のみの場合、不動産会社が得る利益は3,000万円×3%+6万円の96万円となります。しかし売却と購入両方の仲介を行うことで96万円×2の192万円を利益として得ることが出来ます。

このように売却と購入どちらも仲介を行うことで不動産会社は2倍の利益を得ることが出来ます。

この売却と購入両方の仲介を行うことを「両手仲介」もしくは「両手取引」と言いますが、この両手仲仲介を行うために、不動産会社によっては「囲い込み」と呼ばれる行為を行います。

囲い込みとは、売却の仲介を依頼している不動産会社に他の不動産会社から購入の問い合わせがあった際に「他のお客様と商談中です」「既に売買契約が成立しました」などといって、両手仲介を行うために自社で買主を見つけるまで売主に問い合わせがあったことを伝えない行為です。

囲い込みを行い自社で購入の仲介を行うために、売却の時期が遅れてしまったり、自社で見つけた買主が値下げを要求してきた場合には、売却のみの仲介手数料よりも、値段を下げてでも売却・購入両方の仲介を行い仲介手数料を2倍得た方が不動産会社としては利益が上がるため、安易な値下げに踏み切る可能性が高まります。

しかしソニー不動産では、担当が売却のみに専念するので、囲い込みを行うことはありません。そのため他の不動産会社に依頼するよりも、早くそして高く売却できる可能性が高まります。

高い顧客満足度を達成

評判・口コミを不動産会社を選ぶ際の判断基準にする方もいらっしゃると思います。ソニー不動産では顧客からの口コミをネットで公開しており、そこでの顧客満足度は90%以上(2017年10月現在)となっています。

また、ソニー不動産では実際に売却を行ったお客様からの感想をアンケートを行い、自社で公開しています。このアンケートは良い感想だけでなく、悪い感想に関しても公開されていますので、ソニー不動産に興味がある方は一度見ておくのが良いでしょう。

参考:不動産売却・購入を実際にご利用いただいたお客様の声|ソニー不動産

おうちダイレクトを運営している

おうちダイレクト」とはソニー不動産とヤフー株式会社が共同で行う不動産売買のためのプラットフォームです。

不動産売却を行う一般的な方法は不動産会社に仲介を依頼することですが、おうちダイレクトでは、自身の所有するマンションに限りウェブ上で自由に売り出すことができます。

価格に関しては自身で決定することが出来るほか、ソニー不動産が開発した不動産価格推定エンジンを利用して売却額を算定することが出来ます。

また、不動産売却時の事務手続きや契約引き渡しなど、専門的な知識が必要な部分については不動産のプロによるサポートを受けることが出来ます。

不動産売却で仲介を依頼した際には不動産会社の担当の人と電話などでやり取りを行う必要があり、それが煩雑に感じてしまう方、また不動産の売却を急いでいない方に関してはご自身のペースで売却を行うことが出来るため、利用する価値は高いと言えます。

参考:おうちダイレクト|ソニー不動産・ヤフー不動産:

ソニー不動産のエージェントに売却を任せる「お任せ売却」

お任せ売却とは、売却に関する作業をソニー不動産のエージェントに任せるサービスのことです。

一般的に売却価格決定や購入希望者との交渉は、不動産会社の担当者と相談などをしながら行いますが、お任せ売却では、プロのエージェントが査定・売却価格の決定、さらに図面の作成やPR、売却のための戦略まで立ててくれます。

不動産売却に関わる手間が面倒だという方にとっては最適なサービスと言えるでしょう。

参考:お任せ売却|ソニー不動産

よりくわしい机上査定・個別相談が無料で行える

売却を行う際に最初に行うことが不動産の査定です。査定を行う方法は「机上査定」と「訪問査定」の2種類があります。

机上査定では、必要最低限の情報を用いてインターネット上などで査定を行います。すぐに査定を行うことが出来ますが、物件自体の細かい状況などが反映されないため正確さに欠けるデメリットがあります。

ソニー不動産は、机上査定の際にも、実際にエージェントが足を運んで不動産の状況を見てから査定を行います。不動産の状態や室内環境などを確認するのでより正確な査定額を算定することが可能となります。

また、個別相談も行っています。個別相談では、ソニー不動産のエージェントが持つ豊富はノウハウを基に、売主の希望や物件の特徴を把握した上で、販売戦略についての相談を行うことが出来ます。

訪問しての机上査定も、個別相談もソニー不動産では無料で行っています。

ソニー不動産のデメリット

これまでソニー不動産の特徴に関してみてきましたが、ここではソニー不動産のデメリットを記載したいと思います。

1都3県のみでの営業

ソニー不動産のデメリットとして挙げられるのは、対応しているエリアが狭いということです。2017年11月現在、対応エリアは東京都・神奈川・千葉・埼玉の1都3県に限られています。

そのため対応地域以外の不動産を売却される場合には、他の不動産会社に依頼をするしかありません。

歴史が浅い

ソニー不動産は2014年4月14日に設立しました。その為他の不動産会社よりも歴史が浅いということが言えます。

不動産の事業は、地域との密着や繋がり、情報共有などが重要であるとされており、歴史が浅い場合はそのような点に弱みがあると言えるでしょう。

ソニー不動産の評判

では、ソニー不動産で売却を行った人の評判は具体的にどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、ソニー不動産が公開しているアンケートから、良いかった評判・不満な点があった評判をいくつか記載しておきます。

不動産の売却は初めての経験でしたが、御社の売却ポリシーに深く共感致しました。売却額に関しては、想定していた金額より大幅に上乗せした額となり、売り出し価格と同額で売却出来た事に感動しました。また、エージェントの○○様におきましてはわかりやすく丁寧な対応をいつもして頂き、本物件に対する思い入れもこちらに伝わってきました。さらに、買主様との価格交渉もありましたが、売り出し価格を維持する事が出来ましたので交渉力も高く評価致します。生命保険、がん保険、自動車保険、銀行などもソニーグループさんと利用させて頂いていますが、すべて満足度が高いです。今後も、業界の風習などにとらわれずイノベーションに期待致します。(2017年・神奈川県川崎市)

立地、築年数、物件の現況(内装)など厳しい条件であったと思いますが、最後まで真しに対応して頂き、希望していた売却時期(2016年度中)は少し越えてしまいましたが結果的に無事売却に至ることができ、感謝しております。「両手取引の禁止」という理念に共感して御社を選びましたが、また次の機会がありましたら一番に御社にご相談させて頂きたいと考えております。この度はお世話になり、有難うございました。(2017年・東京都板橋区)

売却物件による(立地・ニーズ)とは思いますが、地方の物件は地域に強い不動産会社の方がまだ有利な気がしました。将来的には、御社のビジネスモデルが主流になると思いますが、不動産の流通情報は店頭、チラシがまだ有利な状況かと感じました。その状況の中○○様には多々お世話になり無事売却に至る事が出来本当にありがとうございました。(2017年神奈川県大和市)

御社のご対応については全般的には満足しています。しかし、結果的に販売価格を大幅値下げせざる得なかったことが大変残念です。(2017年・神奈川県)

ソニー不動産ならではのサービスは感じられなかった。片手販売も良いですが、それをお客様に実感してもらえないようでは意味がないです。「流石ソニー不動産」と言われるためには何が必要か考えた方が良いです。今回はたまたま...ではダメなのです。お客様にとっては1度切りの事かもしれないので。まだ始まったばかりのビジネスなのでこれからに期待します。(2017年・神奈川県横浜市)

最初に売買が完了するのは半年はかかると言われていたが、実際長い期間だ。そのうち2ヶ月は全く音沙汰無しの状態が続く、売主は不安になる、何か不利益なことしてないか都税事務所に行って調べる。この期間業界の話しや日本情勢、ソニーの宣伝や、相続、税金の話し宣伝パンフを作って貰いたかった。絶えず気を引くメッセージを流して貰いたい。余りにも長い売買期間にアキレテしまったので一言です。(2017年・東京都)

引用:ソニー不動産|不動産売却・購入を実際にご利用いただいたお客様の声

ソニー不動産の仲介手数料

売却の仲介を不動産会社に依頼した際には仲介手数料が発生します。

仲介手数料は不動産の売却額ごとに法律により上限が決まっており、一般的には法律での上限を仲介手数料としている不動産会社が多いようです。以下に法律による仲介手数料の上限を記載しておきます。

売却額 法律での上限
200万円以下 売却額×5%+消費税
200万円を超え、400万円以下 売却額×4%+2万円+消費税
400万円を超える 売却額×3%+6万円+消費税

参考:宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額

ソニー不動産ではこの法令での規定を上限として、不動産売却時に発生した広告費などに応じで仲介手数料を決めています。またソニー不動産独自の仲介手数料割引もありますので、売却を考えている方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

問い合わせ先

0120-213-919 (10:00~18:30 火曜・水曜日定休日)

ソニー不動産で不動産売却を検討中なら「おうちダイレクト」での一括査定がおすすめ

ソニー不動産での不動産売却を考えているのであれば、「おうちダイレクト」という一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

おうちダイレクト」は、ソニー不動産を含む9つの不動産会社・団体に一括査定を依頼できる、唯一のサイトです。大手から中堅、地元密着まで幅広く査定依頼でき、「Yahoo!不動産」への掲載など強い広告力も魅力です。

ソニー不動産に査定依頼できるのはもちろんのこと、そのほかの不動産会社にも査定依頼することで、査定結果やその根拠、担当者の対応・レベルを比較できるので、より安全で確実な不動産会社選びが可能になります。

一括査定に関するよくある疑問

Q.まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる?
A.査定してもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

Q.住宅ローン完済前だが、売却できる?
A.売却できます。ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。そのため、まずは査定を受けて、住宅ローンの完済が可能になるかどうかを確かめましょう。

おうちダイレクトで一括査定できる不動産会社

  • ソニー不動産
  • 大京穴吹不動産
  • 大成有楽不動産販売
  • CNTURY21
  • ロイヤルハウジング
  • POLUSグループ
  • TOHO HOUSE
  • オークラヤ住宅
  • 大阪宅建協会

以下から、「おうちダイレクト」に査定依頼できるのでご覧になってください。

また、もっと不動産会社を比較したい方のために、「すまいValue」という一括査定サイトもご紹介します。「すまいValue」は国内最大手の6社に一括査定を依頼できる唯一のサイトで、抜群の売却力を誇ります。

おうちダイレクト」と「すまいValue」は査定できる不動産会社に被りがないので、2つの査定サイトを併用することで、より多くの不動産会社を比較できます。気になる方は、以下の公式サイトから査定申込みしてみましょう。


ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

まとめ

不動産を売却することは一生のうちに何度もあることではありません。そのため不動産会社を選ぶ際には慎重に行う必要があるでしょう。

ソニー不動産の強みはやはり何といってもエージェント制により、売主の利益を考えて仲介を行ってくれるところにあると思います。売却時には高い価格で売れることが重要かと思いますが、ソニー不動産であれば購入希望者との交渉で価格を下げることになる可能性は他の会社に比べて低いと言えるのではないでしょうか。

この記事が不動産会社選びの参考になれば幸いです。

ソニー不動産と他社の査定結果を比較できます

▸月間約1,100万人訪問のYahoo!不動産への掲載も含めた独自の強力広告網
ここでしか一括査定できない有名大手も
▸地域に詳しい地場フランチャイズも多数
買いたいリクエストで買手情報が豊富

・売却時期が決まっていなくても査定可能です
・査定結果はメールでも受け取れます

おうちダイレクト公式サイトへ