「土地活用でホテルを経営するってどういうことなの?」
「ホテルを建てたところで、どうやって収入を得るの?」

土地活用のためにホテルを運営・経営しようかなと考えている人、いらっしゃいますよね。しかし、身近にホテル経営をしている人はあまりいないでしょうから、体験談や情報を聞くこともなかなかできないと思います。

そこでこの記事では、以下のような『ホテル経営を検討する際に押さえておくべきこと』についてお伝えします。

  • ホテルに適している立地
  • 土地活用でホテルを経営するメリットとデメリット

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)

 

土地活用でホテルを経営する際におすすめの立地の特徴

この章では土地活用でホテルを経営するのに適している立地の特徴をお伝えします。

駅から近い

駅から近いホテルは出張などビジネス利用の人に好まれ、繁盛しやすいでしょう。仕事さえできればよいので、アクセスが最優先されることが多いためです。

高速道路のインターから近い

車を使う人は高速道路を利用してホテルの近くまで来ます。高速道路のインターからホテルまでの距離が近いと道に迷う心配もなく、利用者から選ばれやすくなるでしょう。

大通りに面している

狭い道路を通って、地図とにらめっこしながらでないとたどり着けないホテルにはなかなか行きたくないですよね?

大通りに面しているホテルの方が場所がわかりやすく、選ばれやすい傾向にあります。

コンビニが近い

コンビニが近くにあれば、ちょっとしたご飯を調達したり、ATMを利用したりできて便利です。

出張や仕事で不規則になりがちなビジネスマンは、ホテルの食事時間に間に合わないこともあるでしょう。そんなとき、ホテルの近くにコンビニがあると助かりますよね。突然の出費にも、ATMがあれば安心です。

土地活用でホテルを経営する方法

ホテルを経営する際の代表的な4つの方法について紹介します。

自身で運営

  • 建物を買う
  • 従業員を雇う
  • マーケティングをする

など、ホテルを経営する上で必要なことをすべて自分で行う方法です。副業として行うスケールの話ではなくなるため、自身で経営する際には覚悟と熱意、知識などさまざまなものが必要になるでしょう。

賃貸方式

ホテルを運営している業者に建物を貸して、定期的にお金をもらう方法です。専門的な知識がなくても定期的な収入を得られるため、最も現実的な方法のひとつでしょう。

委託運営

運営のみを業者に依頼し、売上の中から依頼料を業者に支払う方法です。自身で経営するのと同じくらい難しいため、経営経験のある方でないと難しいかもしれません。

フランチャイズ

他ホテルから名前を借りたり、運営のノウハウを使わせてもらったりする方法です。ホテルのブランドを使えるため集客が容易になり、システムを利用できるので効率的な運営ができます。

最初に登録料、また、月々の利益の中からロイヤリティなどを納めます。

土地活用でホテルを運営するメリットとデメリット

土地活用でホテルを運営するメリットとデメリットについてお伝えします。

メリット

長期的な収入が期待できるので生活が安定する

ホテルを貸し出すときは、基本的に10年単位の契約になります。それだけの長い期間、定期的に収入が入れば自身の生活の安定につながります。

依頼する業者や土地の大きさ、ホテルの質によって収入が変動しますが、とある業者に建物だけ貸し出して運営をすべて依頼した場合、総事業費の1%の収入を受け取ることができるようです。客室が100室あるホテルでは年間の総事業費が6億円程度になるため、年間で約600万円受け取れます。

デメリット

生存競争が激しい

国内にホテル施設は9,879施設、旅館施設は41,899施設もあり(参考:旅館・ホテル概要|厚生労働省)、激しい生存競争が予想されます。綿密なリサーチの末オープンしても、うまく差別化を図って集客できないとすぐに倒産してしまうかもしれません。

高額な初期費用がかかる可能性がある

建物を建てたり、従業員を集めたりするには、莫大な費用がかかります。初期費用を抑えたいがために質の悪い施設を建ててしまうと、うまく集客できずに経営が難しくなってしまうので、ある程度の出費は覚悟しておかねばなりません。

土地を売却するという活用方法もあり

土地を活用した施設経営は、多かれ少なかれ、リスクをともなうものであるのは事実です。経営がうまくいかないと、赤字が続いてしまう可能性もあるでしょう。

施設経営に自信がなければ、土地を売却してまとまったお金に換えるという方法もあります。長期的な収入を得られるものではありませんが、一度に現金化されてあなたの手元に入ってくるので、より安全な方法といえます。

以下では、売却の流れについてご説明していきます。

あなたの土地を得意とする不動産会社に出会うことが土地売却の成功のカギ

土地を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの土地を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの土地が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の土地情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。土地情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

なお、まだ売却時期が決まっていなくても査定はしてもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

おすすめの一括査定サイトはこの5つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の5サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報をしっかり保護
  • 上場企業の運営で安心感あり
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

まとめ

土地活用でホテルを経営した場合、うまくいけば長期的な安定収入を見込めるため、生活が安定します。ですが、ホテルを建てても委託先が見つからない、集客がうまくいかないなどのリスクも存在します。

それらを併せて考えてみて、土地を活用してホテルを経営するかどうかを検討してみてくださいね。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)