不動産売却

相場よりも家を高く売却するコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

住み替えや相続などで、家の売却を検討する際、少しでも高値で売却したいと考えるのは自然なことでしょう。この記事では、相場よりも家を高く売却するためのコツをご紹介したいと思います。


できるだけ高く家を売りたい・・・

・最高額を今すぐ知りたい
・多くの会社から比較したい
・悪徳不動産会社は何としても避けたい
・いろんなサポートを受けたい
そんな悩みがあるなら年間利用者400万人の一括査定サイト『イエイ』を利用しましょう。

不動産一括査定サイトの『イエイ』なら
1,000社以上の厳選した優良不動産会社の中から
最大6社まで選択し比較が可能。
最短60秒で最高額が分かります。

『イエイ』で一括査定して
無料で今すぐ最高価格を知る
※査定=必ず売却ではありません

高値で売却できる時期を知ろう

不動産の売却相場は一年中同じというわけではありません。時期によって高値で売却できるときとできないときがあります。かしこく不動産売却するためにも、高値で取引される時期を確認しておきましょう。

高値で売却できる時期とは?

不動産市場に活気のある時期は春と秋です。物件数、成約件数ともに春に向けて増加し、夏に向けて減少していきます。そして、秋に向けて増加し、年末に向けて減少していくというサイクルは毎年大きく変わりません。

また成約価格の月別推移も物件数、成約件数と同じ動きになっており、不動産市場が活性化する時期は高値で売却できる可能性が高まります。

少しでも高値で売却したいと考えるのであれば、不動産市場が活発化する3月~4月、9月~10月を狙って売出してみるとよいでしょう。

避けたほうがよい時期は?

逆に夏や冬は物件数も成約件数も落ち込む時期なので、急いで売却をしなければならない事情がない限り、避けた方がよいでしょう。

特にマンションの場合、同じマンションで売り出されている物件が多い場合も、値崩れが起きる可能性があるので、時期をずらしてみるのも一案です。

査定依頼は複数の会社に依頼しよう

不動産売却に際して、査定依頼を行うときには複数の会社に依頼するようにしましょう。

複数の会社に依頼するメリット

査定依頼をすると、不動産会社は査定価格を算出してくれるだけでなく、その算出根拠をまとめた査定書を作成してくれます。

不動産会社にも得意分野、苦手分野があるため、査定価格は必ずしも同じにはなりません。

なぜその査定価格で売れると考えたのか説明を聞いて、納得できる不動産会社を選ぶためにも複数の会社に依頼したほうがよいです。

査定通りにならないことも知っておく

なお査定価格は、成約時の価格を約束するものではありません。あくまでも、これくらいの価格で売れるだろうという予想で、相場を掴むためのものであると捉えておきましょう。

そのため、高い査定価格を出した不動産会社に依頼しても、その価格で成約するとは限りません

突出した高い査定価格を提示してきた不動産会社に飛びつくのではなく、その根拠に納得がいくまで説明を受けた上で、依頼するかどうかを判断しましょう。

急いてはことを仕損じる

住み替えなどで、新しい物件の決済資金に売却益を充てようと考えている場合、売却を急ぎたいケースもあるでしょう。

しかし、売却にかけられる期間が短いと、不動産市場が活発化する時期を待ったり、納得のいく価格で売却できるまで待ったりということができなくなります。

そのため、相場よりも低い価格での売却になることもあります。少なくとも半年程度の余裕をもった売却計画を立てることも、高値で売却するためには必要となるでしょう。

高値で売却するためには買い手の立場に立つことも大事

高値で売却するためには、買う側の立場に立ってみることも大切なことです。

物件を魅せよう

買主に物件へのマイナスイメージを抱かせないようにするために、物件を磨き上げましょう。

例えば、自動車を売る際、ホコリまみれの自動車よりも、きれいに洗車してある自動車の方がイメージはよくなります。不動産においても同じことが言えるのです。

もちろん、リフォームをしたり、ハウスクリーニング等を業者に依頼したりするなど、お金をかけるに越したことはありません。

しかし、お金をかけなくても、掃除をしたり、草取りをしたり、物件イメージの向上のためにできることはたくさんあります。自分が買う立場だったらどんなところをチェックするのか考えて、しっかりと物件を磨き上げてみてください。

安心感を与えよう

買主からすれば、本当に信頼のおける売主なのか見極めたいと思うでしょう。例えば、築年数が経っている物件でも修繕履歴をまとめた書類を作成して物件のプロフィールを丁寧に説明することで、信頼できる売主であると感じてもらうことができます。

その結果、古い物件というマイナスイメージをプラスに変えられる可能性もあります。有利な面だけでなく、利な点も真摯に説明する姿勢が大切です。

また、物件への案内経路にあまり狭い道ばかりを通るルートを使うと、物件を見る前から買主の物件イメージを下げてしまうことにもなりかねません。できる限り広い道を使った案内経路を考えておくことも、買主へ安心感を与えることにつながります。

買主に安心感を与え、信頼できる売主であるとアピールできるよう、先述したような配慮をしたり、アドバイスしてくれたりする会社であるかどうかも不動産会社を選ぶポイントとして考えておきたいものです。

まとめ

不動産を相場よりも高値で売却するためには、余裕をもった売却計画を立てて、売れやすい時期に売却を行うことが必要です。

そして、不動産会社にすべて丸投げしてしまうのではなく、物件イメージを少しでも良くして、買主に気に入ってもらうためにどうしたらよいのか、対策を自ら講じてみましょう。

どんな対策を講じたらよいのか、売り出されている物件を見学したり、不動産会社に相談したりするなど、動きながら考えてみてはいかがでしょうか。


できるだけ高く家を売りたい・・・

・最高額を今すぐ知りたい
・多くの会社から比較したい
・悪徳不動産会社は何としても避けたい
・いろんなサポートを受けたい
そんな悩みがあるなら年間利用者400万人の一括査定サイト『イエイ』を利用しましょう。

不動産一括査定サイトの『イエイ』なら
1,000社以上の厳選した優良不動産会社の中から
最大6社まで選択し比較が可能。
最短60秒で最高額が分かります。

『イエイ』で一括査定して
無料で今すぐ最高価格を知る
※査定=必ず売却ではありません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る