土地活用

太陽光発電の土地活用|メリット・デメリットと利益計算例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

土地活用における太陽光発電とは、所有する土地にソーラーパネルを設置し、発電した電気を電力会社に売って収入を得ることをいいます。

「安定した収入を得られる」

「毎月の面倒な作業がほとんどない」

といったイメージから、土地活用を行う際に太陽光発電を検討する方もいるでしょう。

一般的に土地活用は経営的な要素が強く、周辺地域の環境やニーズによっては赤字となってしまう可能性もありますが、太陽光発電は日射条件に変化がなければ毎年安定して発電できます。また、後述する『固定価格買取制度』により、買取価格が長期にわたって変動しないため、安定して収入を得られる・収支の予測を立てやすいというイメージを持つ方も少なくありません。

しかし、所有する土地の状況によっては、「思っていたよりも発電量が少なかった」「初期費用がかさみ、投資額を回収するまで時間がかかってしまった」などという事態になりかねません。

この記事では、土地活用として太陽光発電を検討している方に向けて、太陽光発電のメリット・デメリットや収益の計算例について記載します。


太陽光発電を検討中・・・

・太陽光発電について相談したい
・必要な資金の目安を知りたい
・長期的に利益がでるか不安
・太陽光に適した土地か教えてほしい
こんな悩みがあるのなら『タウンライフ』を利用しましょう。

『タウンライフ』では土地活用業者に一括相談や質問が可能です。
『収支計画書』などが無料で複数社からもらるので
あなたの目的・ニーズにあった空き家ビジネスが分かります。

無料であなたにぴったりの土地活用プランを調べる

固定価格買取制度とは

まずは、太陽光電の根幹を支えている固定価格買取制度について確認しましょう。

固定価格買取制度とは、太陽光発電によって発電された電気を電力会社が買い取る際、その価格や期間を国が定めたものです。

買取期間は20年間と定められていますが、買取価格は太陽光発電に参入した年によって変動します。これは経済産業省によって決定されており、現状は以下の通り2018年度までの買取価格が決定しています。

2015年 2016年 2017年 2018年
買取価格

(1kWh当たり)

27円+税 24円+税 21円+税 18円+税

※10kW以上2,000kW未満の場合

※スマホの方は左にスライドします

参考:経済産業省

仮に2018年に太陽光発電を始めれば、20年間1kWh当たり18円+税で買い取ってもらえることが保証されます。なお、年々買取価格が下落しているのは、設備費やメンテナンス費が技術革新により安くなっていることを考慮しています。

そして買取価格は10年程度で費用を回収できるように設計されているのです。

 

太陽光発電のメリット・デメリット

ここでは、太陽光発電のメリット・デメリットを確認しましょう。

太陽光発電のメリット

買取価格が安定している

前述した固定価格買取制度により、20年間一定の金額で電気を買い取ってもらうことが可能になります。

その他の土地活用であれば、競合の参入や需要の変化により収益が変化する可能性がありますが、太陽光発電の場合、買取価格が安定していますので、収益の予測が立てやすいでしょう。

 

資源にコストが発生しない

初期費用は必要になりますが、太陽光発電は太陽のエネルギーを利用して発電を行います。太陽光は無料で利用できるエネルギーですので、発電のための資源にコストがかかりません。

 

労力が少ない

他の土地活用であれば、管理などの手間が発生するケースがほとんどです。太陽光発電は一度設備を設置すれば何もせずとも電気を生産するため、手間がほとんどありません。

必要なものは、土や枯葉、鳥の糞や敷地の掃除程度といえます。

 

地価の影響を受けない

他の土地活用、特に賃貸マンション経営などは、収益が地価の影響を受ける危険性が高いです。

しかし、太陽光は都会の駅前でも田舎の土地でも同様に降り注ぎます。そのため、地価が低い土地であっても収益に影響が出ることはありません。

 

補助金制度がある

市区町村の各自治体では、太陽光発電を行う際に補助金が出るところもあります。

仮に補助金が出れば初期費用を抑えられますので、より早い期間で投資金額を回収できるでしょう。

 

太陽光発電のデメリット

日射条件が変化した場合収益が落ちる

太陽光発電の収益性は日射条件に依存しています。

太陽光発電を始めたころは周囲に何もなかったとしても、5年、10年と経過するうちに周囲に建物が建つなどして日射条件が悪化した場合、収益性が低くなってしまいます。

 

土地の流動性が低くなる

流動性とは、他の金融資産や土地活用法への転用のしやすさを意味します。初期費用を回収できるまで太陽光発電を続けなければ損が出てしまうため、十数年間は太陽光発電を続けなければなりません。

土地を相続し、相続税を払わなければならない・子供が結婚し一軒家を建てるために土地が必要になった、など、お金や土地が必要となった場合には、ご自身の望む対応ができないこともあるでしょう。

 

近隣の景観を壊す可能性がある

太陽光パネルによる光の反射や、太陽光パネル自体そのものにより、近隣の景観を壊してしまう可能性があります。また、それにより近隣住民からのクレームが発生することも考えられます。

 

太陽光発電に向いている土地

どのような土地活用法であれ、安定して収益をあげるには、その土地活用に適した土地を所有しているかどうかにかかっています。

ここでは、どういった土地が太陽光発電に適しているかについて紹介します。

 

日当たりがよい平地

太陽光発電の発電量は日当たりによって大きく変わります。そのため周辺にビルや森など日射を遮るものがない土地が適しています。

また、平地であることも重要です。土地の起伏が激しい場合には、太陽パネルの角度を調節するために造成をする必要があり、そのため初期費用もかかります。できるだけ投資額を抑えられる平地も太陽光発電に適しているといえるでしょう。

 

落葉量や降雪量が少ない

太陽光パネルに落葉や雪がたまってしまうと、発電量を下げる一因となってしまいます。落葉も雪も自然現象なので防ぎようがありません。

そのため、太陽光発電を始める前には、周囲に大量に落葉樹が無いか、また毎年の降雪量をチェックしておくことをおすすめします。

なお、目安として降雪が10㎝以上の場合、発電量が著しく下がるといわれています。

 

周辺に電信柱がある

電気を電力会社に買い取ってもらうには、送電しなければなりませんので電信柱が必要です。

一般的に電信柱は、電力会社が単位面積当たりの物件戸数の数から収益性や公益性を考慮して設置されます。

そのため、個人で電信柱が必要になる場合には電力会社に依頼することになりますが、その費用は自己負担です。そういった場合は初期費用が高くなる一因となってしまうでしょう。

 

地盤が安定している

地盤が安定していれば問題なく太陽光パネルを設置できます。

反対に地盤に問題がある場合には、地盤改良などを行わなければなりません。地盤改良のコストは非常に高いため、地盤が安定していない場合には、太陽光発電はおすすめできません。

地目別おすすめの土地

地盤の他に、地目(ちもく)(※)によっても太陽光発電に適しているか否かが変わります。

ここでは、太陽光発電に適した地目とその理由を一覧で記載しますので、参考にしてください。

地目 理由
宅地 ・電信柱が近くにある

・建築基準法の適用を受けない

農地 ・日射が十分にある

・土地が平らである

原野 ・周囲に太陽光を遮るものがない

・平らである

※スマホの方は左にスライドします

(※)地目とは
地目とは、登記所(法務局)の登記官が認定したその土地の使用用途のこと。

※スマホの方は左にスライドします

太陽光発電に必要となる情報の確認方法

太陽光発電を行う場合には、日射量地盤の固さなどを事前に確認しておいた方がよいでしょう。

ここでは、上記2つの項目を調べる方法を紹介します。

日射量を確認する方法

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)では、全国の日射量のデータを公開しており、サイト上で確認できます。

以下のリンクからアクセスし、ご自身の所有する土地の日射量を確認してください。発電は年間を通して行われますので、年間平均日射量を調べるようにしましょう。

 

日射量から年間発電量を求める

平均日射量を調べたら、それを基に年間の発電量を求めましょう。それにより、年間でどれだけ売り上げを得られるかが概算できます。

太陽光パネル1kW当たりの年間の発電量のおおよその計算式は以下の通りです。

【1kW当たりの年間発電量=年間日射量×0.75】

上記式の0.75は、損失係数と呼ばれるものです。損失係数は太陽光パネルのスペックや設置角度によって少しずつ変わりますが、平均的には0.75が一般的だといわれています。

 

地盤の固さを確認する方法

地盤の固さは、各市区町村の役所で確認できるケースがあります。まずは、役所に問い合わせるようにしてください。

また、以下のサイトでは簡易的に地盤の固さを確認することができます。ただし地盤は数メートル離れるだけで固さが変化することもあります。あくまで参考程度ととらえてください。

 

太陽光発電の利益計算例

ここでは、太陽光発電の利益計算例を紹介します。

ただし、太陽光発電の利益は初期費用や日射条件により大きく変わります。また、こちらの計算例では、点検費用、清掃費用などのランニングコストや、固定資産税、所得税といった税金は考慮していませんので、あくまで参考として見てください。

利益を計算するための各項目の前提は以下の通りです。

1kW当たりの初期費用

(ソーラーパネルその他の

必要設備を含む)

30万円
1kW当たりに必要な土地 15㎡
所有する土地の面積 300㎡
1kW当たりの年間発電量 1000kWh
1kWh当たりの買取価格 18円+税

※スマホの方は左にスライドします

上記の条件からは、所有する面積で20kWでの発電が可能となりますので、仮に太陽光発電を20年間行った場合の利益計算例は以下の通りです。

20年間の利益=年間発電量×買取価格×20年-初期費用返済

=1000kWh×20kW×18円×1.08(税金)×20年-30万円×20kW

=388,800円×20年-600万円

=7,776,000円-6,000,000円

=1,776,000円

※スマホの方は左にスライドします

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電は、固定買取価格制度により毎年安定して売り上げをあげることができますが、日射条件によっては売り上げが大きく下がってしまうことも考えられます。

そのため、事前に所有する土地はどの程度の日射量があるのか確認しておくようにしましょう。

また、土地活用には太陽光発電の他にさまざまな方法があります。以下の関連記事も併せて確認してください。

【関連記事】

アパート経営を始める前に注意すべき3つの事と失敗しないための全知識

駐車場の土地活用|駐車場を選ぶべき人と駐車場経営の利益計算

駐輪場経営の土地活用|経営に適した人とメリット・デメリットまとめ

土地活用でコンビニ経営を安全に行うための方法と注意点まとめ

土地活用にアパートを選ぶメリットとデメリット|収益を上げるための知識

土地活用のために保育園を経営するメリットと建設にまつわる知識まとめ


太陽光発電を検討中・・・

・太陽光発電について相談したい
・必要な資金の目安を知りたい
・長期的に利益がでるか不安
・太陽光に適した土地か教えてほしい
こんな悩みがあるのなら『タウンライフ』を利用しましょう。

『タウンライフ』では土地活用業者に一括相談や質問が可能です。
『収支計画書』などが無料で複数社からもらるので
あなたの目的・ニーズにあった空き家ビジネスが分かります。

無料であなたにぴったりの土地活用プランを調べる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る