土地活用における太陽光発電とは、所有する土地にソーラーパネルを設置し、発電した電気を電力会社に売って収入を得ることをいいます。

  • 「安定した収入を得られる」
  • 「毎月の面倒な作業がほとんどない」

といったイメージから、土地活用を行う際に太陽光発電を検討する方もいるでしょう。

一般的に土地活用は経営的な要素が強く、周辺地域の環境やニーズによっては赤字となってしまう可能性もありますが、太陽光発電は日射条件に変化がなければ毎年安定して発電できます。また、後述する『固定価格買取制度』により、買取価格が長期にわたって変動しないため、安定して収入を得られる・収支の予測を立てやすいというイメージを持つ方も少なくありません。

しかし、所有する土地の状況によっては、「思っていたよりも発電量が少なかった」「初期費用がかさみ、投資額を回収するまで時間がかかってしまった」などという事態になりかねません。

この記事では、土地活用として太陽光発電を検討している方に向けて、太陽光発電のメリット・デメリットや収益の計算例について記載します。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)

 

固定価格買取制度とは

まずは、太陽光電の根幹を支えている固定価格買取制度について確認しましょう。

固定価格買取制度とは、太陽光発電によって発電された電気を電力会社が買い取る際、その価格や期間を国が定めたものです。

買取期間は20年間と定められていますが、買取価格は太陽光発電に参入した年によって変動します。これは経済産業省によって決定されており、現状は以下の通り2018年度までの買取価格が決定しています。

2015年 2016年 2017年 2018年
買取価格

(1kWh当たり)

27円+税 24円+税 21円+税 18円+税

※10kW以上2,000kW未満の場合

※スマホの方は左にスライドします

参考:経済産業省

仮に2018年に太陽光発電を始めれば、20年間1kWh当たり18円+税で買い取ってもらえることが保証されます。なお、年々買取価格が下落しているのは、設備費やメンテナンス費が技術革新により安くなっていることを考慮しています。

そして買取価格は10年程度で費用を回収できるように設計されているのです。

太陽光発電のメリット・デメリット

ここでは、太陽光発電のメリット・デメリットを確認しましょう。

太陽光発電のメリット

買取価格が安定している

前述した固定価格買取制度により、20年間一定の金額で電気を買い取ってもらうことが可能になります。

その他の土地活用であれば、競合の参入や需要の変化により収益が変化する可能性がありますが、太陽光発電の場合、買取価格が安定していますので、収益の予測が立てやすいでしょう。

資源にコストが発生しない

初期費用は必要になりますが、太陽光発電は太陽のエネルギーを利用して発電を行います。太陽光は無料で利用できるエネルギーですので、発電のための資源にコストがかかりません。

労力が少ない

他の土地活用であれば、管理などの手間が発生するケースがほとんどです。太陽光発電は一度設備を設置すれば何もせずとも電気を生産するため、手間がほとんどありません。

必要なものは、土や枯葉、鳥の糞や敷地の掃除程度といえます。

地価の影響を受けない

他の土地活用、特に賃貸マンション経営などは、収益が地価の影響を受ける危険性が高いです。

しかし、太陽光は都会の駅前でも田舎の土地でも同様に降り注ぎます。そのため、地価が低い土地であっても収益に影響が出ることはありません。

補助金制度がある

市区町村の各自治体では、太陽光発電を行う際に補助金が出るところもあります。

仮に補助金が出れば初期費用を抑えられますので、より早い期間で投資金額を回収できるでしょう。

太陽光発電のデメリット

日射条件が変化した場合収益が落ちる

太陽光発電の収益性は日射条件に依存しています。

太陽光発電を始めたころは周囲に何もなかったとしても、5年、10年と経過するうちに周囲に建物が建つなどして日射条件が悪化した場合、収益性が低くなってしまいます。

土地の流動性が低くなる

流動性とは、他の金融資産や土地活用法への転用のしやすさを意味します。初期費用を回収できるまで太陽光発電を続けなければ損が出てしまうため、十数年間は太陽光発電を続けなければなりません。

土地を相続し、相続税を払わなければならない・子供が結婚し一軒家を建てるために土地が必要になった、など、お金や土地が必要となった場合には、ご自身の望む対応ができないこともあるでしょう。

近隣の景観を壊す可能性がある

太陽光パネルによる光の反射や、太陽光パネル自体そのものにより、近隣の景観を壊してしまう可能性があります。また、それにより近隣住民からのクレームが発生することも考えられます。

太陽光発電に向いている土地

どのような土地活用法であれ、安定して収益をあげるには、その土地活用に適した土地を所有しているかどうかにかかっています。

ここでは、どういった土地が太陽光発電に適しているかについて紹介します。

日当たりがよい平地

太陽光発電の発電量は日当たりによって大きく変わります。そのため周辺にビルや森など日射を遮るものがない土地が適しています。

また、平地であることも重要です。土地の起伏が激しい場合には、太陽パネルの角度を調節するために造成をする必要があり、そのため初期費用もかかります。できるだけ投資額を抑えられる平地も太陽光発電に適しているといえるでしょう。

落葉量や降雪量が少ない

太陽光パネルに落葉や雪がたまってしまうと、発電量を下げる一因となってしまいます。落葉も雪も自然現象なので防ぎようがありません。

そのため、太陽光発電を始める前には、周囲に大量に落葉樹が無いか、また毎年の降雪量をチェックしておくことをおすすめします。

なお、目安として降雪が10㎝以上の場合、発電量が著しく下がるといわれています。

周辺に電信柱がある

電気を電力会社に買い取ってもらうには、送電しなければなりませんので電信柱が必要です。

一般的に電信柱は、電力会社が単位面積当たりの物件戸数の数から収益性や公益性を考慮して設置されます。

そのため、個人で電信柱が必要になる場合には電力会社に依頼することになりますが、その費用は自己負担です。そういった場合は初期費用が高くなる一因となってしまうでしょう。

地盤が安定している

地盤が安定していれば問題なく太陽光パネルを設置できます。

反対に地盤に問題がある場合には、地盤改良などを行わなければなりません。地盤改良のコストは非常に高いため、地盤が安定していない場合には、太陽光発電はおすすめできません。

地目別おすすめの土地

地盤の他に、地目(ちもく)(※)によっても太陽光発電に適しているか否かが変わります。

ここでは、太陽光発電に適した地目とその理由を一覧で記載しますので、参考にしてください。

地目 理由
宅地 ・電信柱が近くにある

・建築基準法の適用を受けない

農地 ・日射が十分にある

・土地が平らである

原野 ・周囲に太陽光を遮るものがない

・平らである

※スマホの方は左にスライドします

(※)地目とは
地目とは、登記所(法務局)の登記官が認定したその土地の使用用途のこと。

※スマホの方は左にスライドします

太陽光発電に必要となる情報の確認方法

太陽光発電を行う場合には、日射量と地盤の固さなどを事前に確認しておいた方がよいでしょう。

ここでは、上記2つの項目を調べる方法を紹介します。

日射量を確認する方法

NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)では、全国の日射量のデータを公開しており、サイト上で確認できます。

以下のリンクからアクセスし、ご自身の所有する土地の日射量を確認してください。発電は年間を通して行われますので、年間平均日射量を調べるようにしましょう。

日射量から年間発電量を求める

平均日射量を調べたら、それを基に年間の発電量を求めましょう。それにより、年間でどれだけ売り上げを得られるかが概算できます。

太陽光パネル1kW当たりの年間の発電量のおおよその計算式は以下の通りです。

【1kW当たりの年間発電量=年間日射量×0.75】

上記式の0.75は、損失係数と呼ばれるものです。損失係数は太陽光パネルのスペックや設置角度によって少しずつ変わりますが、平均的には0.75が一般的だといわれています。

地盤の固さを確認する方法

地盤の固さは、各市区町村の役所で確認できるケースがあります。まずは、役所に問い合わせるようにしてください。

また、以下のサイトでは簡易的に地盤の固さを確認することができます。ただし地盤は数メートル離れるだけで固さが変化することもあります。あくまで参考程度ととらえてください。

太陽光発電の利益計算例

ここでは、太陽光発電の利益計算例を紹介します。

ただし、太陽光発電の利益は初期費用や日射条件により大きく変わります。また、こちらの計算例では、点検費用、清掃費用などのランニングコストや、固定資産税、所得税といった税金は考慮していませんので、あくまで参考として見てください。

利益を計算するための各項目の前提は以下の通りです。

1kW当たりの初期費用

(ソーラーパネルその他の

必要設備を含む)

30万円
1kW当たりに必要な土地 15㎡
所有する土地の面積 300㎡
1kW当たりの年間発電量 1000kWh
1kWh当たりの買取価格 18円+税

※スマホの方は左にスライドします

上記の条件からは、所有する面積で20kWでの発電が可能となりますので、仮に太陽光発電を20年間行った場合の利益計算例は以下の通りです。

20年間の利益=年間発電量×買取価格×20年-初期費用返済

 

=1000kWh×20kW×18円×1.08(税金)×20年-30万円×20kW

=388,800円×20年-600万円

=7,776,000円-6,000,000円

1,776,000円

※スマホの方は左にスライドします

土地を売却するという活用方法もあり

土地を活用した施設経営は、多かれ少なかれ、リスクをともなうものであるのは事実です。経営がうまくいかないと、赤字が続いてしまう可能性もあるでしょう。

施設経営に自信がなければ、土地を売却してまとまったお金に換えるという方法もあります。長期的な収入を得られるものではありませんが、一度に現金化されてあなたの手元に入ってくるので、より安全な方法といえます。

以下では、売却の流れについてご説明していきます。

あなたの土地を得意とする不動産会社に出会うことが土地売却の成功のカギ

土地を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの土地を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの土地が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の土地情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。土地情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

なお、まだ売却時期が決まっていなくても査定はしてもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

おすすめの一括査定サイトはこの5つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の5サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報をしっかり保護
  • 上場企業の運営で安心感あり
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

まとめ

いかがでしたでしょうか。

太陽光発電は、固定買取価格制度により毎年安定して売り上げをあげることができますが、日射条件によっては売り上げが大きく下がってしまうことも考えられます。

そのため、事前に所有する土地はどの程度の日射量があるのか確認しておくようにしましょう。

また、土地活用には太陽光発電の他にさまざまな方法があります。以下の関連記事も併せて確認してください。

【関連記事】
▶アパート経営を始める前に注意すべき3つの事と失敗しないための全知識
駐車場の土地活用|駐車場を選ぶべき人と駐車場経営の利益計算
▶駐輪場経営の土地活用|経営に適した人とメリット・デメリットまとめ
コンビニの土地活用で失敗しないためには土地の向き・不向きの確認が重要
▶土地活用にアパートを選ぶメリットとデメリット|収益を上げるための知識
▶土地活用のために保育園を経営するメリットと建設にまつわる知識まとめ

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)