土地活用とは、自分で利用する予定のない土地に住宅や商業施設などを建て、これらを経営して収益化を目指すことを言います。土地を売却して収入を得ることも、土地活用の一環といえるでしょう。

土地は所有しているだけで固定資産税などがかかってくるため、早めに何かしらの活用方法を見出したいものです。そこで、この記事では人気がある8つの土地活用方法とそれぞれのメリット・デメリットをご紹介します。

土地活用は、用意できる初期投資の金額や土地・立地の特徴によって、ある程度選択肢が絞られてきます。活用方法を決める際に注目すべきポイントについてもお伝えしていきますので、ぜひ参考にしてください。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)

 

土地活用方法を決める際の注目ポイント5つ

土地活用方法を決める際のポイント5つ

土地活用方法を決める際は、次の5つのポイントを判断軸に選んでいきましょう。

どこまでコストをかけられるか

土地を活用するためには初期投資やランニングコストが必要です。何もない土地にアパートを立てるのであれば数千万円程度かかってしまいますが、駐車場経営の場合は300万円程度の初期投資で済みます。初期投資にいくら費やせるかがわかれば、自然と選択肢が絞られます。

収益性はどのくらいか

集客が上手く行った前提であれば、初期投資にお金がかかっているアパートの方が駐車場よりも収益性が大きくなります。リスクを取った分だけリターンを得られる点は他の投資方法と変わりありません。

転用性の有無

土地活用を始めても、当初期待していたほど収益が上がらず、赤字になる場合があります。売却するのも良いですが、立地が良い場合などはもったいないと感じるときもあるかもしれません。収益性が出なかったときの懸念が大きいのであれば、転用性が高い土地活用方法を選ぶといいでしょう。

アパートを駐車場にするためには、空室になるのを待った上で建物を取り壊さなければなりませんが、駐車場をアパートにするのであれば労力も費用も前者ほどかかりません。

周辺環境の特徴

  • 都会か田舎か
  • 繁華街か住宅地か

など、周辺環境によっても土地活用方法を絞り込めます。例えば太陽光発電は、光がパネルに反射して周辺住民からクレームが来たり、建物に遮られると発電効率が落ちたりするリスクがあります。そのため都会よりも田舎の方が適しています。逆に田舎は地価や家賃が安いため、アパートを建てても収益性が期待できないかもしれません。

土地の特徴

土地の面積や高低差などによっても選べる選択肢が絞られてきます。狭ければ駐車場にすることになりますが、駐車できるほどの道路に面していなかったり、あまりに高低差があったりする場合は駐車場にできません。

人気の土地活用方法8つとそれぞれのメリット・デメリット

土地活用方法8つとそれぞれのメリット・デメリット

では、具体的な土地活用方法を確認していきましょう。

アパート・マンション経営|立地と集客次第で高い収益性が期待できる

最もオーソドックスな土地活用方法です。住宅地のニーズがある地域で、なおかつ初期費用の問題をクリアできるのであれば、真っ先に検討したい選択肢です。入居者さえ集まれば、長期間に渡って安定した家賃収入を得られますし、税制で優遇されてもいます。

メリット

  • 収益性が高い
  • 入居者さえ集まれば、毎月安定して家賃収入が入る
  • 土地の固定資産税が1/6になる
  • 土地の都市計画税が1/3になる

デメリット

  • 初期投資が高額
  • 入居者が集まらなければ収益が上がらない
  • 修繕費や管理費等ランニングコストがかかる
  • 他の土地活用への転用性が低い
  • 部屋数を担保できる土地の広さがなければ、家賃が低い土地には不向き

【関連記事】
土地活用にアパートを選ぶメリットとデメリット|収益を上げるための知識
マンションを貸すメリット・デメリット|貸賃と売却はどっちがお得か

高齢者向け住宅経営|高齢者住宅はニーズが高く高い収益性を期待できる

バリアフリー・安否確認など高齢者が安心して暮らせる環境が整った高齢者向け住宅を経営する選択肢もあります。アパート・マンション経営であれば、駅からのアクセスが重要になりますが、高齢者向け住宅であれば立地面でのデメリットを少なくできます。高齢者社会においてはニーズが高い土地活用手段ですから、空室のリスクが低くなるのが魅力です。

メリット

  • 高齢者社会のため需要が高い
  • アパート・マンション経営ほど立地を気にしないで良い
  • 国から補助金を貰える場合がある

デメリット

  • 広い土地でなければ向かない
  • 入居者が高齢者のため、怪我や病気、認知症等介護面での苦労が出てくる
  • 修繕費・管理費等ランニングコストがかかる

【関連記事】土地活用で介護施設を経営するメリット・デメリット|土地活用の条件

駐車場|初期費用が低く転用性が高い

初期費用を低く抑えたいのであれば、駐車場として活用するのがおすすめです。利用時間に応じて料金が発生するコインパーキングと、利用契約をして月額で料金を請求する月極駐車場があります。ただ、初期費用が低い代わりに収益性も低い点は注意が必要です。

メリット

  • 初期費用の額が少なくて済む
  • 機材を幾つか撤去するだけで更地に戻せる(転用性が高い)
  • 事前通告をすれば利用者に立ち退いてもらえる(転用性が高い)
  • アパート・マンションにするには狭い土地でも活用できる

デメリット

  • 収益性が低い
  • 固定資産税や都市計画税の評価額が更地と変わらず、アパート・マンション経営のような優遇を受けられない

【関連記事】駐車場の土地活用|駐車場を選ぶべき人と駐車場経営の利益計算

太陽光発電|人が少ない土地を有効に活用できる

日照量さえあれば収益性が安定しやすい特徴があります。発電した電気は電力会社に販売することになるのですが、太陽光パネルを設置してから20年間は買取価格が保証されています。ただ、人が多い地域ではむしろデメリットが大きくなるので、他の土地活用も検討しておくと良いでしょう。

メリット

  • 田舎の土地や人が少ない土地など、他の土地活用方法には向いていない土地を活用できる
  • 売電価格が開始時から20年間補償されているため、安定した収益を期待できる
  • ランニングコストがあまりかからない

デメリット

  • 電力需要によっては電力会社に買取制限をされる場合がある
  • 日照量がないほど収益性が低くなる
  • 太陽光がパネルに反射するため、周辺住民から苦情が来る恐れがある

【関連記事】太陽光発電の土地活用をするメリット・デメリット|向いているのはこんな人

トランクルーム経営|少ない初期費用ではじめられてなおかつ駅から離れていても大丈夫

初期費用が少なく、立地が多少悪くてもデメリットを受けにくい土地活用方法です。駐車場ほどではないものの転用性が高く、万が一収益が上がらない場合も他の活用方法に変更しやすいのも魅力です。メジャーな土地活用方法ではないため、始めるには勇気がいるかも知れません。ただ、それだけライバルも少ないという点は覚えておきたいところです。

メリット

  • 駅から離れた土地を活用できる
  • 初期費用が少ない
  • 転用性が高い
  • 契約者が集まれば解約されにくい

デメリット

  • 固定資産税・都市計画税の評価額が更地と同じ

【関連記事】土地活用でトランクルーム経営するときの利回りや経営の始め方

戸建賃貸住宅経営|人気が高く空室になりにくい

ローンを組んで住宅を購入するほどではないけれど一戸建てに住みたいファミリー層は多くいます。人気があるため、地域によっては空室が出にくくなるのが魅力でしょう。

メリット

  • ニーズがあるため家賃を高めに設定できる
  • 空室になりにくい
  • 固定資産税が1/6になる
  • 都市計画税が1/3になる
  • アパートやマンション経営をするほど広い土地を必要としない
  • アパートやマンションほど駅からの距離を気にしないで良い

デメリット

  • 部屋数がないため空室が続くと収益性が著しく下がる

【関連記事】空き家ビジネスを始めたい方のための基礎知識と成功事例

商業施設経営|業績が安定すれば収入も安定する

立地が良いのであれば、コンビニなどの商業施設経営を検討しても良いでしょう。初期費用やランニングコストはテナントが負担してくれることもあり出費を抑えられますが、業績が上がらず撤退したときなどは大規模な改修が必要になります。

メリット

  • 立地が良ければテナントの業績があがるため、収入が安定しやすい
  • 初期費用をテナントが負担してくれる場合もある

デメリット

  • 転用性が低い
  • テナントが撤退した後は大規模な改修が必要になることもある

【関連記事】コンビニの土地活用で失敗しないためには土地の向き・不向きの確認が重要

売却|初期費用が用意できない場合や収益性が期待できない場合に向いている

一通り他の土地活用手段を検討してみて、収益性を期待できない場合や初期費用が用意できない場合などは売却をすることもできます。土地を現金化できるだけでなく、固定資産税も発生しなくなるため、赤字にならずに済みます。

メリット

  • 土地を現金化できるため、他の用途に投資できるようになる
  • 固定資産税が発生しなくなる

デメリット

  • 土地の所有権がなくなる
  • 収益性が期待できる土地は売るともったいない

土地を売却する場合の流れ

土地の売却を検討するなら、どういった流れで、どのような点に注意して進めていけばよいのでしょうか。詳しく解説していきます。

あなたの土地を得意とする不動産会社に出会うことが土地売却の成功のカギ

土地を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの土地を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの土地が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の土地情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。土地情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

なお、まだ売却時期が決まっていなくても査定はしてもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

おすすめの一括査定サイトはこの6つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の6サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

HOME4U

公式サイトへ
【長所】
・業界で最も運営歴が長く信頼感アリ
・NTTグループの運営で情報保護も含めて安心

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,300社 全国 約700万人
/2001年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
・SRE不動産
 (旧ソニー不動産)
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
・京急不動産
ほか
全国
※一部未対応
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,000社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,600社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,600社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏などの大都市部 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

HOME4U
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「HOME4U」と「おうちダイレクト」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。


すまいValue

おすすめ度
           

国内の不動産流通4割を占める超大手6社が直営する一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. ネームバリューのある不動産会社に仲介依頼したい
  2. 売却対象の物件が人口の多い都市にある
  3. スピーディーかつ確実に売却を実現したい

査定依頼数は累計18万件以上、2018年度の仲介成約件数は11万件以上。
6社合わせて約870の店舗で全国の査定・仲介依頼に幅広く対応。
宅地建物取引士の保有率は96%を越え、安心・安全な取引を実現。

利用者数 年間成約件数11万件以上 運営開始年 2016年
提携不動産会社 6社 ※最大手のみ
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

HOME4U

おすすめ度
           

業界で最も長い運営歴があるNTTグループの一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
HOME4U
こんな人におすすめ
  1. 大手にも地元密着にもバランスよく査定依頼したい
  2. 厳しい審査に通った不動産会社のなかから選びたい
  3. 情報セキュリティに安心感があるサイトを使いたい

運営開始が2001年と業界最年長の一括査定サイト。
厳選した不動産会社のみと提携し、悪徳業者は徹底排除。
NTTグループの運営で個人情報保護などの面でも安心感あり。

利用者数 700万人以上 運営開始年 2001年
提携不動産会社 約1,300社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング

おうちダイレクト

おすすめ度
           

Yahoo!とソニーグループが共同運営する一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. 3大都市圏で不動産売却を検討中
  2. Yahoo!不動産で幅広く宣伝してみたい
  3. 大手から中堅・地場まで幅広く査定してほしい

月間訪問者数約1,100万人のYahoo!不動産に物件情報を掲載可能。
Yahoo!JAPAN自体の月間ページビューは約155億にも上り、
多くの買い手に情報が届く強力な広告力を誇ります。

利用者数 データなし 運営開始年 2015年
提携不動産会社 SRE不動産(旧ソニー不動産)、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会、京急不動産 ほか
最大同時査定依頼 9社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社

イエイ

おすすめ度
           

約1,000社との提携で中堅・地元企業まで充実!各種サポートも豊富で安心

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
イエイ
こんな人におすすめ
  1. たくさんの不動産会社の査定を受けたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. サポート体制が充実している査定サイトを使いたい

提携会社数は約1,000社と大型サイトながらも、
「イエローカード制度」で悪徳業者は徹底排除。
「面談相談」「お断り代行」などユーザー目線のサービスも充実。

利用者数 400万人以上 運営開始年 2007年
提携不動産会社 約1,000社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

イエウール

おすすめ度
           

提携社数約1,600社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. 地元密着の不動産会社を見つけたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. メールやLINEの感覚で簡単に査定依頼したい

大手から地元企業まで豊富に見つかる、国内最大級の約1,600社提携。
比較的人口が少ないエリアでも査定対応する会社が見つかりやすい。
チャット形式の査定申し込み画面なので依頼も簡単。

利用者数 1,000万人以上 運営開始年 2014年
提携不動産会社 約1,600社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

リビンマッチ

おすすめ度
           

対応エリア外でも査定する不動産会社を探してくれるのがうれしい

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
リビンマッチ
こんな人におすすめ
  1. 地元密着の不動産会社を見つけたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. 運営会社も安心できるところがいい

大手から地元密着型まで約1,400の良質企業と提携。
対応外の地域でもスタッフが不動産会社を探してくれるサービスあり。
上場企業の運営で、プライバシーマーク取得など情報保護にも安心感。

利用者数 約440万人 運営開始年 2014年
提携不動産会社 約1,400社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

土地活用の方法で迷った際の相談先

土地活用の方法で迷った際の相談先

もし土地活用方法を決めきれなかったり、特定の土地活用について詳しく知ったりしりたい場合は、不動産会社が主催するセミナーや個別相談会に参加すると良いでしょう。『土地活用の相談先と6つの悩み別から相談先を探す方法』では、土地活用方法別の相談先についてまとめています。

あなたの土地の収益を最大化するプランの提案を行ってくれるサービスもあるので、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

赤字を避け収益性を確保するためには、周辺環境や土地の性質にあった土地活用方法を選ぶ必要があります。土地活用方法を検討したら、その方法に詳しい不動産会社のセミナーや個別相談会に参加し、より詳しい情報を手に入れましょう。

あなたの土地を有効活用する収益化プランが比較できます

イエカレの土地活用

・活用予定がない土地の税金や管理が重荷になっている
・相続で急に土地を取得することになったが使い道がない
・土地を売ろうと思っていたがあまりお金になりそうにない
・土地を手放せない/手放したくない理由がある
・土地を上手に活用して収入を得たい

このような思いをお持ちなら、「イエカレ」で土地活用プランを一括請求してみましょう。
複数の企業のプランをまとめて比較することで、あなたに合った土地の収益化方法が見つかります。
不明な点やお悩みがある場合は、専門スタッフによる無料の電話相談も利用できます。

⇒「イエカレ」でプラン請求してみる(無料)