札幌でマンション売却を考えているけれど、価値に見合った額で売却できるのか不安に感じている方は多いのではないでしょうか。

仲介する不動産業者の質で、高く売れるかどうかが決まります。可能であれば、価値以上に高い価格で売却したいところでしょう。

この記事を読むことで、マンション売却の相場がわかり、今が売り時かどうか検討できるようになります。さらに、マンションの価値以上の額で売却の仲介をしてくれる不動産業者の選び方なども解説しているので、より多くの利益を得られるようになるでしょう。

やみくもに不動産業者を探すのではなく、過去の実績や販売戦略などを確認しつつ、絞り込むことが大切です。また、良質な不動産業者を効率よく探す方法も紹介しているので、参考にしてみてください。

ここでは、札幌のマンション売却の相場と、高く売るためのコツを詳しく紹介します。

札幌以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
仙台 東京 横浜
名古屋 京都 大阪
神戸 広島 福岡

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

札幌のマンション相場

札幌では、約70~80㎡のマンションが約1,500~1,700万円で取引されています。今が売り時かどうかを知るためには、直近2年間のマンション相場を参考にすることが大切です。マンション相場は、世の中の動向や周辺施設、開発計画の有無などの影響で大きく変動します。

そのため、何年も前のマンション相場を確認しても、今が売り時かどうか判断できません。直近2年間のマンション相場の推移を確認することで、今後どのように相場が変化するのか予測できます。

また、間取り別の取引件数も確認しておきましょう。所持しているマンションの間取りによって、売れやすさが異なります。売れやすいタイミングで不動産業者に仲介を依頼することで、マンションの価値が下がる前に売却できる可能性が高まります。

それでは、直近2年間のマンション相場と間取り別販売件数の推移、地域ごとに詳しく相場を調べる方法を見ていきましょう。

直近2年間のマンション相場

表:直近2年間の市況推移

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 687件 615件 650件 502件 643件 652件 654件 583件
平均成約価格(円) 1586.20万円 1712.82万円 1631.88万円 1748.85万円 1722.25万円 1761.23万円 1713.72万円 1714.27万円
平均㎡単価(円/㎡) 19.79円 21.27万円 20.58万円 21.99万円 21.82万円 21.84万円 21.50万円 21.76万円
平均専有面積(㎡) 77.24㎡ 77.84㎡ 76.62㎡ 77.15㎡ 75.56㎡ 77.11㎡ 77.08㎡ 76.42㎡

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

2017年5~6月にかけて、平均成約価格に100万円以上もの変動が見られます。合計成約数は減少傾向にもかかわらず、平均成約価格が上がったり下がったりしているため、売れやすい時期に売ることが必ずしも高値で売ることにつながらないと考えられるでしょう。

2017年12月~2019年2月にかけて、1,700万円台を維持しており、今が安定して高値で売りやすい時期と推測できます。ただし、合計成約件数は減少傾向にあるため、購入者が見つかりやすい状況とはいえないかもしれません。

直近2年の間取り別販売件数の推移

表:直近2年間の市況推移

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 687件 615件 650件 502件 643件 652件 654件 583件
2部屋以下件数(件) 185件 158件 162件 141件 179件 169件 172件 167件
3部屋以下件数(件) 502件 457件 488件 361件 464件 483件 482件 416件

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

札幌市は、2部屋以下の成約件数が3部屋以上の成約件数の1/3~1/2の割合となっています。これは、単身者向けよりもファミリー向けのマンションのほうが売れていることを示します。

ただし、元々単身者向けよりもファミリー向けマンションのほうが多く建設されていることで、このような割合になっているだけの可能性が高いため、単身者向けの物件が売れにくいとは限りません。

また、3部屋以上の販売成約件数は、2018年12月~2019年2月に大きく減少していますが、そもそも合計成約件数が減少しているため、ファミリー向けマンションが売れにくくなったわけではないと考えられます。

あなたの地域の相場を調べる

札幌市といっても非常に広く、エリアによってマンション売却の相場が異なります。そのため、所有しているマンションがある地域の相場を詳しく確認することが大切です。1つの地域のマンション相場が著しく高い、あるいは低いために、札幌市全体の相場を大きく変動させている可能性もあります。

地域のマンション相場を調べるのに便利なのが『レインズマーケットインフォメーション』です。不動産流通機構が運営する不動産取引情報提供サイトで、実際に売買された物件の情報を調べられます。

市区町村まで細かく指定でき、築年数や成約時期、間取りなどの詳細検索もできます。所有するマンションに似た条件で検索することで、売却額を予測できるでしょう。また、検索条件ごとに、直近2年間の平均成約価格や間取り別販売件数も表示できるため、今が売り時かどうか判断しやすいことも特徴です。

地域ごとに相場を調べられるサイト『レインズマーケットインフォメーション

札幌のマンション売却は築20年以上がほとんど

札幌_築年数別成約件数

参考:レインズマーケットインフォメーション

札幌市のマンション売買で成約されているのは、築20年以上の物件がほとんどです。築5年以内、5~10年以内のマンションは全体の10~15%程度しか占めていません。

築10~15年以内の物件は築20年以上のマンションに次いで売れている傾向がありますが、大差がついています。築年数が経つにつれて売れにくくなるケースもありますが、札幌市においてはそれほど気にすることではないようです。

ただし、築50年以上にもなるとリフォームが必要になることもあるため、築20年以上であれば何でも売れやすいわけではありません。その地域で、どのようなマンションが売れているか確認し、ベストなタイミングで売却できるよう行動しましょう。

信頼できる不動産業者を選び高く売却するためのポイント

不動産業者を選ぶときは、信頼できるかどうかを確認する必要があります。わざとマンションの価値よりも低く査定し、早く売って仲介手数料を得ようと考える業者もいます。売却する側が損をすることになるため、マンションの価値から売却額を正しく算出し、できるだけ高く売るよう努める業者を選ぶことが大切です。

また、不動産業者の質が高くても、営業マンの質に差がある場合は注意が必要です。営業マンの質を見極めるために質問したり、査定の根拠を尋ねたりしましょう。それでは、信頼できる不動産業者を選ぶ方法を詳しく紹介します。

担当営業マンに4つの質問をする

担当営業マンの質を見極めるために、次の4つの質問をしましょう。

『宅地建物取引士』の資格を持っているか

宅地建物取引士は、契約時の重要事項説明を行うために必要な資格です。不動産業者の事業所ごとに一定人数を配置しなければなりません。

不利益を被ることがないように、不動産の取引における重要事項説明の役割を担うため、不動産業における専門知識を有しています。また、試験の合格率は10%台とされており、不動産業に対する正しい知識の習得に対し、高い意識を持たなければ合格は難しいといえるでしょう。

そのため、宅地建物取引士の有資格者は、営業マンとして信頼できると考えられます。

最近の販売実績

最近、どのような物件をいくらで販売したか確認しましょう。販売実績が豊富であれば、それだけ営業力が高く、スムーズな取引が期待できます。また、成約価格からは、マンションの価値よりも高く売却できる能力を持つかどうかを確認できるでしょう。

ただし、マンションの詳細もあわせて確認しなければ、価値よりも高く売却できたかどうか判断できません。できるだけ詳細な情報の提示を求めましょう。

過去に高値で売却した実例

過去に高値で売却した実例がある場合は、マンションの詳細を含め確認しましょう。ただし、不動産バブルでたまたま売れただけの実例の可能性もあるため注意が必要です。実例は、多ければ多いほどに参考になります。

高く売却したときの販売戦略や販売方法

高く売却したときに、どのような戦略で販売したのか、具体的な販売方法とあわせて確認しましょう。購入希望者が自然に現れて、特に営業することなく成約できた事例だと、営業マンの能力の証明になりません。

査定の根拠を聞く

マンション売却の仲介を依頼する際には、まず査定を受ける必要があります。査定によって算出された金額が高くても安くても、その根拠を尋ねましょう。根拠を話せない場合、マンションの価値を正確に反映していない可能性があります。

また、価格査定マニュアルに準じているかも確認しましょう。価格査定マニュアルは、「公益財団  不動産流通推進センター」が作成したものを使う業者もいれば、自社で独自に作成したものを使う業者もいます。

そもそも価格査定マニュアルを使用していない場合、同じ不動産業者であっても担当営業マンによって査定額が異なるため注意が必要です。

マンション売却が得意な不動産業者を選ぶ

不動産業者には、不動産取引業と不動産賃貸業、不動産管理業があります。複数の業務を行っている場合、マンション売却が得意かどうか確認しましょう。不動産業者のウェブサイトには、過去の実例や販売戦力、力を入れている業務などの情報が記載されています。マンション売却が得意な不動産業者を選ぶことは、必須といえるでしょう。

マンション売却で高い収益を上げるために工夫しているため、本来の価値よりも高く売却できる可能性が高いです。

地元に根差した業者を選ぶ

マンションの購入者の約8割は周辺住民のため、その地域に根差した不動産業者を選ぶことが大切です。ほかの地区で勢力を伸ばしている不動産業者に依頼すると、肝心のマンションの所在地周辺へのポスティングなどが困難になります。

また、マンションの購入希望者は地元の不動産業者に相談することが多いため、マッチングの可能性が下がるでしょう。そのため、地元民から信頼が厚い良質な不動産業者に仲介を依頼することが重要です。

一括査定サイトで札幌のマンション売却が得意な業者を探す

良い不動産会社に出会うことが不動産売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って良い不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分にとって良い不動産会社が見つけやすくなるのです。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

札幌でマンションを高く売却するのであれば、地元に根差した不動産業者に仲介を依頼しましょう。地域住民とのコネクションを活かし、良質な購入者とマッチングしてくれます。

また、営業マンによって質が異なる場合もあるため、宅地建物取引士の有資格者か、過去に高額な売却に成功しているかなどの確認も怠らないようにしたいですね。

「レインズマーケットインフォメーション」でマンション売却の相場を調べ、不動産業者一括査定サイト「イエイ」でスピーディに良質な業者を見つけてみてください。

札幌以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
仙台 東京 横浜
名古屋 京都 大阪
神戸 広島 福岡

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します