福岡に所有しているマンションはどれぐらいの価格で売却できるのか、少しでも高く売却できないかと考えている方は多いのではないでしょうか。

マンションは、「ベストなタイミング」「信頼できる業者」「能力が高い営業マン」の3つの条件が揃うことで、価値以上の値段で売却することも可能になります。つまり、高額で売却するためには、ベストなタイミングはいつか、信頼できる不動産業者や能力が高い営業マンをどのように見極めるのかを知る必要があります。

どれか1つでも欠けると、マンションの価値よりも安く売却することになる恐れがあります。この記事を読むことで、福岡でマンションを高く売却するための具体的な方法がわかります。

少しでも多くの利益を得られるように、マンション売却の重要なポイントを押さえましょう。

ここでは、福岡のマンション売却相場や間取り別販売件数、信頼できる業者の選び方から、一括査定に役立つ便利なサイトまで詳しく紹介します。

福岡以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
札幌 仙台 東京
横浜 名古屋 京都
大阪 神戸 広島

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

福岡のマンション相場

福岡のマンション売却相場は、地区によって異なります。人気なのは、繁華街やビジネス街へ徒歩でアクセスできる博多や赤坂、人気の教育機関がある西新、利便性が高い大野城などです。

福岡のマンション売却相場を紹介しますが、地域ごとに相場が異なるため、そのままの数値が所有のマンション売却に当てはめられるわけではありません。

特定の地域の平均成約価格や合計成約件数が全体の数値を引き上げる場合もあります。逆に、人気がない地域が数値を引き下げている場合もあるため、あくまでも参考程度に確認してください。

直近2年間のマンション相場

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 939件 804件 875件 843件 898件 849件 891件 828件
平均成約価格(円) 1634.41万円 1723.42万円 1710.45万円 1717.11万円 1739.15万円 1755.42万円 1940.30万円 1870.54万円
平均㎡単価(円/㎡) 24.28万円 25.04万円 24.85万円 25.11万円 25.61万円 25.78万円 26.85万円 26.86万円
平均専有面積(㎡) 65.36㎡ 66.24㎡ 65.08㎡ 65.60㎡ 65.49㎡ 65.75㎡ 68.89㎡ 67.42㎡

※スライドします
参考:レインズマーケットインフォメーション

平均成約価格は上昇傾向にあるため、下がらないうちに売却するのがいいでしょう。2017年3月と2018年9月では、約300万円もの差があります。

このように、1年6ヶ月程度の差で売却額が大きく変わるため、タイミングを逃さないことが大切です。合計成約件数は増えたり減ったりしていますが、平均成約価格には影響を及ぼしていません。

これは、中古マンションが不人気になってきたわけではないことを表しています。

直近2年の間取り別販売件数の推移

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 939件 804件 875件 843件 898件 849件 891件 828件
2部屋以下件数(件) 307 276 308 298 307 305 272 276件
3部屋以下件数(件) 632 528 567件 545 591件 544件 619 552

※スライドします
参考:レインズマーケットインフォメーション

2部屋以下の単身者向けの部屋よりも、3部屋以上のファミリー向けの部屋が売れています。

単身者向けよりもファミリー向けのほうが約2倍近く売れており、ニーズの高さがうかがえます。有名な教育機関があるファミリーに人気の地域もあることが関係しているのでしょう。

あなたの地域の相場を調べる

福岡のなかでさらに地域を絞って相場を調べることで、マンション売却のタイミングを決めやすくなります。

地域のマンション売却相場を調べるのに役立つのが『レインズマーケットインフォメーション』です。

不動産流通機構によって運営されている不動産取引情報提供サイトで、全国で実際に行われた売買のデータを検索できます。物件の詳細情報も確認できるため、自分のマンションに当てはめて、どれぐらいの価格になるのか想定することも可能です。

平均専有面積や平均㎡単価でも絞り込めるため、売れやすい物件の傾向も把握できるでしょう。

地域の相場を把握しておくことで、査定を受けたときに、その金額が妥当かどうか見極めやすくなります。マンション売却に向けて行動する際には、まず相場を確認しましょう。

実際の売買記録を調べられるサイト『レインズマーケットインフォメーション

福岡のマンション売却は築20年以上がほとんど

参考:レインズマーケットインフォメーション

福岡で売れているマンションは、築20年以上がほとんどです

これは、中古マンションを求める人がお買い得感を求めているためと考えられます。築5年以内や10年以内の物件は極端に売れていません。新築よりは安く入手できるものの、お得感が少ないためでしょう。

築20年以上の物件のなかでも、築50年を超えたりするとリフォームが必要となり、割高になりやすい傾向があります。そのため、築年数がどれだけ経過していても売れやすいわけではありません。

高く売れるタイミングで早めに売ったほうが、リスクは低いでしょう。

信頼できる不動産業者を選び高く売却するためのポイント

福岡では人気の地域にマンションを所有しているのであれば、売却額はある程度高額になることが期待できるでしょう。

さらに高額で売却するためには、信頼できる不動産業者に仲介を依頼することが重要です。不動産業者によって知識が異なり、営業力や宣伝力などにも差があります。そのため、不動産業者によって、売却額に数百万円もの差がつくことは珍しくありません。

ここで注意したいのは、信頼できる不動産業者に仲介を任せるにしても、担当営業マンが信頼できるかは別ということです。信頼できる不動産業者の探し方と、担当営業マンの選び方を確認しておきましょう。

担当営業マンに4つの質問をする

担当営業マンの質を見極めるために、4つの質問をすることをおすすめします。

生の声を聞くことで、担当営業マンの熱意や思い入れなどもわかり、判断しやすくなります。質問の内容は次の通りです。

『宅地建物取引士』の資格を持っているか

宅地建物取引士は、『宅建士』とも呼ばれる資格で、不動産業を行ううえで必要な知識を持っている証明となります。

契約時の重要事項説明は、宅地建物取引士でなければ行えず、消費者の利益を守るための適正な対応が求められています。

営業マンが宅地建物取引士の資格を持っていれば、不動産についての専門的な知識をベースに業務を行っていると考えられるので、仲介を任せても安心ですし、マンションをより高く売るための戦略も立てられるかもしれません。

最近の販売実績

最近、どのような物件を販売したか実績を確認しましょう。

具体的に、福岡のどの地域の物件を売却したのかを確認することで、営業範囲がわかります。売りたいマンションから離れたところの実績に偏っている場合は、ほかの不動産業者に相談したほうがいいでしょう。

また、販売実績を尋ねると、販売数ばかり強調されることがありますが、これは安く査定して数をこなす戦略を取っている可能性があるため注意が必要です。重要なのは、実績の中身であることを覚えておきましょう。

過去に高値で売却した実例

過去に、マンションの価値よりも高く売却した実例を尋ねましょう。マンションの価値よりも高く売却した証明として、マンションの価値がわかる資料も提示してもらうことが大切です。

常に高値で売却できるわけではないため、実例が少ないことは当然ですが、高値で売却した実例が極端に少ない場合は、高く売るノウハウを持っていない可能性があります。

高く売却したときの販売戦略や販売方法

実際に高く売却したときの戦略を詳しく確認しましょう。

マンションによって戦略を変えるだけの臨機応変さを持つ営業マンであれば、自分が所有しているマンションも高値で売却してくれると期待できます。また、購入希望者に対して嘘をつく形で販売するような業者は避けましょう。

契約後にトラブルが起こり、それに巻き込まれる可能性があります。

査定の根拠を聞く

マンション売却の前に受ける査定の結果次第では、ほかの不動産業者を探したほうがいいでしょう。また、査定額が思っていたよりも高くても低くても、その根拠の提示を求めることが大切です。

マンションの査定では、業者独自のマニュアルや不動産流通機構が作成した価格査定マニュアルを使用します。

マンションの価値を正確に見極める気持ちを持たない業者は、経験による勘を頼りに査定することがあります。マンションの価値よりも高く査定される可能性もありますが、その多くは良い結果とならないでしょう。

そのため、査定の根拠を尋ねるとともに、マニュアルを使用しているかどうか確認することが重要です。

マンション売却が得意な不動産業社を選ぶ

マンション売却が得意な不動産業者を選ぶことで、マンションの価値を正確に見極め、適正な範囲内でできるだけ高く売れるような査定額をつけてくれるでしょう。

マンションは、単に部屋の間取りや設備だけではなく、オートロックや宅配ボックスなど、さまざまな共用設備によって査定額が変動します。マンション売却が得意ではない業者は、このような小さな付加価値を正しく評価できず、査定額を低く出すことがあるのです。

また、契約時の重要事項説明など、マンション売却時のルールを守った業務ができるかどうかも重要です。マンション売却を得意とする業者は、このようなルールを守ったうえで、マンションを高く売却できます。

地元に根差した業者を選ぶ

不動産業者は大企業から中小企業までさまざまです。つい、規模が大きい不動産業者を選びがちですが、マンションを高く売るためのポイントは、地域に根差した不動産業者を選ぶことです。

規模が小さくても地域密着型の業者、あるいは大手であっても地域に支店があり、地域の事情に詳しい業者を選ぶことをおすすめします。

地域に根差した不動産業者を選ぶ理由は、マンションの購入者の約8割が地元民のためです。地元民からの信頼が厚く、地元への宣伝を容易に行える不動産業者を選びましょう。

遠くの不動産業者に仲介を依頼した場合、地元民に対して売ることが難しくなります。

売れるまでに時間がかかり、その間にマンションの価値が落ちたり、世の動向が変わることでマンションが売れにくくなったりする可能性もあります。

事務所に出向くのにも時間がかかるため、生活や仕事に支障をきたすことも考えられるでしょう。

売却するマンションとは関係ない地域の不動産業者を選ぶメリットは特にないため、地元の良質な不動産業者を選ぶことが大切です。

一括査定サイトで福岡のマンション売却が得意な業者を探す

良い不動産会社に出会うことが不動産売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って良い不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分にとって良い不動産会社が見つけやすくなるのです。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

福岡は九州一の大都市というだけあって、マンション需要は常に多く、しかも街が比較的コンパクトで天神や博多などの都心部へのアクセスが容易なため、どの地域もマンションを売りやすくなっています。

しかし、仲介を依頼する不動産業者や営業マンの質が低いと、納得いく額での売却は実現しません。過去の実績や販売戦略などの情報を総合的に見て、信頼できる不動産業者と営業マンを選ぶことが大切です。効率的な業者選びのために、一括査定サイト『イエイ』を利用してみてください。

マンション売却は、タイミングを逃すと査定額が低くなることもあるため、高く売れやすい今の時期に売却することをおすすめします。

福岡以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
札幌 仙台 東京
横浜 名古屋 京都
大阪 神戸 広島

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します