横浜でマンション売却を検討している方は、できるだけ高く売りたいと考えているのではないでしょうか。

マンションの売却価格は、開発状況やイベントの開催状況などさまざまな要因で変動します。そのため、ここぞというときに売らなければ、大きな利益を得ることはできないのです。

また、高く売るためには、質の高い営業マンに対応してもらい、査定の根拠の提示を求めなければなりません。安く買い叩かれる恐れもあるため、高く売るためのポイントを把握しておきたいところです。

この記事を読むことで、今が売るべきタイミングかを知ることができるとともに、高く売るために取るべき行動がわかります。

「マンションを売却するのであれば高価格で売りたい」「損をしたくない」と考えている方はぜひ参考にしてください。ここでは、横浜のマンション売却価格の相場や、高く売るためのポイントを詳しく紹介しています。

横浜以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
札幌 仙台 東京
名古屋 京都 大阪
神戸 広島 福岡

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

横浜のマンション相場

横浜でマンションを高く売りたいのであれば、平均成約価格から相場を確認することが大切です。

相場を大きく上回る金額での売却は難しいため、マンション売却のタイミングを決める材料となります。直近2年間のマンション相場や間取り別販売件数の推移を詳しく見ていきましょう。

直近2年間のマンション相場

マンション相場は急に大変動はしないため、直近2年間のマンション相場が今の相場の参考となります。横浜の東部と西部に分けて、詳しく紹介します。

横浜東部(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・磯子区・金沢区・港北区・港南区)

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 665件 643件 654件 650件 62.52件 646件 659件 649件
平均成約価格(円) 2848.58万円 2960.81万円 2924.90万円 2910.73万円 2931.59万円 3166.26万円 2918.21万円 2987.20万円
平均㎡単価(円/㎡) 44.33万円 46.03万円 45.19万円 45.71万円 45.85万円 48.04万円 45.43万円 46.37万円
平均専有面積(㎡) 62.78㎡ 62.75㎡ 62.59㎡ 62.52㎡ 62.70㎡ 63.43㎡ 64.11㎡ 63.23㎡

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

平均成約価格は、2017年2月から2019年1月にかけて、上がったり下がったりを繰り返していますが、全体的に見ると上昇傾向にあります。

平均成約件数が最も多い2018年3月~5月にかけては、平均成約価格も高い水準となっているため、売れ時は売却額も上がりやすいと考えられるでしょう。

横浜西部(保土ヶ谷区・戸塚区・旭区・緑区・瀬戸区・栄区・泉区・青葉区・都築区)

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 507件 416件 458件 436件 456件 414件 474件 412件
平均成約価格(円) 2846.17万円 2930.85万円 3094.11万円 2940.74万円 2972.27万円 3059.77万円 2895.28万円 2978.67万円
平均㎡単価(円/㎡) 38.31万円 40.20万円 41.02万円 39.78万円 40.27万円 41.65万円 38.92万円 39.49万円
平均専有面積(㎡) 71.58㎡ 70.36㎡ 73.53㎡ 72.14㎡ 72.23㎡ 70.71㎡ 71.91㎡ 73.11㎡

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

横浜東部と同じような平均成約価格の推移となっています。また、合計成約件数は2017年3月~5月が最も多くなっていますが、平均成約価格は全体で見ると低めです。

その後、合計成約件数が減少しますが、2018年3月~5月に増えたときには平均成約価格も高めとなっています。横浜東部と合わせて見ると、2018年3月~5月にマンションの人気が高まったことがうかがえます。

直近2年の間取り別販売件数の推移

直近2年の間取り別販売件数からは、間取りごとの売れやすさがわかります。

横浜東部と西部に分けて詳しく紹介します。

横浜東部(鶴見区・神奈川区・西区・中区・南区・磯子区・金沢区・港北区・港南区)

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 665件 643件 654件 650件 686件 646件 659件 649件
2部屋以下件数(件) 309 294 297件 299 318 306 317件 306件
3部屋以下件数(件) 356件 349件 357件 351件 368件 340件 342件 343件

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

全体的に、2部屋以下よりも3部屋以上のほうが成約件数の割合が多くなっています。このことから、単身よりもファミリー層による成約が多いことがうかがえます。しかしながら、その差はあまり大きくないため、横浜東部は単身者にもファミリー層にも人気な地域と考えられます。東京の都心部へも横浜の都心部へもアクセスがよい地区が多いことから、幅広い層のニーズがあるといえそうですね。

横浜西部(保土ヶ谷区・戸塚区・旭区・緑区・瀬戸区・栄区・泉区・青葉区・都築区)

項目 2017年3月~5月 2017年6月~8月 2017年9月~11月 2017年12月~2018年2月 2018年3月~5月 2018年6月~8月 2018年9月~11月 2018年12月~2019年2月
合計成約数(件) 507件 416件 458件 436件 456件 414件 474件 412件
2部屋以下件数(件) 146件 119件 129件 120件 136件 133 117件 120件
3部屋以下件数(件) 361件 297件 329件 316件 320件 281件 357件 292件

※スライドします

参考:レインズマーケットインフォメーション

横浜東部と比べて、2部屋以下と3部屋以上の成約件数に大きな差があります。

横浜東部よりもベッドタウンなど住宅地を多く抱えているため、単身者などよりもファミリー層の需要が高い地域といえます。

単身者が住みやすい地域のマンションであれば、2部屋以下でもスムーズに売却できる可能性があるでしょう。

あなたの地域の相場を調べる

上記で紹介した相場は、市区単位までのものです。各市区のなかでも、マンション相場は異なります。より詳しく見たいときに活用したいのが、国土交通大臣指定の不動産流通機構が運営している『レインズマーケットインフォメーション』です。

市区町村ごとに詳細に条件を絞ってマンション相場を調べられため、ピンポイントの情報が取得でき、売却の参考になります。また、実際に売買された物件の価格などを調べられるため、マンション売却の検討に役立ちます。

成約時期を3ヶ月以内、6ヶ月以内、1年以内で指定できるなど、マンションを売却したい時期に合わせて調べられることが特徴です。

レインズマーケットインフォメーション

横浜のマンションは今が売り時

横浜のマンションは、今のタイミングで売ることをおすすめします。

今なら、マンションを高値で売却できるでしょう。チャンスを逃さないためにも、できるだけ早く行動することが大切です。横浜のマンションの売り時が今である理由を詳しく見ていきましょう。

マンション価格が高騰しているから

マンションは、駅や商業施設の近くなどに建てられることが多く、通勤や通学の観点から住みやすい場所に立地する傾向があります。一戸建ては、駅から離れた閑静な住宅地に作られることが多いため、住環境はいいですが、利便性にはやや欠けることもあります。

また、タワーマンションに代表されるように、コンシェルジュサービスや豪華なエントランスなどが備えられている高級マンションもあり、富裕層にも高い人気を誇るため、マンションが高騰しているともいわれているのです。

オリンピック特需

2020年に開催される東京オリンピックの需要により、横浜のマンションが高騰しています。

横浜から東京オリンピックのメインスタジアムである新国立競技場までは約1時間でアクセスできるほか、その他の会場にも行きやすく、横浜で開催される競技もあるため、生で観戦したい人にとっては魅力的です。

また、オリンピック開催のためにさまざまな施設の建設が進んでいることも、価格を押し上げている一つの要因です。

これは、オリンピックの開催時期まで続くことが予想されますが、オリンピック終了後は相場が下がる可能性があるため、売却するなら早めのほうが得、ということです。

住宅ローン金利が過去最低水準

マイナス金利政策の影響で、住宅ローンの固定金利と変動金利ともに低くなっています。

2019年3月の時点で、変動金利の基準が過去最低となっているため、物件の購入を検討する人が増えています。

年収に対して高めのマンションにも手を伸ばすことを考えやすいため、売る側にとっても、今は売り時といえるでしょう。

2014年までに購入された投資用マンションは長期譲渡所得の条件を満たしているから

安く購入して高く売る投資用マンションは、譲渡所得税が安くなるときに売ることが大切です。譲渡所得税は、マンションの売買によって得た利益にかかる税金です。

例えば、2,000万円で購入したマンションを3,000万円で売却した場合、利益の1,000万円分に譲渡所得税がかかります。

所有期間が5年以下で売却した場合、短期譲渡所得となり、5年以上経つと長期譲渡所得が適用されます。長期譲渡所得税のほうが安いため、2014年までに購入したマンションは、税金だけを見るといつ売ってもいい状況といえるでしょう。

ローン金利がいつ上がるかわからない

ローン金利は、いつ上がるか予測できません。

翌月には変動金利、固定金利ともに上がり、マンション購入者が減る、という状況になる可能性もあり得るのです。過去最低水準の金利を知ってしまうと、再び同じ程度の金利に下がるまでマンションを購入しないと決める人もいます。

そのため、ローン金利が低いうちにマンションを売却することが大切です。

もし、金利が上がってマンションが売りにくくなると、築年数が経過して価値が下がり、利益が少なくなる可能性があります。

信頼できる不動産業者を選び高く売却するためのポイント

マンションをできるだけ高く売却するためには、信頼できる不動産業者に仲介を依頼する必要があります。

マンションの価値や世の中のニーズに合った価格をつける担当営業マンを見つけましょう。

営業マンに質問したり査定の根拠を尋ねたりして、質を見極めることが重要です。信頼できる不動産業者を選ぶ方法を詳しく紹介します。

担当営業マンに4つの質問をする

担当営業マンに、次の4つの質問をしましょう。

『宅地建物取引士』の資格を持っているか

宅地建物取引士は、いわゆる『宅建士』と呼ばれる国家資格のことで、契約時の重要事項説明をするために必要です。

不動産取引の専門家ともいえるため、この資格を有していれば、信頼の置ける仕事ぶりが期待できます。宅建士の資格試験は難関ですが、逆に言えばその資格を持っているということは、それだけ不動産の知識も備えていると考えられます。

最近の販売実績

どれだけ優れた肩書を持っていても、販売実績が少ないと不安が残ります。不動産バブル時代の実績を提示されても参考にならないため、最近の販売実績の提示を求めましょう。

世の中の動向に左右されず、安定した販売実績を誇る営業マンを選びたいところです。

過去に高値で売却した実例

マンションの相場以上の価格をつけられるかどうかは、営業マンの手腕にかかっています。過去に高値で不動産を売却した実例の提示を求めましょう。

当時の相場とあわせて提示を求めることで、マンションの相場よりも高く売れたかどうかがわかります。

例えば、広くて築年数が浅いマンションは高く売れて当然ともいえるため、売却額だけでは営業マンの能力がわかりません。なかには、能力が高いと思わせるために、売却額しか提示しない営業マンもいるので注意しましょう。

高く売却したときの販売戦略や販売方法

マンションを高く売却したときの具体的な販売戦略や販売方法を尋ねましょう。

もし、実例が嘘の場合、販売戦略や販売方法までは提示できません。また、販売戦略や販売方法を確認することで、今回のマンション売却のケースに合っているかどうかを検討することができます。

査定の根拠を聞く

マンションの売却時には、販売価格を決めるための査定を受けます。査定してもらった際には、その価格をつけた根拠を尋ねましょう。根拠を知ることで、その価格が適正なものなのか、検討する材料になります。

不動産業者としては、自分の会社に仲介を依頼してもらいたいため、「高い価格で販売します」とアピールしたいのが心情です。

つまり、査定額を高く出す傾向にある、ということは頭に入れておく必要があります。

売主としても高価格で売却できるに越したことはありませんが、相場からかけ離れた金額だと、なかなか買手が見つかりません。そのため、査定の根拠が納得できるものかどうかを確認する必要があるのです。

マンション売却が得意な不動産業社を選ぶ

不動産業といっても、売買仲介のほかにも賃貸仲介や不動産管理などさまざまな種類があり、さらに売買仲介が中心の業者でも、戸建ての実績が豊富だったり、土地取引に定評があったりと、それぞれに得意分野が異なります。

そのなかで、マンション売却が得意な不動産業者を選べば、マンションの売主にとって良い結果となりやすいでしょう。

マンション売却が得意ということは、それだけ豊富な実績があるということです。それぞれのマンションに合わせた販売戦略や販売方法を実践してきているため、幅広いタイプのマンション売却に対応してくれます。

時代のニーズから少し外れたマンションでも、買手が見つかる販売プランを提示してくれるでしょう。

地元に根差した業者を選ぶ

マンションの購入者の約8割が近隣住民です。そのため、地元に根差した不動産業者を選ぶことをおすすめします。地域とのコネクションを持っており、地元民からも信頼が厚い業者であれば、スムーズにマンションを売却できます。また、チラシのポスト投函などで地元民に宣伝できるため、早い段階で購入者が見つかる可能性もあるでしょう。

地元から離れた不動産業者の場合、地元民へのポスト投函ができず、購入希望者が現れるのが遅くなることが懸念されます。

大手の不動産会社に頼む場合であっても、地元の近くに支店を設けているところを候補にするのがおすすめです。

一括査定サイトで横浜のマンション売却が得意な業者を探す

良い不動産会社に出会うことが不動産売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って良い不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分にとって良い不動産会社が見つけやすくなるのです。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

横浜でマンション売却を検討する場合は、東京オリンピックの開催を控えた今がおすすめです。また、仲介を依頼する不動産業者によってマンションの売却額が変わるため、営業マンの質を見極めましょう。過去の実績や販売戦略、販売方法などの提示を求め、総合的に判断することが大切です。

良質な不動産業者とのマッチングには、一括査定サイト『イエイ』を利用することをおすすめします。マンション売却の成功のためには、タイミングを逃さないスピーディな行動が重要です。望み通りの価格で売れるよう、準備を進めましょう。

横浜以外の各都市の情報は以下をクリックしてご覧ください
札幌 仙台 東京
名古屋 京都 大阪
神戸 広島 福岡

一括査定で、あなたの
マンションが最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します