不動産売却

三菱UFJ不動産販売の仲介の評判|不動産の売却を任せるメリット

三菱不動産販売,評判

自分のマンションや戸建て住宅を売却しようとするとき、「家を売るだけ」では終わらないことがほとんどです。売却した後に新たな住宅を購入したり、そのほかの資産を処分したり、相続が絡んできたりと、「お金と財産と不動産の問題」は複合的に発生します。

それらをすべて一括して任せられる会社の一つに、三菱UFJ不動産販売があります。

同社が所属する三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFGグループ)には、国内3大メガバンクの一つである三菱UFJ銀行を筆頭に、三菱UFJ信託銀行、三菱UFJモルガン・スタンレー証券などの「マネーのプロ集団」が結集しています。

不動産売却とともに「お金に関する悩み」も解決したいなら、MUFGグループの三菱UFJ不動産販売に任せれば、十分な対応力を発揮してくれることが期待できます。

この記事では、三菱UFJ不動産販売の評判とともに、同社の実力を探りました。

大手から地元まで
あなたの不動産に強い
不動産会社
に一括査定を
依頼できます。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

三菱UFJ不動産販売の売却仲介の評判

三菱UFJ不動産販売のイメージを尋ねられたら、「財閥系らしいパリっとした営業マン」を思い浮かべるのではないでしょうか。

そのイメージはそれほど外れてはいないようで、実際に同社に不動産の売却仲介を依頼した人たちも同じ印象を持ったようです。

ただ、対応が丁寧なだけでは不動産オーナー(売主)は不安でしょう。三菱UFJ不動産販売の担当者に自分の不動産を託せば、適正価格で売ってもらえるのでしょうか。

三菱UFJ不動産販売の評判を紹介します。

タワマンを購入価格の6割増しの査定額をつけて売却に成功した事例

こちらの売主は大阪駅近くのタワ―マンションの一室を購入し6年ほど住みましたが、「今なら高値で売れる」という情報を得て売却の検討を始めました。

この売主がメインバンクの三菱UFJ銀行の担当者に相談したところ、三菱UFJ不動産販売の担当者を紹介されました。

担当者は「今なら購入価格の6割増しの値がつく」と話しました。大阪経済が上昇基調にあることと、相続税対策で投資用マンションを探す人が増えているため、プレミア感があるタワマンに注目が集まっているというのです。

売主は資産を増やす効果が高いと判断し、三菱UFJ不動産販売と専任媒介契約を結びました。

媒介契約とは、不動産売却を仲介してもらう不動産仲介業者と結ぶ契約のことです。そして「専任」がつく専任媒介契約は、「1社だけに売却を任せる」契約内容になっています。

この売主は長年MUFGグループと付き合いがあったため、三菱ブランドの威力を知っていたのです。

この売主は売却価格を明かしていませんが、「気持ちのよい取引ができた」と述べているので、購入価格の6割増しの価格に近い価格で売却できたのでしょう。

査定額が想定よりかなり下がったが「間違っていなかった」

こちらの売主は、家族がそれぞれの道を歩むことになったので、家を売却することにしました。最初に査定を依頼したのが三菱UFJ不動産販売だったのですが、その担当者が自宅に現れたとき、売主はがっかりしました。

20代と思しき担当者で、明らかに職務経験が浅そうでした。さらにがっかりさせたのは、その担当者が算定した査定額が、売主の想定をはるかに下回ったからです。

ところがその担当者は、確信を持ってその査定額に至った経緯を説明しました。家の状態や築年数、地域の不動産事情などを査定の根拠として挙げました。

担当者はさらに、その査定額を売り出し価格にしたほうがよいと提案しました。売主は、売り出し価格はもう少し高くしたいと言いましたが、担当者はそれでも査定額で売り出したほうがよいと言いました。

売主は家庭の事情から、早く売りたいと思っていました。担当者はそのことも考慮して、査定額は「購入希望者が買いやすい金額の最高値である」と丁寧に説明しました。

そこで売主は、他社にも査定を依頼しました。すると三菱UFJ不動産販売の査定額とほとんど変わらない額を提示されたのです。

売主はそのとき、「目が覚めた」思いだったといいます。若手でありながら「正しい判断」ができる人であると確信できたので三菱UFJ不動産販売と契約を結び、無事売却成立に至りました。

「三菱UFJ信託銀行の紹介は間違いなかった」と確信できた

三菱UFJ不動産販売はMUFGグループの一員ですが、そのなかでもとりわけ三菱UFJ信託銀行と強く結びついています。

このマンションオーナー(売主)は、両親と同居するためにマンションを売り、戸建ての2世帯住宅を購入することにしました。

そこでマンションの住宅ローンを借りた三菱UFJ信託銀行の担当者に相談したところ、三菱UFJ不動産販売の担当者を紹介されました。

担当者に査定をしてもらうために、マンションを訪問してもらいました。担当者はそのときすでにマンションに関する情報や地域の不動産市況についての調査を済ませていました。売主はそれでこの担当者を信頼することができました。

担当者はさらに、売主が思い描いていた「マンション売却と2世帯住宅購入の同時進行計画」について、積極的にアドバイスしてくれました。

担当者は意見を押しつけるのではなく、柔らかい対応でアドバイスしました。そして事前に「厳しい現実」の話も売主に伝えていたので、売主は計画の修正をスムーズに進めることができました。

その結果、売主は「最後まで信頼して売却を任せることができました」。

以上参考: 三菱UFJ不動産販売の不動産売却の評判|知ってる?不動産査定・売却の評判

三菱UFJ不動産販売の特徴

三菱不動産販売,特徴

三菱UFJ不動産販売株式会社は、東京都千代田区神田に本社を置く、1988年設立、資本金3億円、従業員1,022人の不動産売買仲介業者です。

「三菱」の名が付くので全国区の企業の印象を持つかもしれませんが、営業エリアは首都圏(東京圏)と名古屋圏と関西圏の3地域のみです。その内訳は以下の通りです。

  • 首都圏:27センター、6法人営業室、その他本社機能
  • 名古屋圏:3センター、1法人営業室
  • 関西圏:7センター、2法人営業室、2サテライト、その他

三菱UFJ不動産販売のそのほかの特徴を、項目ごとに見ていきましょう。

営業担当者の98%が宅地建物取引士

三菱UFJ不動産販売の利用者の声のなかに「若手なのに不動産知識が豊富だった」という評価がありました。それもそのはずで、同社の営業担当者の実に98%が宅地建物取引士の資格を持っています。

資産形成や投資、相続とともにワンストップ化

三菱UFJ不動産販売では、もちろん「ただ単に1軒の住宅を売るだけ」のお手伝いもしていますが、信託銀行系の同社が強みを発揮するのは、資産形成や投資、相続、遺言、金融サービスの購入といった「お金に関すること」と絡み合った不動産売却です。

三菱UFJ不動産販売は「不動産と資産、投資のワンストップサービスを提供します」とPRしています。

建物をトータルにサポートする

不動産オーナーが大手に売却仲介を依頼するメリットは、大企業の資金力でしか提供できないサービスを受けられることにあります。

三菱UFJ不動産販売にも「建物検査サービス」「不適合時補修サービス」「瑕疵保証サービス」「住宅設備修理サポート」といった、大企業ならではのサービスがあります。

同社はこの4つのサービスで不動産オーナーをトータルにサポートします。

建物検査サービスとは

建物検査とは、売却対象の住宅の外壁や土台の劣化や、床の傾斜などをチェックすることです。この検査に合格すると、購入希望者に「安全な住宅」であることをアピールできます。三菱UFJ不動産販売では、同社と契約した売主にはこの建物検査を無料で実施しています(専任媒介・専属専任媒介契約を結んだ売主が対象)。

そして、もし建物検査の結果「不適合」となっても、次のサービスが待っています。

不適合時補修サービスとは

建物検査の結果、不適合と判定されたら、三菱UFJ不動産販売の負担で住宅を補修します。

ただし上限は5万円となっています(専任媒介・専属専任媒介契約を結んだ売主が対象)。

瑕疵保証サービスとは

瑕疵保証は、買主向けのサービスです。買主が中古住宅を購入し、その後、不具合が見つかった場合の修理費用などを、三菱UFJ不動産販売が保証します。

買主サービスがこれだけ充実していれば、買主は安心して中古物件を購入することができます。すなわち、中古住宅の売主からすると「売りやすくなる」わけです。

瑕疵保証サービスも間接的に売主サービスにつながっているというわけです。

住宅設備修理サポートとは

500万円を上限に、給湯器、温水便座、エアコン、換気扇などの故障を無償で直してもらえるサービスです。このサービスを使えば住宅の価値が上がるので、高値での販売につながります。

住宅設備修理サポートは三菱UFJ不動産販売と三井住友トラスト不動産とみずほ不動産販売の財閥系不動産仲介業者3社の共同企画で、専任媒介契約、または専属専任媒介契約を結んだ売主が対象です。

参考:住宅設備修理サポート|三菱UFJ不動産販売

まとめ

「手厚いサポート」をPRする不動産仲介業者は少なくありませんが、三菱UFJ不動産販売は「重厚なサービス」を提供しています。

不動産オーナー(売主)が最初に感じることができる重厚さは、営業担当者の質でしょう。三菱UFJ不動産販売の担当者には、約200年にわたって日本のビジネスシーンを支えてきた三菱DNAが宿っていて、礼儀正しさと不動産知識の両方が備わっています。

不動産の査定は複数の不動産仲介業者に依頼したほうがいいのですが、首都圏、名古屋圏、関西圏の売主は、そのなかに三菱UFJ不動産販売を含めてみることをおすすめします。売主にとって都合の良いことだけでなく、悪いことにも向き合ったうえで、売却の成功に向けて動いてくれるでしょう。

大手から地元まで
あなたの不動産に強い
不動産会社
に一括査定を
依頼できます。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します