マンションから戸建てへの引っ越しを検討していますか?

マンションに住んでいると、下の階の住人への配慮や毎月の管理費など、色々と大変なことがありますよね。でも、いざ戸建てに引っ越しをすると、マンションのほうがよかったと後悔することもあるかもしれません。

この記事では、マンションから戸建てに引っ越しをして後悔した7つのケースについて、筆者の体験談も交えてご紹介します。戸建てへの引越しを検討する際の参考にしていただければと思います。

業界をリードする大手6社があなたの不動産を安心無料査定

・三井のリハウス
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介+(PLUS)
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産

6社計840店舗年間成約11万件以上の売却力。
《すまいValue公式サイト》

 

①戸建ては戸締りの管理が大変

戸建ては鍵の戸締りが大変

マンションから戸建てに引っ越して気づかされたのは、「戸建ては戸締まりの管理が大変」だということ。マンションに住んでいたときは、基本的に玄関1ヶ所の戸締まりの確認で済みました。

しかし、戸建てに住むと玄関だけではなく、窓が多いので、そのすべての戸締まりを確認しなければなりません。家を出てから窓を閉め忘れていたと戻ることも度々ありました。

最初からずっと戸建てに住んでいる方にとっては不便というほどでもなく、むしろ当たり前のことかもしれませんが、マンションの戸締まりの感覚に慣れていると、戸建ての戸締まりはとても面倒だと感じることがあります。

②マンションは暖かかった

マンションは戸建てよりも暖かい

戸建てに越して冬になってから実感すること。それは、マンションはとても暖かかったということです。

木造一戸建てに比べ、マンションの鉄筋コンクリートは気密性が高いため、暖かい造りだといわれています。また、マンションの上下左右の住人の暖房効果もあるので、マンションに住んでいるときは日中であれば、冬でも暖房なしで暮らせることもありました。

またマンションで使用しているコンクリートは木造に比べ蓄熱量も大きいので、暖かさを長い時間蓄えることもできます。戸建てに越してから、家で体感として感じる冬の寒さ(特に1階)の違いに驚きました。

③戸建ては階段の上り下りが大変

戸建ての場合、家の中での階段の上り下りが意外と多くあります。洗濯物を干す、部屋の掃除、ゴミ捨て、着替え…。日常の作業のなかで、1階と2階の上り下りをする回数が実はとても多いということに気がつきました。特に、洗濯物など重いものを持っての階段の上り下りはとても大変です。

それに比べ、マンションは何階に住んでいたとしても、部屋の中では平屋と同じですので、階段の上り下りは一切ありません。洗濯、掃除、お風呂、すべてがワンフロアで済むのはとても便利だったということに気づかされました。

私が以前住んでいたマンションは、エレベーターのない3階建てで、住んでいたのも3階でした。当時は、その上り下りが大変だなと感じていましたが、それに比べても戸建ての屋内での階段の上り下りのほうが何度も往復があるので大変だと、今は感じています。

これはきっと老後になるともっと表面化されてくる問題で、ゆくゆくは2階に行く機会もなくなるのでは?とも思います。

④マンションは管理会社がキレイに整備

マンションは管理会社が手入れをしてくれる

マンションの共有部分や外回りは、管理会社が定期的にきれいに整備してくれます。今考えると、マンションの外回りの手入れはマンションに住んでいるときはまったくしていませんでしたし、気にもしていませんでした。

しかし持ち家の場合には、当たり前ですが管理会社はいないので、すべて自分でしなければなりません。戸建ての外回りもきれいにしていないと見栄えが悪くなりますし、治安などにも関係してくるかもしれません。また、落ち葉などが散乱していると近隣への迷惑にもなってしまいます。戸建てに越してからは、定期的に外回りの掃除や木の剪定、落ち葉掃除などを行わなければならなくなりました。

もちろん、マンションに住んでいたときは「管理費」を支払っていましたし、マンションの管理費は高いと思っていましたが、外回りの管理を丸投げできていたのは実質とても助かっていたことだと思います。

また戸建ての場合、「ゴミ捨て場」がどこになるのかも大切なポイントで、もし自分の家の前がゴミ捨て場になるような場合、生ごみをカラスや猫に荒らされたというような場合、自分で掃除しなければなりません。戸建てに越して、実は自分の家の前がゴミ捨て場だったということに気づき、後悔する場合もあります。

⑤戸建てはマンションに比べ解放感がない

マンションの高い階に住んでいたような場合、(人にもよりますが)カーテンや雨戸などを開けてもそこまで人目を気にすることはありません。

しかし戸建ての(特に1階)場合にはそうはいきません。道路からの人目も気になります。目隠しとして何かを置く必要がありますし、本当に人通りが多い場所では、常に雨戸やカーテンを閉めておくという家もあります。

しかし、目隠し、カーテン、雨戸などの影響で、戸建てはマンションと比べ解放感がありません。マンションと戸建てを比較する場合、例えば同じ平米数でも、解放感がない分、狭く感じるのは事実です。

⑥マンションに比べ日当たりが悪い

戸建てはマンションより日当たりが悪い

マンションで特に高い階に住んでいた場合、日差しを遮るものはほとんどありませんので、日当たりは常に良好です。しかし、戸建てに引っ越してから痛感したことですが、戸建ての場合、日当たりを遮るものが多くあります。

もちろん、マンションと比べる場合には何階に住んでいるか、またマンションの向きなども関係してきますが、多くの場合、マンションの日当たりは戸建てに比べ良いところが多いです。そして、特に戸建ての1階部分は日当たりが悪いので、冬はあまり日が入らずに暗く、先ほども書きましたが寒く感じます。

⑦戸建ては近所付き合いが大変

戸建ては近所づきあいが大変

マンションは最低限の利用規約があるため、ある程度守られている部分があります。利用規約には最低限のマナーが記載されているため、例えばペットのマナーなど、第三者が作成した決まりごとがあります。

しかし戸建ての近所付き合いについては、利用規約などありません。例えば近隣の方々がどのように私道部分を使うか、ゴミ捨てに関するルール、ペットの飼育や騒音についてなど、何か問題がある場合の注意喚起については管理会社ではなく、自分たちでしていかなくてはなりません。

もし可能であれば、事前に戸建ての周辺環境も朝、昼、晩と確認しておくとよいかもしれません。

  • 近所の公園が不良のたまり場になっている
  • 実は夜になると人通りが少なく薄暗い
  • 近所に猫好きな人がいて猫が戯れている

など想定していなかった問題が隠れている可能性もあります。

まとめ

マンション、戸建て双方にメリット・デメリットがあります。

今回の記事では戸建てのデメリットを中心に書きました。大きく分けて、防犯、管理、住みやすさ、近隣問題において戸建てならではのデメリットがあります。そして特にマンションから戸建てに引っ越した場合にはその部分での後悔が多いようです。

もちろんマンションに関してのデメリットもあります。外回りの管理はきっちりとしてくれますが、もちろんその分管理費を支払っていますし、日当たりは良いですが夏は暑いかもしれません。上下左右の近隣との付き合いは戸建てよりも近く、小さな子供を抱えているような場合には騒音を気にすることもあると思います。

マンションか戸建てか、最後は「どのようなライフスタイルを望んでいるか」というご自分の価値観の話になるかと思います。個人的には階段の上り下りのことを考えて老後はマンションにまた住みたいなとも思っていますが、そのような家族の状況や家族構成、年齢によっても変わると思います。

引っ越しを考える際には、マンションと戸建て双方のメリット・デメリット、ご自分の価値観とも照らし合わせてよく考えましょう。

 

良い不動産会社に出会うことが不動産売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って良い不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分にとって良い不動産会社が見つけやすくなるのです。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産
約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社
ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

一括査定で、あなたの
不動産が最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します