不動産を売却するときは、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。ただ、不動産会社といっても大手から地元密着型までたくさんあるので、どこに依頼するか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、売り手によくあるニーズ別に、おすすめの不動産会社を紹介します。

不動産会社選びにはさまざまな基準があるので、たくさんの要素を検討しすぎて、結局どこがいいのかよくわからなくなってしまう、ということもあると思います。そういった方は、この記事で分類したニーズに自分を当てはめてみて、そこで紹介している不動産会社を候補に入れてみてください。あくまで選び方の一つの例ですが、よさそうな不動産会社が見つかれば売却活動は一歩前へ進みます。

また、実際に仲介を依頼する前には査定を受け、その結果を見比べて契約する会社を決めます。したがって、この段階で「契約する会社を決めるのだ」と気負う必要はありませんし、候補を一つに絞らなければならないということもありません。

「候補=査定を受けてみる会社」を探すというつもりで、この記事をご覧ください。

売却仲介におすすめの不動産会社リスト
最大手の不動産会社に依頼したい 三井のリハウス
住友不動産販売
東急リバブル
顧客満足度が高い不動産会社に依頼したい 野村の仲介+
三井住友トラスト不動産
近鉄不動産
住友林業サービス
両手仲介をしない不動産会社に依頼したい ソニー不動産
京急不動産
専門家のアドバイスがある不動産会社に依頼したい 大成有楽不動産販売
ポラスグループ
売却以外の活用方法も検討したい スターツピタットハウス
ロイヤルハウジンググループ
任意売却をしたい 一般社団法人全日本任意売却支援会
任意売却119番
全国住宅ローン返済相談センター

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

この記事の目次

「おすすめの不動産会社」探しが難しい理由|探す前に知っておくべきこと

不動産会社より営業マンが大事

「不動産会社 おすすめ」などと検索してみても、具体的な企業名が見つからなかった、という経験はないでしょうか?

多くのサイトが、「たくさんの企業に査定を依頼しましょう」「訪問査定を依頼しましょう」「営業マンにたくさん質問して、親身になって応えてくれるか確認しましょう」などと伝えていると思います。どうして、なかなか具体的な企業名が出てこないのでしょうか?

それは、「おすすめの不動産会社」を紹介するのが、それだけ難しいということです。以下でその理由を確認していきましょう。

理由①|決定権を持っているのは買い手だから

不動産の売却を考えている方のほとんどが、次のような思いを抱えていると思います。

  • できるだけ高く売却したい
  • できるだけ早く売却したい
  • 安く買い叩かれることは避けたい

つまり、売主にとっての「おすすめの不動産会社」とは、上記の思いを叶えてくれる不動産会社、ということになると思います。しかし残念なことに、どんなに優秀な不動産会社でも、これらを「確実に叶えます」と言い切ることはできません。なぜなら、不動産会社はあくまで「仲介」をするのであり、結局は買い手の意向に左右されるところが大きいからです。言い換えれば、不動産会社には売買価格や時期についての「決定権」はないということです。

これが、「おすすめの不動産会社」を紹介するのが難しい1つ目の理由です。

理由②|営業所・営業マンによるところも大きいから

もう1つの理由は、同じ不動産会社でも、営業所や営業マンによって能力や得意分野が異なることにあります。不動産会社としての特徴と同等、あるいはそれ以上に、営業所・営業マン単位での特徴を見極める必要がある、ということです。

それでも「おすすめの不動産会社」を探すために

上で述べた2つの理由を総合すると、売主は前提として、以下を頭に入れておくべきでしょう。これらは、どんな不動産会社にも共通して言えることです。

  • よい買い手を見つける必要がある
  • よい営業所・営業マンを見つける必要がある

こうお伝えすると「結局、自分にとってのおすすめの不動産会社は自力で探すしかない」ように見えると思います。そして実際、それは理想的には正解なのですが、必ずしもそれを実践するだけの余裕がある人ばかりではないと思います。

そこでこの記事では、何とか「おすすめの不動産会社」探しをしている方の役に立てるよう、「売主のニーズ」と「客観的な視点」のバランスが取れる分類をして、おすすめの不動産会社を紹介しています。紹介した不動産会社をさらに上記で説明した「よい買い手を見つけてくれるか」「よい営業所・営業マンを有しているか」という視点で見極めていくと、不動産会社選びはグッと進展すると思います。

目的①|最大手の不動産会社に依頼したい

大手の不動産会社に依頼したい

不動産に限らず、「とりあえず大手に依頼してみる」というのは悪い手ではありません。

不動産売却で大手に依頼するメリットには次のようなものがあります。あなたの不動産が都市部(三大都市圏や県庁所在地など)にあるなら、まずは大手を候補に入れてみるといいでしょう。

  • たくさん広告が打てる
  • 買い手の情報が集まっている
  • サポートがたくさんある
  • 全国に店舗がある

不動産仲介における最大手の企業を確認してみましょう。「 2018 不動産業統計集|公益財団法人不動産流通推進センター 」によると、取扱高も仲介件数も抜きん出て多い3社です。

三井のリハウス

三井のリハウス

三井のリハウスは、三井不動産リアルティグループが運営する不動産仲介のブランド名。2018年度の取扱件数、取扱高、手数料収入のすべてが1位の不動産会社です。

CMもたくさん流れていますので、ご存知の方も多いでしょう。

キッチン、お風呂などの設備や、雨漏りやシロアリなど建物の調査・補修が無償と、売り手・買い手にとってうれしいサポートが多数用意されています。

店舗は全国に約280あり、地域に根差した営業をしているのも見逃せないポイントです。

【関連記事】
三井リハウスはどんな会社? | 三井のリハウスの売却サポートの紹介

公式サイト

住友不動産販売

住友不動産販売

「住友の仲介・Step」をブランド名に仲介を行う住友不動産販売

関西での営業に強みがあり、取扱件数だけを見れば三井のリハウスを凌いでいます。

問い合わせから売買契約、さらにアフターフォローまで、一人の営業マンが「マンツーマン体制」で担当してくれることにより、あなたの希望が実現しやすいでしょう。

売却保証や測量といった、ほかの大手でも実施しているサービスはもちろん、「相続税立て替え」「空地クリーン」「空地草刈り」など、なかなか見られないサポートを提供しているのも魅力です。

【関連記事】
住友不動産販売の評判|不動産売却を依頼するメリットは?

公式サイト

東急リバブル

東急リバブル

東急リバブルは東急電鉄のグループ会社。東急グループといえば不動産部門が強いことで有名です。担当営業の宅建保有率が97%で、それぞれが専門知識をしっかりと有しているので、売買契約に関するトラブルは発生しにくいでしょう。

「空き家マンション」をリフォームし、モデルルームのように演出するのが得意です。また、一定期間内に売れなかった場合、「査定価格+リフォーム費用の100%」で買い取ってくれる「アクセル君」という独自のサポートも実施。相続でマンションを手に入れた方におすすめのサービスです。

税理士法人レガシィとも提携しており、税金面に関するサポートも充実しています。

再契約や、過去に家族が東急リバブルで仲介した場合などに、仲介手数料が10%割引になるサービスも実施。仲介手数料の割引はほかの大手不動産会社ではなかなか見られない注目のサービスです。

【関連記事】
東急リバブルの口コミ|サービスのオススメポイントと利用方法まとめ
東急リバブルで不動産売却する際の仲介手数料に関する知識まとめ

公式サイト

最大手の不動産会社に査定依頼するなら

上記で紹介した3つの不動産会社に査定依頼をするなら、一括で依頼できる「すまいValue」という査定サイトがおすすめです。上記3社に、野村の仲介+(後述)、三菱地所ハウスネット小田急不動産を合わせた超大手6社に同時に査定を依頼できます。参加企業が限られているので、安心感・信頼感があります。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

目的②|顧客満足度が高い不動産会社に依頼したい

顧客満足度が高い不動産会社に依頼したい

「顧客満足度が高い」「評判がよい」というのは、仲介を依頼しようとする人にとってはかなり安心できる材料になりますよね。

ここでは、「 オリコン・不動産仲介売却のランキング 」をもとにした、満足度の高い不動産会社を見ていきましょう。

野村の仲介+

野村の仲介+

野村の仲介+は、2016~2018年の3年連続で「戸建て」「マンション」の2部門で顧客満足度1位を達成しています。

  • 短期間で交渉が進んだ。相談してから10日で売却契約が成立した
  • 経過報告が細かく、丁寧だった。知識も豊富にあり、安心して任せられた
  • 要望をしっかりと聞いてくれて、わかりやすく対応してくれた
  • 営業担当が慎重に対応してくれた。信頼できた
  • すべてのことに、迅速・適切に対応してくれた
  • 計画性があり、進行状況が把握しやすかった

【参考】
▶オリコン| 野村不動産・戸建ての評判
▶オリコン| 野村不動産・マンションの評判

オリコン上の利用者の声では、上のように営業マンに対するよい評判が多く見られました。

売り手のニーズを満たせるかどうかは営業マンによるところが大きいですから、満足のいく売却を実現させたい人にとって「野村の仲介+」は外せない不動産会社といえそうですね。

【関連記事】
野村の仲介の特徴と強み|評判からわかる野村の仲介の想いとは

公式サイト

三井住友トラスト不動産

三井住友トラスト不動産

国内No.1の信託銀行「三井住友信託銀行」のグループ会社である三井住友トラスト不動産。信託銀行だからこその幅広い情報網と、コンサルティングの高さに定評があります。

2018年度の顧客満足度は、野村の仲介+に次いで、「戸建て」「マンション」の両部門で2位という結果でした。

できること・できないことをしっかりと返答してくれた。信頼できた

  • 相続の売却だったが、いろんな手続きがスムーズに進んだ
  • 売却価格が相談しやすかった
  • 迅速丁寧で些細な質問にもわかりやすく対応してくれて安心できた
  • 説明がわかりやすく、わからないことがないようにしてくれた
  • 買い手との折衝がスムーズだった

【参考】
▶オリコン| 三井住友トラスト不動産・戸建ての評判
▶オリコン| 三井住友トラスト不動産・マンションの評判

やはり、営業マンの対応に満足しているという声がたくさん見られますね。

三井住友トラスト不動産のブランドメッセージは、「想いまで託される仕事を」。

「ただ売れたらよい」という考えでなく、今まで住んできた家や受け継いできた土地への「想い」まで考えているからこそ、営業マンも売り手に対して親身になってくれるのでしょう。

【関連記事】
三井住友トラスト不動産の評判|不動産の売却を任せるメリットは?

公式サイト

近鉄不動産

近鉄不動産

近鉄不動産は、東京・千葉、関西、広島など、主要都市を中心に45店舗のネットワークを持っています。近鉄グループとあって、やはり近鉄沿線に強みがあります。

オリコンでの顧客満足度は、「戸建て」が4位、「マンション」が3位という結果でした。

  • わかりやすい説明と深い知識に安心した
  • 説明・価格提案・販売力など、すべてに不満点がない
  • 条件設定での納得感が大きい
  • 買い手の主張に対する対処法のアドバイスがよかった
  • 売却先の発掘に尽力してくれた
  • こちらが考えていないことも提案してくれた

【参考】
▶オリコン| 近鉄不動産・戸建ての評判
▶オリコン| 近鉄不動産・マンションの評判

近鉄不動産も、営業マンに対するよい評判が多く見られますね。

設立が1968年と歴史もあり、マンションのデベロップメントでは「グッドデザイン賞」を5年連続受賞したり、国土交通省の「良質な住宅ストックを形成する市場環境整備促進事業」に採択されたこともあったりと、信頼できる実績を積み上げてきた不動産会社といえます。

公式サイト

住友林業ホームサービス

住友林業ホームサービス

山林経営から木材住宅供給まで、一気通貫して事業を行う住友林業のグループ会社である住友林業ホームサービス。全国展開していますが、近畿と東海に強みがあります。

オリコンの顧客満足度では、「戸建て」で5位、「マンション」で4位という結果でした。

  • 定価より高い価格で売り出してくれた
  • とにかくすぐに買い手が見つかった
  • 買い手との折衝力が高かった
  • スピーディーで提案力があり信頼できた
  • 思ったより早く売却できた
  • 素人にもわかりやすい説明だった

【参考】
▶オリコン| 住友林業ホームサービス・戸建ての評判
▶オリコン| 住友林業ホームサービス・マンションの評判

住友林業ホームサービスの評判では、営業マンの対応のほか、高い売却力に満足しているという声が多く見られます。

不動産の売却が満足いくものになるかどうかは、「高い価格で売却できるか」という点によるところが大きいでしょう。

「お客様第一主義」というブランドメッセージ通り、住友林業サービスでは、高く・早く売却することが実現できそうですね。

公式サイト

まだある!顧客満足度が高い不動産会社

オリコンの顧客満足度調査では、上記のほかに「大成有楽不動産販売」「大京穴吹不動産」も顧客満足度が高い不動産会社として評価されています。

大成有楽不動産販売はゼネコンの「大成建設グループ」の不動産売買仲介部門という位置づけで、関東地方に強みがあり、「イエタン」という独自の不動産ポータルサイトも運営しています。

一方、大京穴吹不動産は「ライオンズマンション」が有名な業界大手の不動産会社です。全国に約90店舗を展開し、近年では台湾や香港にも拠点があります。

それぞれの評判を詳しく知りたい方は、次の関連記事を参考にしてください。

【関連記事】
大成有楽不動産販売に不動産売却を任せるときの評判は?
大京穴吹不動産の仲介はどう?評判と実力まとめ

顧客満足度が高い不動産会社に査定依頼するなら

野村の仲介+三井住友トラスト不動産住友林業ホームサービスに査定依頼するなら、「HOME4U」という一括査定サイトがおすすめです。これら3社が参加している査定サイトなので、物件の条件が合えば3社に同時に査定依頼できるでしょう。

HOME4Uは一括査定サービスを他社に先駆けて始めたサイトです。NTTグループで信頼感も厚いです。

NTTグループが運営する老舗一括査定サイトで約18年の運用歴。不動産会社が厳選されているので信頼感アリ
HOME4U
おすすめポイント
  • 業界最年長約18年の一括査定サービス運用歴
  • 個人情報保護などセキュリティ面も◎
  • 大手から地元密着まで選りすぐりの不動産会社
利用者数 700万人以上
運営開始年 2001年
提携不動産会社数 約1,300社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング

また、近鉄不動産、大成有楽不動産販売、大京穴吹不動産の3社が参加している一括査定サイト「イエイ」もおすすめです。イエイは参加している不動産会社の数が多いので、この3社以外にも多くの候補が見つけられるでしょう。

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

目的③|両手仲介をしない不動産会社に依頼したい

両手仲介しない不動産会社に依頼したい

インターネットで不動産売却について調べていて、「両手仲介」という言葉を目したことはないでしょうか。

両手仲介とは、1つの不動産会社が売り手と買い手の両方の仲介をすることを言います。

現在の宅地建物取引法では禁止されているわけではありませんが、売り手と買い手は利益が相反することから、依頼者にとってはあまり喜ばしい行為ではありません。「囲い込み」が助長される可能性もあるため、できれば両手仲介は避けたいはずです。

そこで、ここでは「両手仲介」がない、またはほとんどない不動産会社をご紹介します。

ソニー不動産

ソニー不動産

ソニー不動産は、ソニーグループの子会社です。

売り手のみを担当する「売却エージェント制」を採用しているため、両手仲介は発生しません。なお、大手の不動産会社で売り手だけを担当しているのは、ソニー不動産のみです。

不動産マーケットに精通した「コーディネーター」と呼ばれるサポートスタッフとともに、あなたの不動産の買主像を設定し、幅広い販売戦略を実施してくれます。

【関連記事】
ソニー不動産の評判からわかる売却仲介の特徴とメリット

公式サイト

※ソニー不動産は、2019年6月1日から「SREホールディングス」に社名変更します。
参考: 「ソニー不動産」社名変更のお知らせ

京急不動産

京急不動産

京急不動産は鉄道の京急グループの不動産会社で、京急沿線に強みがあります。

京急不動産は、ほかの不動産会社と同様、売り手と買い手両方の仲介を行っていますが、両手仲介の数は非常に少なく、割合としては4%以下です。

公益財団法人不動産流通推進センターでは、毎年不動産会社の統計(※)を発表しています。

統計では、取扱高や仲介手数料収入などがわかりますが、そこから仲介手数料率が求められます。そして、不動産会社が得られる仲介手数料の上限が「売却価格の3%+6万円」であることから、そこからどのぐらいオーバーしているかを確認することで、どの程度両手仲介をしているかがわかるのです。

ほかの不動産会社で両手仲介の割合が20%以下のところはありません。売り手、買い手の両方を担当している不動産会社で、ここまで両手仲介をする割合が少ないのは京急不動産だけです。

公式サイト

(※) 2018 不動産業統計集|公益財団法人不動産流通推進センター

両手仲介をしない不動産会社に査定依頼するなら

ソニー不動産への査定依頼は、「おうちダイレクト」という一括査定サイトを利用してみてください。ソニー不動産に依頼できる唯一の一括査定サイトです。ほかにも大手から地場、フランチャイズまで幅広く参加しており、月間訪問者数約1,100万人を誇る「Yahoo!不動産」への掲載も魅力です。

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

目的④|専門家のアドバイスがある不動産会社に依頼したい

専門家のアドバイスがある不動産会社に依頼したい

相続や離婚など、特殊な事情で家を売却したいケースもあるでしょう。そういったときには専門家へ相談できると心強いですよね。

ここでは、専門家のアドバイスがある不動産会社を紹介します。

大成有楽不動産販売

大成有楽不動産販売

大成有楽不動産販売では、「プラスアルファコンシェルジュ」というサービスを展開しており、各分野の専門家に無料で相談が可能です。

  • 法律問題(境界線のトラブルなど)
  • 相続税
  • 離婚
  • 資産運用
  • 住宅ローン返済
  • 子供のトラブル

これらの内容は他人には相談しにくいかもしれませんが、大成有楽不動産販売では匿名での相談も受け付けてくれます。

女性の専門家も在籍しており、具体的な事案に関しては相談だけでなく正式に依頼することも可能ですので、売却のほか、不動産にまつわるそのほかの悩みも一気に解決してもらえるかもしれません。

【関連記事】
大成有楽不動産販売に不動産売却を任せるときの評判は?

公式サイト

ポラスグループ

ポラスグループ

「不動産売却は初めてで、まったくわからない。基本的なことから教えてほしい。」

そういった方には、「ポラス」がおすすめです。

ポラスでは、「はじめての不動産売却相談会」と称して、定期的に個別相談会を開催しています。

  • どんな流れで不動産売却ってするの?
  • 費用って何がかかるの?
  • 税金って払う必要ある?

といった基本的な疑問にも答えてくれます。

「まず、どうしたらいいんだろう?」という疑問を解決したいのであれば、ポラスの相談会を利用してみましょう。

公式サイト

まだある!専門家のアドバイスがある不動産会社

上でお伝えした会社のほかにも、大手不動産会社では専門家への相談が可能なケースが多くあります。

三井のリハウス 税金の個別相談会・セミナー
住友不動産販売 相続診断サービス
東急リバブル 税務・法律相談・空家相談
野村の仲介+ 税理士の相続診断サービス
三菱UFJ不動産販売 空家相談サービス

あなたの悩みに応じて、依頼する不動産会社を検討するとよいでしょう。

専門家のアドバイスがある不動産会社に査定依頼するなら

大成有楽不動産販売ポラスグループは、一括査定サイト「イエイ」に参加しています。条件が合えばどちらにも一括で査定依頼できるでしょう。

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

大手への査定依頼は、「すまいValue」や「HOME4U」を利用してみてください。

目的⑤|売却以外の活用方法も検討したい

売却以外の方法も検討したい

売却ではまとまったお金が手元に入ってくる一方、賃貸であれば将来に渡った収入が期待できます。

売却と賃貸を比べてみてからどうするか決めたいという人に向けて、売却・賃貸のどちらも査定できる不動産会社を紹介します。

スターツピタットハウス

スターツピタットハウス

スターツピタットハウスでは、売却・賃貸W査定が可能です。

売却・賃貸それぞれのメリット・デメリットが比較でき、売却価格と賃貸収入両方の査定・比較シミュレーションが可能です。

  • 転勤などでいつか戻る可能性がある
  • 急いでいないのでどちらが得か見極めたい
  • 家賃収入を検討している

など、あなたのライフプランに合わせた提案が可能です。

売却査定と賃貸査定が同時に依頼できるので手間もかからず、結果を比較できますので、多角的に資産価値を検討している人に最適なサービスです。

【関連記事】
▶ スターツピタットハウスの評判と不動産の売却を任せるメリット

公式サイト

ロイヤルハウジンググループ

ロイヤルハウジンググループ

ロイヤルハウジンググループでは、「どっちも査定」で、売却と賃貸の査定比較ができます。

また、ロイヤルハウジンググループには、売却・賃貸のどちらを選んだとしても、さまざまな強みがあります。

【売却の強み】

  • 地域密着型
  • 即金買取可能
  • 売却保証
  • 高い物件PR力

【賃貸の強み】

  • 無料相談可能
  • 運営管理請負
  • 定期借家契約可能

売却・賃貸を検討されている方は、スターツピタットハウスとあわせて利用してみるとよいでしょう。

公式サイト

まだある!売却以外も活用できる不動産会社

売却・賃貸だけでなく、土地を所有している場合には、「駐車場経営」や「トランクルーム経営」など、土地活用を検討しているケースもあるでしょう。

以下の企業では、土地活用に関するプラン請求が可能です。

  • 三井ホーム
  • セキスイハイム
  • 旭化成ホームズ
  • 住友不動産シスコン
  • 住友林業
  • 朝日建設
  • 株式会社セレコーポレーション
  • ミサワホーム
  • 東京建物
  • Panasonic Homes など

売却と同様、土地活用に関してもプラン請求だけなら無料です。

売却以外の活用方法も検討できる不動産会社に査定依頼するなら

スターツピタットハウスは一括査定サイト「イエイ」、ロイヤルハウジンググループは一括査定サイト「おうちダイレクト」に、それぞれ参加しています。一括査定サイト経由での査定依頼は基本的に売却のみになりますので、個別に不動産会社と連絡を取る段階になったら、賃貸査定も依頼したい旨を伝えましょう。

番外編|任意売却をしたい

任意売却を依頼したい

住宅ローンの返済が思うようにいかず、「任意売却」を検討している方もいるでしょう。

任意売却とは、売却後もローンが残ってしまう不動産を、金融機関の合意を得て売却する方法のことです。任意売却をする場合は、債権者(=金融機関)との交渉能力や、法律に関する知識が必要とされています。

ここでは任意売却を検討している人に向けて、信頼できる相談先を解説します。

【関連記事】
任意売却物件とは|競売との違いと買い手・売り手のメリットデメリット

一般社団法人全日本任意売却支援会

大学教授や弁護士、司法書士、税理士などが集まり、2009年に設立された 一般社団法人全日本任意売却支援協会

対応エリアは全国で、電話・メール両方での相談が可能。事前に任意売却について詳しく知りたい方のために、資料の配布もしています。

これまでの相談件数は累計8,000件以上で、女性相談員も多数在籍しています。

週刊ポストや朝日新聞、女性セブンなどに取り上げられたこともあり、安心できる相談先の一つです。

任意売却119番

任意売却支援機構株式会社が運営しているサイト「任意売却119番 」。北海道・関東・愛知・関西・福岡と、全国の幅広い地域をカバーしています。

相談は24時間、7:00~23:00まで、年中無休で受け付けています。メールや面談での相談も可能です。

弁護士や税理士と提携しているので、多重債務や相続など、複雑な事情に関しても幅広い対応をしてくれます。

全国住宅ローン返済相談センター

株式会エイミックスが運営するサービス「全国住宅ローン返済相談センター 」。東京・埼玉・神奈川・千葉・大阪・京都に支店があります。

メール・電話での無料相談が可能で、これまでに6,000件を超える相談実績があります。

運営母体の株式会社エイミックスは「任意売却」のみを専門として取り扱う不動会社で、これまで「NHK総合 クローズアップ現代」「読売テレビ ウェークアップ!ぷらす」「NHK総合 ニュースウォッチ9」など、マスコミの取材多数。

弁護士とも提携していますので、安心して依頼できるでしょう。

まだある!任意売却の相談・依頼先

任意売却の相談・依頼先としては、次のようなところもあります。

みどり住宅ローン相談所は株式会社シナジーコンサルティングが運営。相談センターは東京都にあります。ほかとの違いとして「投資物件」の任意売却も取り扱っているのがポイントです。

任意売却相談室は株式会社ワコー・コーポレーションが運営。相談実績は1万5,800件と圧倒的な実績があります。弁護士などとの連携はありませんが、相談員に元金融機関在籍者がいるため、債権者側の事情に精通していることに強みがあるでしょう。

まとめ

目的別におすすめの不動産会社を紹介してきました。あなたのニーズを満たしてくれそうなところは見つかったでしょうか。

冒頭でもお伝えした通り、不動産会社名だけで判断するのではなく、担当の営業マンも含めて依頼先を検討する必要があります。この記事でご紹介した内容を入り口にまずは査定を依頼し、そこでの営業マンの話・対応力なども加味したうえで、自分に合った不動産会社に仲介を依頼してくださいね。

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します