この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • 家(一戸建て)を高く売るために何をすべきかわからない
  • 家(一戸建て)をできるだけ高く売りたい
  • 家(一戸建て)を売るために何を準備すればいいか知りたい
こんなことがわかります
  • 家(一戸建て)の売却は複数社の査定を受けることが重要
  • 複数社の査定を受ける際は一括査定サイトが便利
  • 売却を成功させるためには準備と心掛けにコツがある

引っ越しや転勤、相続など、一戸建てを売りたいと考えるタイミングは人それぞれですが、1円でも高く売りたいという気持ちは同じでしょう。

けれど不動産売買は、人生に一度あるかないかの一大イベントでもあるため、あまりよくわからないまま手をつけて、判断を誤ってしまうことも少なくありません。

そこで本記事では、1円でも高く一戸建てを売りたいと考えている人に向け、物件を高く売るためにいちばん大切な「不動産会社の選び方」や「一戸建てをできるだけ高く売却するための手順や方法」について詳しく解説しています。

また、不動産売買に関わったことがない人でも理解しやすいよう、専門用語についてはできるだけやさしい言葉で記載しました。

本記事を読むことで、数多くある不動産会社をふるいにかけるコツや、内見のときによい印象を与えられるコツをつかむことができます。

将来の生活のためにも、できるだけ高値で一戸建てを売却しましょう。

一括査定で、あなたの
家を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

一戸建てをできるだけ高く売却するための手順

一戸建てをできるだけ高く売りたいと考えたときに重要なのは、

  • 売りたい一戸建ての相場を知る
  • 誠実で販売経験や販売実績が豊富な不動産会社を見つける

という2点です。

ここでは、その手順やコツについて詳しく見ていきましょう。

複数の不動産会社に机上査定を依頼して相場を知る

まずは、売りたいと思っている物件の相場を知ることが大切です。

その方法としておすすめできるのが、一括査定サイト」を利用した「机上査定」です。

一括査定サイトとは、複数の不動産会社に同時に査定を依頼できるサービスを提供しているWebサイトのことです。

一括査定サイトの仕組み

登録している複数の不動産会社にたくさんのクレームが寄せられる場合には、提携を解除するなど努力しているため、個人でふるいにかけるよりも安心度が高いといえるでしょう。

肝心の査定額は、所在地や物件の大きさ、間取りなどの入力データをもとに、不動産会社が過去の取引事例や周辺相場と照らし合わせて算出します。複数社の査定額をまとめて比較できるので、相場を知ることができ、大変便利です。

よくある疑問として、「売却時期が決まっていないけど査定できる?」というものがありますが、査定可能です。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。また、住宅ローン完済前でもOKです。むしろ、売却で住宅ローンの完済が可能なのかどうか、査定を受けて確認したほうがよいでしょう。

一括査定で、あなたの
家を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

査定額が大幅に高い会社・低い会社をふるいにかける

一括査定サイトで大体の相場がわかったら、査定額が高い会社と低い会社をふるいにかけましょう。

明らかに平均の査定額とかけ離れているような不動産会社は、高値でも安値でも候補としては望ましくない可能性が高いです。

相場よりもかけ離れて安値の不動産会社は、不動産を正しく評価できていない、マーケティング力が低い、という可能性が考えられます。

また、相場よりもかけ離れて高値の不動産会社は、実際に市場で取引される価格とは異なった価格を提示して契約をさせようとしている場合があります。

残った会社に訪問査定を依頼する

訪問査定とは、不動産会社に実際に家を訪問してもらい、家屋の劣化状況や近隣の状況などを確認したうえで、査定してもらうことです。

机上査定でふるいにはかけますが、候補として残った何社かには訪問査定も依頼しましょう。

訪問査定のほうが机上査定よりも精度の高い査定額を出してもらえますし、不動産会社の担当者の能力や人となりを見極めるチャンスにもなります。

査定額の根拠を確認する

査定額の根拠を確認する最も有効な方法は、市場の動向などを考慮して「どれだけ売りやすい物件なのか」を数字に表す「流通性比率」の根拠を聞いてみることです。

流通性比率とは、簡単に言うと「売りやすいかどうかを比率として表したもの」を言い、根拠を示す必要があるとされています。

また、流通性比率は、誰が聞いても「あぁ、だから高くなるのか」「低くなるのか」と思うようなものである必要があります。

そのため、流通性比率の根拠について尋ね、その根拠が納得できるものであるかどうかで、その査定額が妥当なものであるかどうか判断が可能になるのです。

営業担当者のマーケティング感覚を見抜く

不動産会社自体に集客力や宣伝力があったとしても、担当者に誠実さやマーケティング能力がなければ、物件を高く売ることは難しくなります。

では、どういった担当者を選べば、売りたい一戸建てを高く売ってくれる可能性が高まるのでしょうか?

下記で紹介している5つのような質問を投げかけてみましょう。

近隣で高値の取引事例があるか

近隣で高値で取引した事例があるかどうかを尋ねてみましょう。

このとき、高値で取引した事例がない場合や、説明がしどろもどろでわかりにくい場合は、担当者を変えてもらうか、別の不動産会社にお願いしましょう。

そのときの販売戦略はどうだったか

近隣で高値の取引事例があった場合、どのような販売戦略を立てて売却したのかを尋ねてみましょう。

例えば、「建物自体は築年数が経っていて価値はほとんどありませんでしたが、近くにショッピングセンターがありましたので、そこを売りにしました」など、具体的な説明があることが望ましいです。

この家にはどういった価値があるか

「築年数は経過していますが、道幅も広く、庭付きでガレージも広いですし、小学校や大きな病院、ショッピングセンターなども近いので立地としては素晴らしいです」など、魅力的な部分をたくさん、具体的に説明してくれる担当者をおすすめします。

どういった客層にその価値を提供すべきか

「近くにあるショッピングセンターは子供向けの施設・設備が豊富で、子連れで買い物がしやすいのが特徴です。したがって、若いファミリーを中心に買い手を探すことになると思います」など、ターゲット層について具体的に説明があると安心感が高まりますね。

どのような販売戦略を取ってくれるのか

「家の価値をどういった客層に、どうアピールするのか」を具体的に説明してくれるかどうかだけでなく、広告の手段についても確認してみましょう。

広告方法

今の時代はインターネットへの物件情報の掲載が一般的になりましたが、地域へのポスティングなども未だ有効だといわれています。駅前で営業担当者が宣伝活動をしていたり、街なかに貼紙があったりすることもありますよね。ただネットに載せるだけでなく、より買い手に刺さるような広告の方法を取ってくれるか、事前に確認しておきましょう。

掲載時期はいつ頃なのか

契約後、スピーディーに広告掲載してもらうのはもちろん重要なことですが、一方で売れやすい時期にタイミングよく広告を打つのも大切です。特にポスティングなど紙媒体での広告は何度もできるわけではないので、効果的なタイミングで広告をしてくれるのかも、営業担当者に確認しましょう。

内見で買い手によい印象を与える

買い手は、前の住人(売主)がどういう人だったのか気にしていることも多いので、丁寧さや清潔感が伝わることで、購買意欲が高まることも十分に考えられます。

できるだけ室内を清潔に保ち、掃除や整頓を徹底しておきましょう。

また、買い手が「ここに住みたい」と感じるよう、会話でアピールしておくことも重要です。

水回りだけでも掃除しておく

水回りの掃除が行き届いていると、ほかの場所も美しく見えるようです。

そのため、シンクや洗面台もピカピカに磨いておきたいものですが、時間がない場合は銀色の部分を磨いておくだけでも印象がよくなります。

スリッパを用意する

新しく汚れのない履物は、よい印象を与えます。

例えば、色彩心理学で清潔感を与えるとされているホワイトを軸に、派手過ぎない落ち着いたカラーがおすすめです。

玄関に観葉植物を置く

グリーンには、「リラックス効果」があるとされています。

また、サンスベリアなど一部の観葉植物は、空気清浄効果があるとNASAも認めているようです。

観葉植物を置いて、部屋の消臭やリラックス効果を期待してみてはいかがでしょうか?

身近な会話で盛り上がる

内見に立ち合うときには、「近くによい小児病院があります」「近所のお魚が新鮮」など、物件の立地(周辺環境)などについてアピールしておきましょう。

そして、「キッチンの収納がとても広くて使いやすいです」など、家そのもののよい点をアピールしておくことも重要です。

一戸建てをスムーズに売るために用意しておくべきもの一覧

一戸建てをスムーズに売るために用意しておくべきもの一覧

一戸建ての売却をスムーズに進めるためには、事前に準備しておくべきものがありますので、下記にまとめてみました。

ぜひ、参考にしてください。

売主本人(共有名義の場合は全員分)に関する証明書など

共有者が県外など遠くにいて、郵送時間などがかかる場合には、下記の書類が必要な時期について事前に伝えておきましょう。

  • 実印
  • 身分証明書(運転免許証など、顔写真付きのもの)
  • 印鑑証明(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 住民票(登記上の住所と、現住所が異なると必要、発行から3ヶ月以内のもの)

家屋・土地についての証明書など

以下は不動産を売却するために必要な書類で、基本的には、売却を希望する当人が請求するなどして準備します。

登記済権利書

登記名義人が誰かを証明する書類で、権利証と呼ぶこともあります。

登記識別情報

平成17年以降は、登記済権利書の代わりに発行されている場合もあります。

固定資産税納税通知書

固定資産税課に発行依頼しましょう。

固定資産税評価証明書

固定資産税納税通知書と同じ、固定資産税課に発行依頼しましょう。

ローン残高証明書

銀行など、融資を受けている金融機関に問い合わせ発行してもらいます。

銀行口座書類

売却した不動産のお金が入金される口座を、あらかじめ決めておきましょう。

また、通帳や印鑑は手続きに必要になるため、いつでも持ち出せるよう、準備が必要です。

土地測量図

簡単に言うと今回のケースの場合は、どこからどこまでが売却する不動産なのかを示した図のことです。

境界確認書

境界線があやふやな土地を売却することは非常に難しいため、隣地境界線を決め、境界標を打ち込んでもらいましょう。

建築確認書・検査済証

法に従って、正しく建築されていると証明する書類で、適合確認後は検査済証が発行されます。

建築設計図書・工事記録書

見るだけで、どのような設計で、どのような工事をしたのかがわかる書類です。

その他付加価値を付けるための書類

売りたい物件に付加価値を付けたいときには、下記のような書類が有効です。

心当たりがある場合は、探して準備しておきましょう。

  • 耐震診断報告書
  • アスベスト使用調査報告書
  • 地盤調査報告書
  • 住宅性能評価書
  • 既存住宅性能評価書

など

一戸建ての売却におすすめの一括査定サイト

最後に、一戸建てを売却するときにおすすめの一括査定サイトをご紹介します。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産
約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社
ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

一戸建てを高く売るためには、売りたいと考えている不動産の相場を知り、星の数ほどある不動産会社をふるいにかけていくことが大切です。

自分に合った不動産会社や担当者と巡り会えるよう、今回紹介した一括査定サイトも活用して売却活動に臨んでみてください。

また、内見のときに物件のメリットをアピールするなど、自分自身の努力で買い手によい印象を与えることも忘れないようにしましょう。

一括査定で、あなたの
家を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します