この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • 老後にマンションへの住み替えを検討している
  • 実際に住み替えた人の意見・体験談を聞いてみたい
  • マンション住み替えのための準備を知りたい
こんなことがわかります
  • 住み替えた人の体験談
  • 住み替えのためにすべき準備
  • 住み替え前の戸建ての処分方法

戸建てを持ちながらも「老後はマンションに…」と将来的にマンションへの住み替えを考えている方も多いかもしれません。でも実際に老後にマンションへ住み替えた方々の本音はどうなのでしょうか?今回の記事では、老後にマンションの購入を検討している方のために、実際にマンションへの住み替えを経験したご夫婦の体験談をご紹介します。

一括査定で、あなたの
家を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,700社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

住み替えの背景|経緯

今回ご紹介するのは、10年前に購入した戸建てから駅近のマンションへの引っ越しをされたご夫婦です。住み替えを行った背景としては、

  • 子供が独立して部屋が余っていたこと
  • 戸建ては冬が寒いと感じていたこと
  • 駅からの距離が気になり始めていたこと

があったそうです。

以前から「老後はマンションに…」と引っ越しを考えていたというわけではなかったとのこと。元々4LDKの戸建てに住んでいたのですが、子供の独立にともない、ほぼ2階の部屋を使うことはなくなっており、「いつか建て替えやリフォームを…」と検討されていたそうです。

また常日頃、戸建の冬の寒さを痛感しており、「リフォームの際には床暖に…」とも考えていたそうです。そのほか、これまで通勤のため、駅まで自転車で通っていたそうなのですが、その駅までの距離も少し気にはなっていたそうです。

なんとなく、上記のような思いがあったことに加えて、ちょうど近所に大型マンションが建ち、息子夫婦に誘われて内覧に行ってみたところ、広いリビング、窓からの景色、広々としたワンフロアに惹かれ、購入に至ったそうです。

購入の時点でお孫さんがいらっしゃったので、「孫たちが将来集まるとしたら広いリビングが必要」だとも思っていたそうです。そのようなことから、約10年間お世話になった戸建てに別れを告げ、新築マンションへの引っ越しをされました。

マンションに住み替えて良かったことは

マンションに住み替えて良かったこと

では今回の「戸建て」から「マンション」への引っ越しをしてみて、実際にどのようなことが良かったのか、ご夫婦に聞いてみました。ご夫婦の解答としては以下の通りです。

  • マンションは暖かい
  • ワンフロアで階段の上り下りがなく楽
  • 住宅の機能が改善されている
  • 断捨離のきっかけになる

戸建てに比べ暖かい

まず、戸建てに比べてマンションはとても暖かいと感じたそうです。購入したマンションのリビングには「床暖房」機能が付いていたので、冬でも暖かく過ごせることは購入前から期待していたそうなのですが、実際に床暖房を使ったのは冬の本当に寒かった時期の数回程度。それ以外は床暖房を使わなくても快適に過ごせたそうです。

逆にマンションの部屋の中にいると外の気温がわからずに、外出するときにどれくらい着込めばよいのかわからず、苦労することもあるほどだそうです。

ワンフロアで階段の上り下りがなく楽

マンションの部屋はワンフロアですので、家の中での階段の上り下りがありません。これまで戸建てに住んでいたときは洗濯物を干すために2階に上がり、取り込むためにまた階段を登り…何かにつけて階段を上り下りしていましたが、マンションではそのような階段の上り下りがなくなります。これまで階段の上り下りで苦労されていた奥様は、そのことがとても助かっているとのことです。

住宅の機能が良くなっている

また、10年前の住宅性能よりも現在の住宅性能が上がっていることを実感しているとのこと。これまで冬の時期は、窓の結露で奥様は苦労していたとのことですが、マンションに引っ越してから結露の処理に困らなくなったと言います。

またマンションのキッチンに備え付けられていたディスポーザーにも感動されたそうで、生ゴミの処理も楽になったといいます。10年前の戸建ても新築での購入だったそうなのですが、この10年間で住宅の性能は大きく向上していることを実感したそうです。

断捨離のきっかけになる

奥様曰く、老後の引っ越しは「断捨離」のきっかけになるのでおすすめだそうです。子供が独立してもそのまま何となく取っておいてしまったようなものも、この引っ越しがきっかけになり処分に踏み切ったといいます。

いつでも処分できるから、ということでなかなかタイミングを失っていたそうなのですが、引っ越しは断捨離のよいきっかけになるそうです。今では子供達のものも処分し、夫婦での生活がとてもシンプルになったとのこと。

マンションに住み替えて後悔したことは

マンションに住み替えて後悔したこと

逆に、マンションへの住み替えで後悔したことはあるのでしょうか。やはり良いことばかりではなく、後悔したこともあるのではないかと伺ってみました。ご夫婦からの回答は以下の通りでした。

  • 孫の足音に注意
  • 足腰が弱る

「後悔」というほどのことではないそうですが、この2つのことは想定していなかったそうです。

孫の足音に注意

マンションへ引っ越してからは、下のフロアの人への配慮が必要となります。特に老後にマンションへ引っ越す場合、子供の足音に関しては問題ないものの、「孫」の足音には注意が必要です。ご夫婦も孫の足音の件で、下の住人からクレームがあったそうです。戸建てに比べるとマンションではそのような上下、左右の住人への気遣いが必要になってくるのも事実です。

足腰が弱る

階段の上り下りがない分、足腰が弱っているなと、ここ最近感じているそうです。これまで不便だと感じていたそのような階段の上り下りも、実際には良い運動になっていたということですね。そのため、今ではマンションの6階からエレベーターを使わずに、階段でゴミ出しに行かれているそうです。

購入資金はどのように準備したか

マンション住み替え資金の準備

購入資金に関してはどうされたのでしょうか。

今回のご夫婦の場合、住み替え前の戸建てのローンは完済していたとのことで、今回のマンション購入のために再度ローンを組んだとのことです。ご主人は戸建てを購入した当時(10年前)と比べ、利息が大幅に下がっていることに驚かれていました。マンションを購入されたのは退職前とのことで、ローン審査にも問題なく通ったとのことでした。

マンションの場所選びの基準は?

マンション住み替えの場所選びの基準

引っ越し先の場所選びはどのようなことを基準に選んだのでしょうか。

今回のマンションを選ぶにあたり、「生活スタイルは変えたくない」という思いがあったため、以前住んでいた戸建てからそう遠くない場所を考えていたそうです。

また、ご主人としてはまだ退職はされていなかったため、通勤のため駅近を希望していたそうです。

住み替え前の戸建てはどうしたか

では、住み替え前の戸建てはどうしたのでしょうか?

このご夫婦の場合、息子さんご夫婦に賃貸されたそうです。息子さんご夫婦としても戸建てに安い賃料で住むことができ満足されているとのことで、将来的には息子さんご夫婦たちはその戸建て住宅を自分たちのものにして、建て替えることなども考えられているそうです。

ご両親としても、「子供や孫が近くにいてくれるなら…」と賛成のようです。

総合的に見て老後のマンションへの引っ越しは正解

総合的に見て老後のマンションへの引っ越しは正解

今回お話をうかがったご夫婦にとって、総合的に考えて今回のマンションへの引っ越しは正解だったそうです。

奥様としては階段の日々の上り下りがなくなったことは、これから先介護などが必要になるときにはもっと影響が出てくると語っていました。またご主人は、マンションを購入するなら価値の下がりにくい駅近をおすすめしたいとのこと。

「老後はマンションへ…」そう考えている方は、このご夫婦の意見も参考にしてみてくださいね。

 

あなたの不動産を得意とする不動産会社に出会うことが
不動産売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って
あなたの不動産が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

よくある疑問

Q.まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる?
A.査定してもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

Q.住宅ローン完済前だが、売却できる?
A.売却できます。ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。そのため、まずは査定を受けて住宅ローンの完済が可能かどうかを確かめましょう。

おすすめの一括査定サイトはこの5つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の5サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産
ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社
約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社
提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee
約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報の保護も安心
  • 売却査定以外も活用相談など豊富なサービス
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

一括査定で、あなたの
家を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,700社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します