不動産売却

マンション買取業者7つのメリットと買取業者に依頼すべき5つのケース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

マンション売却で業社に依頼する場合は、買取業社に依頼するのか、仲介業者に依頼するのか選ぶことができます。

買取業社に依頼すると、仲介業者よりもスピーディーに売却ができたり、修繕が不要だったりといくつかのメリットがあります。反面、仲介業者に依頼した場合よりも売値が安くなるので、基本的に仲介業者で売れない物件は買取業者に買い取ってもらうと考えると良いでしょう。

今回は、マンション買取業社と仲介業者の違い、マンション買取のメリットとデメリット、仲介業者よりも買取業社を選んだほうが良い場合などについてお伝えします。

不動産を高く早く確実に売るなら
利用無料一括査定サイトが便利です

大手のほか、地元に強い不動産会社から、最大6社を選んで無料で査定依頼できます。
一括査定のメリット
一括査定に関する疑問は、こちらの記事が参考になります

一括査定サイト「イエイ」を見てみる

当サイト「いえぽーと」から直接査定依頼も可能!

一括査定
あなたの不動産を
高く早く売却できる
会社が見つかる!
一括査定に進むカンタンな情報の入力だけです

不動産を高く早く確実に売るなら利用無料一括査定サイトが便利です

大手のほか、地元に強い不動産会社から、最大6社を選んで無料で査定依頼できます。
一括査定のメリット
一括査定に関する疑問は、
こちらの記事が参考になります

一括査定サイト
「イエイ」を見てみる

当サイト「いえぽーと」から
直接査定依頼も可能!

一括査定
あなたの不動産を
高く早く売却できる
会社が見つかる!
一括査定に進むカンタンな情報の入力だけです

マンション仲介業社と買取業者の概要

まず、仲介業者と買取業者の違いを確認しておきましょう。

仲介業者とは

仲介業者に依頼すると、不動産業者のホームページ等であなたの物件を広告してくれます。それを見た見込み客が複数集まり、売り手と合意することでマンションの売買がされます。

買取業社とは

仲介業者を介しての売却はメジャーな方法ですが、買取業者に依頼してマンションを売ることも可能です。仲介業者のように、売り手が現れるまで待つ必要もありませんし、買い手がつかないマンションを処分するのにも向いています。

ただ、仲介業者を介して売却するよりも売値が安くなってしまうデメリットはあります。時間の制約がないのであれば、仲介業者を介して売却を試み、無理であれば買取業者に買い取ってもらうようにすると損が少ないように思います。

マンション買取業者に依頼するメリットとデメリット

マンション買取業者のメリットとデメリットは次の通りです。

マンション買取業者のメリット

マンションをスピーディーに買い取ってもらえる

買取業者に依頼すると、遅くても1週間程度でマンションを買い取ってくれます。すぐに物件を売りたい人にとっては便利ですし、現金での支払いが基本ですから、すぐに現金を用意したい人にも向いています。

そのままの状態で買い取ってもらえるため修繕しなくても良い

仲介業者に依頼して他者にマンションを売却する場合、壁紙や畳を張り替えるなどリフォームをしなければいけません。買取業者に依頼した場合は、業社の方でリフォームを行ってくれます。修繕しなければいけない箇所が多く、費用を支払いたくない方にとっては恩恵が大きいかもしれません。

売却後のトラブルが少ない

査定をした上で業者が買い取るため、仲介業者を経由して第三者にマンションを売るときのように売り手と買い手の間で事後のトラブルが発生しにくくなります。

仲介手数料がかからない場合も

仲介業者を利用すると、マンション売却に協力してくれた業者に仲介手数料を払わなければなりませんが、買取業者に依頼した場合は仲介手数料が無料な場合もあります。

瑕疵担保責任を免除される

瑕疵(かし)担保責任とは、不動産売却後であっても一定期間は売り主が修繕の義務を負うことをいいます。売却後に飼い主とトラブルになれば、修繕費として最悪百万円単位のお金がかかるリスクもあるので、古い物件などは買取業者に依頼した方が良いかもしれません。

知り合いに知られることなくマンション売れる

不動産会社のホームページに物件情報を掲載してもらうと、誰でも閲覧できるので知り合いにマンションを売ろうとしていることがバレる可能性があります。買取業者に依頼する場合は、ホームページ等で物件情報を掲載する必要がないため、あなたが売却しようとしていることを第3者が知るすべはありません。

不動産投資をしていることを会社に知られたくない人などにとってはメリットでしょう。

内覧を受け付ける必要がない

不特定多数の買い手を募るわけではありませんから、当然内覧を誰かに希望されることはありません。

マンション買取業者のデメリット|仲介業者に頼むよりも売値が低い

マンション買取りをしてもらったときの価格は、仲介業者で売却できる金額の約70%です。金銭的に考えれば仲介業者に依頼したほうが得ですが、例えば次のようなケースでは買取業者を選んだ方が得をする可能性があります。

仲介業者よりも買取業者を選んだほうが良い場合

仲介業者ではなく買取業者に依頼をした方が良い場合についてお伝えします。

築年数が古い場合

築年数が古いマンションは、買取業者に買い取ってもらった方が良いかもしれません。大切に使っていれば、築年数が古くても室内をきれいに保つことは可能でしょう。

ただ、排水管や水道などの寿命は25年程度ですから、瑕疵担保責任が発生した場合に予想外の出費が発生する可能性があります。

マンションの状態が良くない場合

マンションの状態が悪く、大規模な修繕が必要な場合は、売却前に百万円単位のお金をリフォームに使わなければいけなくなる可能性もあります。リフォームをしたからといって、費用をかけた分高く売れるわけではありません。

リフォームをすることであまりに出費がかさむようであれば、価格が安くなろうが買取業者に依頼するのも1つの手です。

マンションをすぐに処分したい場合

仲介業者のように時間をかけて買い手を募る必要がありません。遅くても1週間程度で買い取ってくれますので、マンションをすぐに処分したい人は買取業者に依頼した方が良いでしょう。

立地が悪い場合

  • 駅まで時間がかかり交通の便が悪い
  • 人気がない地域にマンションがある
  • 治安が悪い

など、立地が悪いためにマンションに買い手がつかない場合もあります。仲介業者と媒介契約をしているのにもかかわらず、いつまでも買い手が現れないのであれば、値下げをしたり買取を検討したりといった対処をしていきましょう。

マンション買取を考えている人が検討したい2つのこと

ここまでの内容を踏まえて、最後にマンション買取を考えている人が検討しておきたいことを2点お伝えします。

仲介業社の利用も考える

買取業者に依頼した場合は、売値が下がるのがネックです。『仲介業者よりも買取業者を選んだほうが良い場合』に当てはまらないのであれば、仲介業者と媒介契約をし、見込み客に対して売却をした方が金銭面では得をします。

複数社に査定をしてもらう

仲介業者を介するよりも売値が下がるとはいえ、できるだけマンションは高く売りたいものです。買取業者に買い取りを依頼する場合は、複数業者に査定を依頼し、最もいい条件を提示してきた業社に売却するようにしましょう。

まとめ

今回は、マンション買取業者と仲介業者の違いをご説明した上で、買取業者のメリットとデメリット、買取業者に以来した方がいいケースなどについてお伝えしてきました。どちらの業者に依頼するべきか判断するには、まずはあなたのマンションの価値を把握しておかなければなりません。

まだ済ませていないのであれば、複数業者に査定を依頼し、マンションの価値を把握しておきましょう。

不動産を高く早く確実に売るなら
利用無料一括査定サイトが便利です

大手のほか、地元に強い不動産会社から、最大6社を選んで無料で査定依頼できます。
一括査定のメリット
よくある疑問
一括査定に関する疑問なら、こちらの記事も参考になります

一括査定サイト「イエイ」を見てみる

当サイト「いえぽーと」から直接査定依頼も可能!

一括査定
あなたの不動産を
高く早く売却できる
会社が見つかる!
一括査定に進むカンタンな情報の入力だけです

 

不動産を高く早く確実に売るなら利用無料一括査定サイトが便利です

大手のほか、地元に強い不動産会社から、最大6社を選んで無料で査定依頼できます。
一括査定のメリット
よくある疑問
一括査定に関する疑問なら、
こちらの記事も参考になります

一括査定サイト
「イエイ」を見てみる

当サイト「いえぽーと」から
直接査定依頼も可能!

一括査定
あなたの不動産を
高く早く売却できる
会社が見つかる!
一括査定に進むカンタンな情報の入力だけです