マンションの購入や売却をする際、まず初めに一体マンションの価格がいくらなのかという相場を知ることでしょう。マンションの相場を公表しているいくつかのサイトを確認したところ、マンションの相場は下記の表のようになっています。

表:マンション価格の相場(2017年8月時点)

北海道 青森県 岩手県 秋田県 宮城県 福島県
1800万円 1600万円 1400万円 1400万円 2,000万円 1,600万円
山形県 石川県 新潟県 富山県 長野県 福井県
1,700万円 1,600万円 900万円 1,400万円 1,200万円 1,500万円
山梨県 東京都 神奈川県 千葉県 埼玉県 群馬県
900万円 4,300万円 3,000万円 2,000万円 2,200万円 800万円
栃木県 茨城県 愛知県 静岡県 岐阜県 三重県
1,300万円 1,600万円 2,000万円 1,300万円 1,400万円 1,600万円
大阪府 兵庫県 京都府 滋賀県 奈良県 和歌山県
2,300万円 2,000万円 2,700万円 1,900万円 1,400万円 960万円
愛媛県 香川県 徳島県 高知県 広島県 岡山県
1,500万円 1,200万円 1,300万円 1,700万円 2,000万円 2,000万円
島根県 鳥取県 山口県 福岡県 佐賀県 長崎県
1,800万円 1,800万円 1,500万円 1,900万円 1,400万円 1,800万円
大分県 熊本県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県  
1,300万円 1,900万円 1,700万円 1,900万円 2,800万円  

参考:at homesuumoマンションエンジン

これはあくまですべての平均で、マンション1部屋の広さ(1R〜4DK)や地域、最寄駅からの距離などで大きく変動していきますので、あくまで目安としてお考え下さい。

では、これからマンションの購入・売却を考えている場合に、自分の住んでいる地域のマンション価格を知るにはどうすれば良いのでしょうか?

今回は、マンションの相場を知る方法と、マンションをできるだけ高く売る方法をご紹介していきます。

一括査定で、あなたの
マンションを高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

マンションの相場を調べる3つの方法

マンションの相場を調べる方法はいくつかありますが、その中でも比較的簡簡単に相場を調べることのできるものを3つ用意しましたので、参考にしてみてください。

マンションの相場を公表しているサイトを利用する

もっとも簡単にマンション価格を調べるには、実際の不動産取引をしている会社が公表しているサイトを利用するのが便利です。

1:マンションエンジン

引用元:マンションエンジン

不動産マーケティングを行う、株式会社マーキュリーが運営しているサイトです。主に新築マンションの相場を調べる事に特化しており、「面積別」「間取り別」など詳細な絞り込み検索ができるのが特徴的です。

2:suumo(スーモ)

引用元:suumo

株式会社リクルートが運営する、もっとも有名な不動産サイトの一つでしょう。全国のマンション価格を調べる事ができ、データ量も多いので、より厳密なマンション価格を調べる時の信頼性が高いと言えます。

3:at home(アットホーム)

引用元:at home

こちらもsuumo(スーモ)同様に、マンション価格を調べる際の信頼性が高いサイトと言えます。地域・路線の両方から探す事ができますので、自分が住んでいる地域のマンション価格をかなり絞り込んで検索することができます。

国土交通省|土地総合情報システムを使う

引用元:土地総合情報システム

これは不動産売却価格の取引価格、地価公示・都道府県地価調査の価格を検索することができます。マンションだけではなく「宅地」「土地「土地と建物」に加え、「農地」や「林地」も調べることができます。

一括査定サイトを利用する

一括査定サイトとは、ウェブ上でマンションの情報を入力すると、複数の不動産会社に一斉に査定依頼を出せるサービスを提供しているサイトのことです。

メリット デメリット
査定料が無料 全ての不動産会社が登録しているわけではない
一件ずつ査定する手間が省ける 営業電話が沢山くる
自分の条件に合った不動産会社が見つかる 優良な不動産会社だけではない
適正価格が簡単にわかる 査定額=売却額というわけではない
各不動産会社で競争が働き査定額が高くなる  

【関連記事】不動産売却の一括査定33サイトの比較|高く売却する具体的ステップ

この記事の後半でも一括査定サイトについて詳しくご紹介していますので、参考にしてください。

マンションの相場に影響を与えるポイント

冒頭でご紹介したマンションの相場では、価格にバラツキがあるのを確認できたと思いますが、なぜここまで大きな差が出るのか、相場に影響を与えるいくつかの要素をご紹介していきます。

住んでいる地域

マンションの相場に影響を与える要素として、マンションが建っている地域があります。地域によって土地の価値が全く違うためで、例えば東京であれば4,300万円であるのに対して、お隣の埼玉県では2,300万円になっています。

また、駅から徒歩何分の位置にあるのかでもマンションの価値は変動しますので、駅に近ければ近いほど高くなる傾向にはあります。

マンションの間取り

マンション1室の大きさも価格に影響を与えています。1Rや1DKであれば狭い分価格も安くなりますが、2LDKや4LDKともなれば5倍以上の値段になります。

東京都 1R~1K 1DK~2DK 2LDK~3DK 3LDK~4DK 4LDK以上
2,061万円 3,536万円 4,877万円 4,740万円 5,253万円
埼玉県 1R~1K 1DK~2DK 2LDK~3DK 3LDK~4DK 4LDK以上
768万円 1,464万円 1,885万円 2,338万円 2,723万円

参考:at home

新築か中古かでも変動する

これは当たり前かも知れませんが、新築の方がマンション価格は高くなります。下記の表は東日本不動産流通機構(通称REINES:レインズ)が公表しているデータですが、中古マンションの方がおおよそ半分の値段で取引されているのがわかります。

年度 新築価格(万円) 中古価格(万円) 築年数(年)
2006 3,864 2,294 17.08
2007 4,023 2,545 16.75
2008 3,787 2,566 16.51
2009 3,508 2,500 17.39
2010 3,486 2,581 17.67
2011 3,448 2,516 18.5
2012 3,412 2,515 19.01
2013 2,451 2,614 19.42
2014 3,415 2,789 19.66
2015 3,415 2,932 20.27
2016 3,561 3,078 20.38

参考:首都圏不動産流通市場の動向(2016年度)

その他

「管理費」「修繕費」などもマンション価格に影響がでます。管理費が高くなればマンション価格も上がりますし、大きな物件の修繕費ともなればかなり高額な値段が乗ってくる可能性はあるでしょう。

マンションの売却価格をできるだけ高くするには?

まずは売却価格を高めに設定しておく

モノを売る際の常套手段ですが、初めに「この価格で売りたい」という価格を設定しておきます。相場よりも高めで問題ないでしょう。その値段で売れればラッキーぐらいの気持ちでいないといけませんが、目標設定は高めにしておいて、もし売れなければ徐々に下げて行くのが良いかと思います。

売りやすい時期を選ぶ

一般的にはマンション売却に時期は関係ないとされていますが、それでも流通量が増える時期というものがあります。

2月~3月 引っ越しが増える時期
11月~12月 節税のために不動産を購入する人がいる

ただ、時期に関係なく時間をかけて検討している可能性もありますから、あなたが売りたい理由に応じてベストな売却のタイミングを考えることが大切ですね。

参考:マンション売却に適した時期と判断基準|タイミングよく売るための知識

売却期間はできるだけ短くする

マンションの売却期間が3ヶ月から6ヶ月で考えておくと良いとされています。不動産会社との媒介契約は3ヶ月更新ですし、半年~1年程度売れ残っている物件は敬遠される恐れがあります。

マンションの購入を考えている人が、1年程度売れていない物件を見ると、「人気のない売れ残る物件なんだな」と感じて興味を持ってくれない可能性があります。

また、不動産会社も長期間売れ残っている物件に力を入れてはくれません。物件を長期間売りに出していると、購入者も不動産会社も興味を持ってくれなくなるため、売却期間は3ヶ月~6ヶ月以内で考えましょう。

引用元:長期間売れ残っていると、「売れない理由があるんだな」と思われるリスクがある

仲介会社を選ぶ場合は地元の不動産会社を選ぶ

住宅やマンションを購入する際、8割以上が2キロ圏内に住む「近所の人」というデータがあります。これはマンション売却においては非常に重要なデータですので、地元の情報に強く販売実績のある不動産会社を選ぶのが良いといえます。

参考:不動産を「高く売る」ために知っておきたい大切なこと

中古マンションを売るなら買取会社を選ぶ

もし築年数の古いマンションを売却する場合は、買取業者に買い取ってもらった方が良いケースもあります。例えば、大きな修繕が必要な場合だと、売却前に百万円単位のお金をリフォームに使わなければいけなくなる可能性もあります。

リフォーム費用が高額になるのであれば、価格が安くなっても買取業者に依頼するのも有効です。

物件の良い点はアピールしておく

物件の良い点をアピールすることも有効な手段です。

  • 駅から歩いて5分
  • 近くのコンビニ・スーパーまで2分
  • 保育園まで100m
  • 花火が目の前で見える など
マンションの売却価格を高くする為の参考記事

相場を知って高値で売るなら一括査定サイトを活用

一括査定サイトを使うと相場がつかめるほか、いくつものメリットがあることはすでにお伝えしました。ここで改めて、一括査定サイトについてご紹介します。

あなたの不動産を得意とする不動産会社に出会うことが売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

よくある疑問

Q.まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる?
A.査定してもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

Q.住宅ローン完済前だが、売却できる?
A.売却できます。ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。そのため、まずは査定を受けて住宅ローンの完済が可能かどうかを確かめましょう。

おすすめの一括査定サイトはこの5つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の5サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報の保護も安心
  • 売却査定以外も活用相談など豊富なサービス
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

まとめ

今回マンションの相場を調べるいくつかの方法をご紹介してきましたが、一番手取り早いのはプロに査定をお願いする事です。不動産サイトはあくまで平均を算出しているに過ぎませんので、自分がマンションを売る際どの程度の値段になるのか、一度聞いてみてはいかがでしょうか。

【こちらの記事もおすすめ】
ここで差が出る!マンションの査定額を左右する10大要素
売れない中古マンションは値下げすべき?値下げ以外の対処法も徹底解説

一括査定で、あなたの
マンションを高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します