不動産売却

家が売れない原因5つと家を売れるようにするための対策5つ

売りに出した家に長期間買い手がつかず、困っている人は少なくないでしょう。家が売れないのには何か理由があるはずです。まずは原因を突き止めた上で、原因に応じた対処法を取っていきましょう。今回は、家が売れない原因とその対処法をお伝えします。

売れない不動産
売却できる不動産会社
見つかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

家が売れない原因5つ

家が売れない原因を理解し、どのような対策を講じていくか考えていきましょう。家が売れない原因には、例えば次のようなものがあります。

長期間売りに出しているから

長期間売りに出している物件は中々買い手がつきません。高い買い物ですから、家を買おうとする人は時間をかけて選びます。そんな時に長い間売りに出されているが物件があると、「売れてないんだな」気づかれる上に、「売れない理由があるんだろう」などと勘ぐられることもあります。結果、内覧に結びつきません。

さらに、不動産会社にとっても売れやすい物件の方が優先度が高いため、いつまでも売れない物件は後回しにされる恐れもあります。

価格が適正ではないから

価格は相場より高すぎても低すぎてもいけません。高すぎれば相場に近い物件の方にお客さんが流れますし、逆に安すぎても質が低いと思われてしまいます。相場はきちんと把握しておきましょう。

【関連記事】

▶『家の売却価格の相場を調べる方法|家を高く売るためのポイントと注意点

物件に問題があるから

外観がキレイではなかったり、家の中が散らかっていたりすると印象が悪くなります。内覧があっても成約には結びつかなくなっていまいますので、第一印象で損をしないようにしたいところです。

立地に問題があるから

  • 治安が悪い
  • 駅から離れている
  • 空気が悪い
  • 住宅地に向いていない

など、立地のせいで売れない場合もあります。

不動産会社との相性が良くないから

不動産会社選びは重要です。仮にあなたが売却価格設定を間違えていたとしても、相場を把握している不動産会社であれば止めに入り、売れる価格を提示してくるはずです。単に不動産会社に販売力がないケースもありますが、富裕層向けの住宅地販売に強い、ファミリー向けの住宅地販売に強い、といったように不動産会社ごとに得手不得手があります。

あなたが売却しようとしている家の性質と相性が良くなければ、売れないのも仕方がありません。

家を売るための対策5つ

家が売れるようにするための対策を5つお伝えします。

販売価格を下げる

販売価格を下げることで、候補に入れてくれる買い手は増えるでしょう。本望ではないかもしれませんが、いつまでも売れ残ってしまうほうが負担が大きいはずです。後述する買取よりは高い金額で売却できる可能性があるなら、検討すべきでしょう。

庭や玄関、水回り等をキレイにする

見た目から来る第一印象は強烈です。もし内覧はあるが価格交渉に結びつかないのであれば、整理整頓やクリーニングをするようにしましょう。自分でするのも良いですが、クリーニング業者に依頼をした方が取れない汚れまで取れるため、第一印象が見違えるように良くなります。生活でついた汚れが取れないときなどは検討してみると良いでしょう。

3ヶ月周期で作戦を変えていく

とは言え、買取業者に依頼をすると売却価格が下がってしまいます。売れない場合の最終手段として覚えておくと良いでしょう。まだ売れる余地があるのであれば工夫をするべきです。

家を売る際は3ヶ月スパンで物事を考えていきましょう。不動産会社と結ぶ媒介契約は契約期間が3ヶ月なので、他の会社に乗り換える際の節目にもなります。不動産会社を変えないのであれば、売却の期限を定めた上で、段階的に価格を下げていくなどの対策をしましょう。

不動産会社を変える

不動産会社を探す際は、次の点などに注目しましょう。

  • 電話の対応の丁寧さ
  • 知識の豊富さ
  • あなたの売ろうとしている家の性質との相性の良さ
  • 物件情報更新の更新頻度

また、根拠が無いのに高めの査定価格を提示してくる会社は注意が必要です。契約を取りたいがために都合の良いことを言っているのか、それとも理由があって高めの価格を提示しているのかを見極めましょう。

どうしても売れなければ買取業者に買い取ってもらう

立地や建物等に問題があり、どうしても売れないようであれば、仲介業者ではなく買取業者に依頼すると良いでしょう。仲介業者に依頼をして売却したときと比べると価格が70%程度になってしまう点はネックですが、瑕疵担保責任が免除されるため、売却後の修繕義務を負わないで済みます。

また、買い主が現れるのを待つ必要もないので、すぐに家を売却し現金化できるのもメリットです。

不動産会社を変更する際は一括査定サイトを利用して探す

前述した通り、家が売れないときは媒介契約が切れるタイミングで、不動産会社を変更してみるのも有効な手段です。せっかく変更するなら、あなたの家を得意とし、少しでも高値で売ってくれる不動産会社を探すべきでしょう。

あなたの不動産が得意な不動産会社を効率よく見つけ、高値での売却を成功させるためにオススメなのが、「一括査定サイト」の利用です。

一括査定サイトってどんなもの?

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ一括査定イメージ

一括査定サイトはココが便利
  • 複数社の査定価格を比べることで、最高価格相場がつかめる
  • 複数社に依頼することで、自分の不動産を得意とする業者に出会える確率が高まる
  • 効率よく売却活動が進められるうえ、利用も無料

不動産の売却におすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営がしっかりしていて信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

  • すまいValue…業界を代表する大手ばかりが集まった、信頼感抜群のサイト
  • イエイ…地元密着系の不動産会社にも強いサイト。安心して利用できるサービスも充実
  • おうちダイレクト一括査定…新興サイトながら大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力

さらに、ご自身の住まいに合わせて、以下のように一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域
すまいValue

おうちダイレクト一括査定
すまいValue

イエイ
イエイ

すまいValue(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。


国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

家が売れないのであれば、理由を特定した上で原因が解消するような対策をしていきましょう。長期間売りに出していても良いことはないので、3ヶ月を目処に価格を変えるなり、不動産会社を見直すなり対策をしていきましょう。

売れない不動産
売却できる不動産会社
見つかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します