この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • 家が3ヶ月以上売れずに困っている
  • 家を売るための対策を知りたい人
  • 何が何でも家を売却したい
こんなことがわかります
  • 家が売れない7つの原因
  • 原因別の家を売るための7つの対策
  • 売れない家におすすめの一括査定サイト

家を売りに出しているのになかなか売れないと、不安になりますよね。家が売れない理由はさまざまですが、第一に買い手が求める家でなければ、いつまでたっても売れません。そのため、売れるまで待つのではなく、まずは家の状態を確認し、売れやすくなるように必要に応じて対策を施してやる必要があります。うまくいけば、すぐに家が売れるようになるかもしれません。

まずは、家が売れない原因を把握することが大切です。単純に、家の状態に問題があるだけではなく、価格の付け方を間違えている可能性もあります。そのため、仲介する不動産会社も慎重に選ぶ必要があります。

理由を把握したうえで行動するのと、とりあえず行動するのとでは、対策レベルが大きく変わります。この記事を読めば、家を売れるようにするために行動できるようになり、買い手がつきやすくなるでしょう。

家が売れない理由7つと、売れるようにするための対策7つを解説していきます。

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

家が売れない7つの原因

家が売れない原因

家が売れない原因は、全部で7つあります。なぜ、その理由で家が売れにくくなるのかを含め、詳しく見ていきましょう。

価格が適正ではないから

価格は、家の価値を正確に反映していなければなりません。家の状態が悪いのに高額で売れることはあり得ないのです。また、価格が相場より高過ぎても低過ぎても売れにくくなります。

高過ぎれば買い手はほかの物件に流れてしまいますし、低すぎれば家の質が低いと思われてしまいます。そのため、相場を把握したうえで、適切な販売価格を設定することが大切です。

広告が買い手に届いていないから

家の広告が買い手に届いておらず、家の存在を知らないために売れないだけのケースもあります。不動産会社のウェブサイトだけではなく、レインズに掲載されているかどうか、確認が必要です。

用語チェック
レインズ
不動産流通機構が運営しているコンピューターネットワークシステム。売却物件の情報が登録され、全国各地の不動産業者がそれを閲覧できるようになっている。

また、暗い写真を使っていたり、ポスティングが不十分だったりすることも原因の一つです。どれだけよい家でも、買い手に情報が届かなければ購入にはつながりません。ここには不動産会社が良質かどうかも深く関係しているため、注意しましょう。

立地に問題があるから

どれだけ間取りや築年数の条件が買い手の希望と合致していても、立地に問題があると売れにくくなります。立地が悪いと、不要な交通費がかかったり、子育てに向いていなかったりします。ニーズを満たしにくい山奥の物件などは、どうしても売れにくくなるでしょう。

ライバルとなる物件があるから

ライバルとなる物件が同時に売りに出されている場合、売れにくくなります。同じ学区、町内などに同じような物件があれば、それだけ買い手が悩みやすくなり、購入決定まで時間がかかります。ほかのライバル物件が次々と売れていく場合、買い手のニーズを満たす何かがそこにあるのだと考えられるため、自分の広告内容の見直しが必要になります。

内見での対応が悪いから

内見での対応が悪いと、条件がマッチしていても買い手がつきにくくなります。買い手は、どのような人物が住んでいたのかを気にするためです。できれば気持ちのよい売り手から買いたいと、買い手は考えています。

また、そもそも内見に立ち会わなかった、というのもマイナスポイントになりがちです。買い手が「気を遣わずに自分たちだけでゆっくり見たい」というならもちろん立ち会う必要はありませんが、特にそういった状況でないなら、できるだけ立ち会って物件の良い点を伝えたほうが、購入には至りやすくなるでしょう。

不動産会社との相性が良くないから

不動産会社との相性が悪く、適切な価格設定や広告ができていない可能性があります。不動産会社によって得意分野は異なるため、戸建てなら戸建て、マンションならマンションと、ご自身の家のタイプを得意としている不動産会社を選びましょう。

長期間売りに出しているから

長期間売りに出している物件は、物件そのものに問題がなくても、長い間売れていないことで買い手を不安にさせてしまいます。データには示せない問題が何かあるのではないか、と思われてしまい、掲載期間が長いほどに買い手がつきにくくなるのです。

家を売るための7つの対策

家を売るための7つの対策

家を売れるようにするためには、原因に合わせて対策する必要があります。具体的な対策方法を詳しく見ていきましょう。

価格を見直す

家の価格を見直し、適正価格を付けましょう。高くすることで買い手が増えるケースもありますが、ほとんどの場合は価格を下げる必要があります。

相場よりも安すぎる場合は、価格を高くしてもいいでしょう。ただし、以前に物件情報を見た買い手としては、価格が高くなっても購入の決心がつきにくいため、ほかの買い手を狙った対策となります。

価格を見直すときは、築年数や間取り、立地などを踏まえ、妥当な価格設定を目指しましょう。周辺地域の相場に加え、自分の家ならではの特徴も含めて価格に反映することが大切です。

広告の内容を見直すよう不動産会社に依頼する

広告の内容に問題があると思われる場合は、広告の内容を見直すように不動産会社へ依頼しましょう。その際には、具体的にどの部分に問題があるか伝えることが大切です。「この部屋はこの角度から」「もっと写真を明るく」「宣伝文をこのように変えて」など、具体的に伝えることで対応してもらいやすくなります。

もちろん、不動産会社も売買のプロなので、広告の方法については心得ていますが、自分の家の特徴は自分が一番よく把握しているはずなので、不動産会社任せにせず、家が良く見えるようアピールしていきましょう。

なお、広告の訴求力が低いからといって、事実と異なる内容を書かせたり、写真を加工して見栄えを良くし過ぎたりしてはいけません。法律に触れるばかりか、内見の際に広告と現実のギャップが気になり、購入に踏み切れなくなります。

弱点をカバーできる強みを考える

家に、売れにくくなる弱点がある場合は、逆に強みを考えましょう。強みがあればあるほど、弱点をカバーできます。例えば、築年数が古くても日当たりがいい、断熱対策が施されており冬でも暖かいなど、居住に関する強みをアピールしましょう。

立地に関しても、特定の駅からのアクセス時間だけではなく、複数駅からのアクセスを記載するなど、魅力的に見せる方法はいろいろあります。

使いやすい間取りであることもアピールすべきところでしょう。間取りは、3LDKや4LDKなど、部屋数だけで示してしまいがちですが、「3LDKでもLDKが広々としているので、大空間で家族みんなでくつろげます」など、具体的なメリットを提示しましょう。

内見のための準備をする

内見のために、しっかり準備することが大切です。内見の対応が悪いと、せっかく購入に近づいてきてくれた買い手を手放してしまうことになります。まず、部屋をしっかり清掃し、不要なものは片づけましょう。物が乱雑に置かれていると、実際に住む光景をイメージできません。実際よりも質が悪い物件に見えてしまうでしょう。

生活必需品のテレビやソファ、テーブル、椅子などは、そのままにしておきましょう。そのほうが、生活している光景をイメージしやすくなります。

また、不用品は一時的にトランクルームに預けるなどして、収納の中に押し込まないことが大切です。収納スペースがどれぐらいあるか知りたいために、押し入れやクローゼットの中を見たいと言われる場合があります。

水回りの掃除

水回りの掃除が不十分だと、水垢やカビなどで汚れてしまいます。見た目の第一印象は、購入するかどうかを決める重要なポイントのため、すみずみまでキレイにしておくことが大切です。一度、徹底的に掃除をして、その状態を維持するといいでしょう。

掃除の時間がない場合は、ハウスクリーニングを依頼するのがおすすめです。まとめて、キッチンや浴室、トイレ、窓など、頑固な汚れが溜まるところをまとめてキレイにしてもらえます。

心地よく内見できる環境づくり

心地よく内見できるように、部屋を片付けておくだけではなく、部屋の照明も整えましょう。部屋が暗いと、買い手の気分が落ち込ませてしまうかもしれません。それが家の評価につながれば、購入してもらうことはできないでしょう。メインの照明だけではなく、間接照明などをところどころに取り入れて、心地よく内見できるようにしてください。

また、内見では基本的にどのようなところを見られてもいいような環境づくりが必要です。「ここは見せられない」と伝えると、何か問題があるのではないかと疑われてしまいます。疑問が残ったままでは、購入には踏み切れないでしょう。

不動産会社を変更する

仲介を依頼する不動産会社を変更するのも一つの手段です。

不動産会社を探すときは、複数の会社に相談しましょう。話の内容に説得力があり、知識も十分にあると思われる会社に依頼することが大切です。

変更する際は、次のようなポイントに注目してみてください。

自分の家を得意とする不動産会社に依頼する

これが最も重要なポイントです。自分の家のタイプを得意とする不動産会社に依頼すれば、早く買い手が見つかる可能性が高まります。自分の家があるエリアに詳しいというのも重視したい点です。

電話対応が丁寧か

電話対応が悪いと、商談時の対応も悪いと考えられます。顧客の利益を考えない対応が懸念されるため、避けたほうがいいでしょう。

何を聞いても詳しく答えてくれるか

相場や査定額の根拠など、何を聞いても詳しく答えてくれるか注目しましょう。知識が不足している場合、広告や査定の質が低く、結果的に買い手がつかなくなる可能性があります。

物件情報をこまめに更新しているか

物件情報の更新頻度が低いと、広告と現実に大きな差が生じ、内見の際に買い手をがっかりさせてしまう可能性があります。

売却活動をリスタートする

一度、広告を取り下げて、準備を万全に整えてから売却活動を再開する方法もあります。物件情報は、長く人の目にさらされているほどに、売却が不利になります。一度、悪い印象を持った物件は、内容が多少変わっているぐらいでは見向きされなくなります。

一度冷却期間を置いたうえで売りに出せば、新着物件として新鮮な目で買い手に見てもらえるようになり、結果として売れる可能性が高まるでしょう。

買い取り業者に依頼する

どうしても売れない場合は、買取業者に買い取ってもらうことを検討しましょう。仲介での売却の70%程度の価格しか付きませんが、スピーディーに売却できて、瑕疵担保責任も免除されるメリットがあります。買い手が現れるまで根気よく売却活動を続ける必要がないため、家が売れにくい場合には悪い選択肢ではないのです。

仲介よりも速やかに現金が入ってくるため、急いで資金を調達する必要がある人にとっても向いている方法です。

「家が売れない!」を避けるために|一括査定サイトで不動産会社を探す

家が売れない原因と対策についてお伝えしてきましたが、そもそも家が売れない状況になるのを避けるためには、やはり不動産会社選びが重要です。

適切な不動産会社に仲介を依頼すれば、きちんとした売却サポートが受けられるため、価格設定を誤ったり、広告の方法が不十分で買い手に情報が届かなかったりすることもなくなるでしょう。

ここでは適切な不動産会社選びの方法を解説していきます。すでに売却活動中で、不動産会社を変更することを検討している方も参考にしてください。

あなたの不動産を得意とする不動産会社に出会うことが売却の成功のカギ

不動産を売却する際は、不動産会社に仲介を依頼するのが一般的です。しかし、不動産会社ならどこでもいいわけではありません。あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

では、そのような不動産会社はどのように見つければいいのでしょうか?そこで役に立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使ってあなたの不動産が得意な不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ

不動産会社によって出す査定額はバラバラです。そのため、査定額が出たら金額はもちろん、その根拠も各社に尋ねて比較しましょう。上の図だと、細かい部分まできちんと評価して高額を出してくれているA社に依頼したくなりますね。

ただし、買い手が付かないような過剰に高い金額になっていないか、注意も必要です。高額査定はうれしいものですが、それに加えて納得のいく根拠を示してくれる不動産会社を見分けることが重要です。

このように、一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなるのです。

よくある疑問

Q.まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる?
A.査定してもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

Q.住宅ローン完済前だが、売却できる?
A.売却できます。ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。そのため、まずは査定を受けて住宅ローンの完済が可能かどうかを確かめましょう。

おすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

一括査定サイト名 おすすめポイント 登録不動産会社 対応エリア

【公式サイトへ】
業界を代表する大手ばかりが集まっており、信頼感抜群 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産 全国 ※一部未対応

【公式サイトへ】
登録会社数が多く、地元密着系の不動産会社にも強い。安心して利用できるサービスも充実 大手から地元密着系まで約1,700社 全国

【公式サイトへ】
大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力 ソニー不動産、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】

【公式サイトへ】


【公式サイトへ】
(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

家が売れないのには、必ず原因があります。その原因を突き止めて解消しない限り、家が売れない状況が続くかもしれません。不動産は高い買い物になるため、細部にまで妥協せずに選ぶ買い手がたくさんいます。

売り手としては、家の状況に合った価格設定や、丁寧な内覧の対応、魅力的に見せる工夫などが必要です。家が売れない原因に合わせて適切に対策し、早期の売却を目指しましょう。

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。

1,700社以上から最大6社に同時に査定依頼・比較が可能
▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します