三井のリハウスは、三井不動産リアルティが運営する個人向けの不動産仲介業者です。不動産の売買の仲介だけでなく、賃貸業のサポートや不動産のコンサルティング、戸建てやリノベーション分譲マンションの販売なども行っています。

1986~2018年まで33年間連続で全国売買仲介取扱件数No.1(2019年現在)という成果を上げており、全国に不動産会社は約12万件あるなかで、シェアは約20%を誇っています。

不動産売却の仲介を行っている業者はたくさんあるため、どこに依頼をしようか迷われる方も多いのではないでしょうか。また、物件を売却する際には、担当の営業マンの質も大いに関わってきます。質の良い営業マンが担当になってくれれば、安心して、そしてスムーズに不動産売却を行うことができます。

この記事では三井のリハウスの評判と、口コミ、さらに特徴を確認してみましょう。

いくらで売れる?三井のリハウス含む大手が査定します

・三井のリハウス
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介+(PLUS)
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産

6社計840店舗年間成約11万件以上の売却力。
《すまいValue公式サイト》

 

三井のリハウスの評判

 

早速、三井のリハウスの評判を見てみます。

三井のリハウスの評判

三井のリハウスの良い評判

1回の内覧で売却が決定

私たち夫婦は共働きで忙しく、すでに引越の日が決まっていたこともあり、見学希望の方に住まいをご案内できる日は限られていました。そんななか、なんとか日程を調整して開催できた1度の内覧会で早くも売却決定。聞けば、買主様に立地と外観をあらかじめご覧いただいた上で、ぜひ家のなかも見学したいという方を連れてきてくれたとのこと。リハウスさんのあざやかな段取りに感心しました。人生で初めて家を売ることに対して、不安や面倒を感じていましたが、ストレスなく売却に至り感謝しています。

引用:三井のリハウス

三井のリハウスの特徴として、「買い手の情報をしっかり持っている」という点が挙げられます。

本当に購入を検討しているのか、ただ内見したいだけなのか。これによって、売却までの期間は大きく変わってしまいますので、買い手の情報をきちんと把握しておくことは仲介業者として重要なポイントになります。

本気度の高い購入希望者を内見に案内できたからこそ、スムーズな売却ができたのでしょう。

営業マンの安心感

じつは以前に住まいを売却した時は、ようやく買い手が見つかったと思いきや、先方の資金の問題が発生して不調に終わり、またゼロからやり直した経験があります。そこで今回は、間違いがないよう三井さんに依頼。内覧会の時には、営業の方が買主様のご家庭の話をされていたり、内情をよくご存知のようで、買主様に信頼されている様子も伝わってきました。それを見て私たちの安心感も高まりましたね。その後、問題なくすべてを完了できましたが、強いて言えば、もう少し早く売却できていればよかったかな。

引用:三井のリハウス

こちらも、三井のリハウスが買い手の情報を持っていることがよくわかる口コミです。

三井のリハウスでは、購入の本気度のほか、資金計画がしっかりしているか、素性が不明でないかなども把握しています。

たくさん内見があったとしても、購入につながらなければ意味がありません。三井のリハウスの内見には、本気度の高い購入希望者が集まるようですね。

顧客情報が豊富

売却を依頼してから主人の海外赴任までの期間が大変短く、それまでに売却できるか心配でしたが、結果的に取り越し苦労でした。なぜ短期で成約できたのか。それは、三井さんの顧客情報が豊富だったからだと思います。わが家は少し不便な場所にあったので早期売却は難しいと考えていましたが、顧客のなかに、条件がぴったりの方がいらっしゃったとか。買主様は、自然が豊かで病院に近い家を探していたそうで、それがまさにわが家だったのです。おかげさまで引き渡しの翌日に渡航。本当に助かりました。

引用:三井のリハウス

こちらも顧客情報に関する評判です。大手だからこそ、自然に買い手の情報が集まるということが言えそうです。

一番頑張ってくれた

一般媒介契約でいくつかの不動産仲介会社に売却をお願いしました。そのなかで、いちばん熱心に動いてくれたのが三井の方でした。最初に電話で査定を依頼したところ、他社が口頭での回答だったのに対し、三井の方は翌日にはきちんと資料を送ってくれました。さらに数日後には家の写真を魅力的に撮っていただき「三井のリハウス」のホームページに掲載。その対応の良さと速さに驚きました。最終的に、いちばん努力してくれた三井さんを通して成約できたことは、世の中の道理が通ったようで嬉しく思います。

引用:三井のリハウス

不動産の売却においては、営業マンの対応も重要です。

不動産売却は人生で何度も経験することではありませんし、金額も大きいだけに、不安や心配は尽きません。

そんななか、あなたのために素早い対応をしてくれたり、親身になって相談に乗ってくれたりするのであれば、安心して売却を依頼できそうですね。

チラシの問い合わせから成約に

他社で半年かかっても売れなかった物件が、リハウスさんに依頼して1ヵ月で決まりました。このような結果になったのも、チラシやポスティングを毎週のように実施していただいたり、早期売却に向けたあらゆる活動を積極的に行ってくれたからだと思います。また、税務関係についても、的確なアドバイスとともに、税理士さんをご紹介いただいたおかげでスムーズに解決できました。私たちを担当された方は知識も豊富でスピード感もあって大変満足。ご紹介いただいた引越屋さんがもう少し安ければ満点でしたね。

引用:三井のリハウス

チラシなど早期売却に向けたあらゆる活動を行ってくれたというのは、見逃せないポイントです。

不動産売却では、「どれだけ高く売れるか」ということのほかに、「どれだけ早く売れるか」も大切だからです。

また、三井のリハウスでは、売却だけでなく税理士や引っ越しなど売却に関わることに関しても相談が可能です。トータルで相談できることも三井のリハウスの魅力のようですね。

一つひとつの説明に納得できた

家を売却するにあたり、たくさんの会社に査定を依頼しましたが、地域の事情に非常に詳しく、一つひとつの説明に納得できたリハウスさん一社にお願いすることに決めました。しかも、営業の方はみなさん宅建の資格を持っていたので、安心してお任せすることができました。売却開始からしばらくは、なかなか買い手が見つかりませんでしたが、「でんと構えていてください」と力強いお言葉。構造上の利点など、私たちが気づかない魅力を引き出していただいたこともあり、ほぼ希望価格での売却がかないました。

引用:三井のリハウス

信頼できる営業マンに出会えるかどうかはとても重要ですね。

買い手が見つからないと心配になってしまうこともあるかもしれませんが、そんなときに安心できる言葉をかけて、その通り成果を出してくれる営業マンは、「頼もしい」の一言に尽きるといえるでしょう。

チームワークがよい

支店のチームワークの良さに感心しました。担当してくれた方は話にブレがなく、何でも話しやすくて私たちの気持ちを大切にしてくださいました。買主様担当の方も対応が丁寧で、やはり私たちの話をよく聞いてくださいました。きちんと売主の立場に立って考えていただきましたが、一方で安全性の調査をするなど、買主様の立場にも立って行動される会社の姿勢がなにより素晴らしいと思いました。もしもまた、住み替えることがあったなら、今度は買主としてリハウスさんにお願いしてみたいですね。

引用:三井のリハウス

三井のリハウスのような大手の不動産会社は、売り手と買い手の両方を担当することも珍しくありません。

買い手だけに味方するのではなく、売り手・買い手両方のことを考えて仲介するのは、本当に顧客のことを考えてなければ難しいといえるでしょう。

こまめな連絡があった

売却前に遠方に転居していたため、電話でのやりとりが多かったのですが、さまざまな状況や経緯についてこまめにご連絡やレポートをいただき、日々安心感が高まっていきました。売却した家は子どもたちが生まれ育った家で、本当に大事にしてきたマンションでしたが、それを大切に扱っていただき感謝しています。また、リハウスさんのネットワークで見つけていただいた買主様も、遠方からの転居ということで、住まいに対する価値観で共感する点も多く、いい方を紹介していただけたことを嬉しく思います。

引用:三井のリハウス

こまめに連絡をくれるのも、売り手としてはうれしいポイントの一つ。

なかなか売却ができないと、反響はあるのか、あとどれくらいで売れそうなのかと、心配が募ります。

そんななか、連絡やレポートで状況・経緯をきちんと説明してくれる姿勢には好感が持てますね。

三井のリハウスに不満が残る評判

問題が多いと感じた

中古物件の仲介でお世話になりました。(IN 福岡県K市)

ただ、評価は最低ランクです。

一見丁寧な対応ですが、説明不十分、書類不備、近隣住民との調整問題など、

信頼できる会社とは言えません。

会社ではなく担当かもしれませんが、個の担当者の対応不十分であることを

会社が管理出来ていないことも問題。

高い仲介手数料を払う価値はもちろんないですし、出来れば避けたほうがいいと思います。

きちんと信頼できる担当者を紹介頂ける知人でもいると安心ですね。

私はその点では不愉快な思いをしましたし、実際に不動産売買にあたって、損失が大きいと感じました。

引用: 知ってる?不動産査定・売却の評判

丁寧さは見られたようですが、その他の対応で不満が残るという意見もあるようです。

ただ、説明が不十分、書類不備、近隣住民との調整問題などは、会社というよりは担当の営業マンに質によるところが大きいでしょう。

大手だからといって安心できるわけではないようですので、もし相性がよくないと感じたら、担当を変えてもらうことも検討しましょう。

査定額が低かった

今から3年前、2年近く掛かって世田谷の一軒家を売却し、江東区の枝川に中古マンションを見つけて、住みかえしました。

世田谷の家は、渋谷から私鉄線で5分、下北沢の隣駅でしかも駅近、100メートルちょっとの距離と言う申し分無い条件の家。

娘が湾岸の豊洲というところに勤務していましたから、結婚しないで定年まで働くから勤務先近くの中古マンションに買い替えたいと言います。

結婚以来住み慣れた家を離れ、湾岸に住み替えなんてまさに晴天の霹靂状態で驚きましたが、70代前半の健康な内に住み替えするなら、時期的には最後のチャンスです。

娘の会社には『提携法人割引制度』があるので、相談して3社の推薦をもらいました。

その中に「三井リハウス」が含まれていたので、買い物ついでに連絡して行き、相談しました。

流石に地元だけに調べが行き届いていて、キチンと概算を出してくれましたが、価格的にとても低かったのです。

その理由が「私道」「日照」「建蔽率」「解体」等々、とても細かくびっくりしました。

低い査定に娘が怒り出してしまい、他の会社に決めましたが、売却が済んでからも何時までもお誘いの手紙が来たので、とても変な気分になったのです。

引用: 知ってる?不動産査定・売却の評判

査定額は、3ヶ月以内に売れるであろう金額を予想したもので、会社によって異なることが通常です。

上記の評判からは、他社が高く見積もりをしてくれたのかどうかははっきりとわかりませんが、書き方からするとそのように見受けられます。

ただし、見積もりが高くてもその金額で売却できるかどうかはまったく別。売り出し価格から何度も値下げして、やっと成約に至ることも珍しくありません。

根拠を持って見積もりをしてくれるということがとても重要です。

売却活動に不満

売却依頼しても、折り込み広告無し。担当に聞いてもインターネット広告してますよって言って、ホームページとポータルサイトの掲載だけ。内見もなく、3ヶ月放置された感を感じ始めたところで、買取りを勧められ、手数料は上限額をしっかり請求されました。

買取り会社に直接なら手数料要らないし、ネットに載せるだけなら、手間もそんなにないし、放置期間中の住宅ローン分損した感しかない。査定額よりだいぶ下で売却するなら、あの査定は何だったの?

売却依頼したら、しっかり監視して精一杯やりますって約束した売却活動をしてもらいましょう。任せっきりは、はっきり言って怖いです。

引用:マンションコミュニティー

売却活動に不満が残っている方もいるようです。確かに、ホームページとポータルサイトだけの掲載ではそのような感想を持っても仕方のないことかもしれません。

ただし、レインズに掲載していないということは、一般媒介契約であったことが予想されます。

これは三井のリハウスだけに限ったことではありませんが、人気がない物件で一般媒介契約を結んだ場合、積極的に売却活動をしてくれないこともあります。

契約の種類で売却活動の積極性が変わるのは売主としては納得できるものではありませんが、不動産会社が営利企業であるのも事実。ケースに応じて媒介契約を見直したほうがよいこともあるようです。

営業担当に不満が

千葉県内のリハウスに年末からGW明けまで半年売却お願いしました。後半は空き家になり鍵を渡したら内覧あっても週一の報告書で終わり。詳細何も教えてもらえず…久しぶりに見に行ったら壁に取り付けてある暖房スイッチのカバーが大きく欠けていました。はじめから緩くはなっていたのですが、担当に問い合わせたら「僕は知りません。他業者に鍵を預けて内覧もあったからその時かもしれませんね。」で終わりでした!

信頼して鍵を預けたのにそういう時売主に許可とってからじゃないですか?普通。

あと思ったのは物件に対しての勉強不足です。内覧のお客様が構造の質問したら答えられないとか、当たり前でした。

しかも次は更新しないで他の業者にお願いするって言ったらいきなり態度変わるし。

どこでも一緒ですが担当者によりますね。

引用: マンションコミュニティー

担当営業の対応が悪ければ、不満が残ってしまっても仕方がありません。

大手だからといって、営業マンに任せっきりにすることは危険だとはっきりわかりますね。

不安が残ります。

只今、リハウスさんで専属専任にて売却最中です。

確か、業務処理状況の報告義務は週一以上とあるはずですが、担当者より定休日と重なるので一週間抜けると連絡があり、翌週に2本報告がメールして送信されてきました。

淡々とした態度で、契約と結ぶまでとは別人のようです。

これは、義務違反ではないのでしょうか?

内見が入る以外はこちらから連絡しないと梨の礫で約ひと月が過ぎました。

正直、不安です。

引用: マンションコミュニティー

こちらも、営業担当によって対応が変わることがわかる例ですね。必ずしも良い評判にあるような、信頼できる人ばかりではないようです。

オリコンの顧客満足度ランキングからわかる三井のリハウスの評判

三井のリハウスのオリコンから分かる評判

オリコンでは、2006年からさまざまな業種について、実際にサービスを利用した人からの満足度調査を実施しています。不動産売却もその一つ。

三井のリハウスは、オリコンではどのような評判を獲得しているのでしょうか。ここで確認してみましょう。

顧客満足度は8位と5位

三井のリハウスのオリコンランキング

引用: オリコン顧客満足度ランキング

2018年度の満足度ランキングでは、マンションでは8位、戸建てでは5位という結果になっています。

33年間連続で取り扱い件数1位という結果から考えると、この順位は低く感じられるかもしれませんが、点数がそこまで低くないことから考えても、上位との違いはわずかしかないといえるのではないでしょうか。

戸建ては売却サポート・契約手続きに強みあり

三井のリハウスの戸建てオリコンランキング

上の表は、戸建て売却における評価項目ごとのアンケート結果です。

順位と書かれたところは、各項目で上位3位に入れば表示がある欄で、「売却サポート」「契約手続き」「利用しやすさ」で上位を獲得していることがわかります。

マンションは弱点がない

三井のリハウスのオリコンマンションランキング

一方、マンション売却では、上位にランキングされている項目はありませんが、すべての項目で全体平均を上回っています。

全体平均と比べて大差はない

ただし、上の表からもわかる通り、三井のリハウスの満足度は戸建てもマンションも、全体平均と大きく差があるわけではありません。

すべての評価項目が平均的ということは、バランスが取れているともいえるでしょう。

三井不動産はあらゆる不動産を取り扱っていて、流通量も多いです。そのためには、すべての項目においてしっかりと対応しなければなりません。

突出しているところはありませんが、どのような項目に対しても平均的に対応していると理解してよいでしょう。

三井のリハウスの特徴

三井のリハウスの特徴

三井のリハウスは、1986年から2018年まで、33年間の長きにわたって全国売買仲介取扱件数No.1という実績を誇っています。

ここでは、なぜ三井のリハウスが長い間実績を出し続けられているのかについて紹介します。

分業制を採用している

三井のリハウスは、完全な分業制を取っています。不動産売却に必要な業務は、査定、契約、銀行の手続き、引き渡しなど多岐に渡りますが、三井のリハウスでは、そのすべての業務を一人の担当者が行うのではなく、業務ごとに担当を変えて行っていることが特徴として挙げられます。

業務の内容によって担当が変わることで、担当者がその業務に専念することができ、効率良く業務を行えます。スムーズに業務を行ってくれることは、売主にとってもストレスがないといえるのではないでしょうか。

購入希望者の情報を多く持っている

三井のリハウスは33年間連続で全国売買仲介取扱件数No.1ということもあり、毎月安定した数の購入検討者からの相談があります。平成28年4月~平成29年3月の平均月間購入相談数は1万人以上に上っています。

不動産売却を行う際、売主としては「買い手がつくだろうか」「買い手がついても高い値で買ってくれるだろうか」「できるだけ早い期間で売りたい」といった不安や希望があると思います。

三井のリハウスでの不動産購入検討者が多いということは、その分買い手が早く見つかるというということですし、また高値で売れる可能性が高まります。そのため、三井のリハウスで不動産売却を行うということで、売主の不安を解消できる可能性が高まります。

全員が宅地建物取引士の資格を持っている

三井のリハウスの仲介担当者は、全員が「宅地建物取引士」の資格を保有しています。

宅地建物取引士とは、国家資格の一つで、不動産会社が行う不動産の売買、または賃借の業務に関して、売主、買主等の利益の保護と円滑な不動産の流通に尽力するよう、公正かつ誠実に、宅地建取取引業法などに定める事務(重要事項の説明等)を行う、不動産取引事務の専門家のことを言います。

不動産の取引は、権利関係が複雑だったり、法令上の制限が多かったり、契約の取引条件が難解だったり、取引価格が高額だったりと、一般の人がクリアするには難しい課題が多いので、利用者保護の観点から不動産売買の仲介を行う事業所では「5人に1人が宅地建物取引士」であることが求められています。

宅地建物取引士は不動産の売買において、売主と買主に重要事項を説明する義務があります。もし説明義務を果たさずに売主や買主に損害を与えてしまった場合は、不法行為者として損害賠償の責任を負います。不動産の売却には法律の制度など一般の人にはわかりづらいことがたくさんあります。疑問点が出てきたときに、担当者がきちんとした知識に基づいて対応してくれるのは、売主としては非常に安心できることではないでしょうか。

幅広く売却活動をしてくれる

三井のリハウスの売却活動も多岐に渡っています。三井のリハウスのホームページでの掲載は当然ながら、「スーモ」や「at home」などの人気不動産ポータルサイトへの掲載や、新聞折り込み広告、ポスティング広告を実施しています。

またオープンハウス(現地内覧会)も開催しており、購入検討者が不動産を実際に確認することで、写真だけでは伝わらない物件の細部まで確認できるようにしています。

サポート体制が整っている

不動産の売却を行う際には、面倒な手続きや作業が多いことを懸念されている方も多いと思いますが、そのような人のために三井のリハウスでは「 お任せパッケージ 」というサービスを提供しています。

お任せパッケージ」では、不動産売却をする際の売主のさまざまな手間を削減することができます。例えば、相続などで遠隔地に所有する不動産を売却する際は、通常であれば不動産エリア近郊の不動産会社に売却の依頼をする必要があります。お任せパッケージであれば、現在住んでいる地域の三井のリハウス窓口で相談し、売却を行うことができます。さらに売却時に必要となる測量、登記などの手続きや、不用品の処分や掃除までも専門家と連携して行ってくれます。

また、サポート体制は「お任せパッケージ」だけではありません。不動産を売却した際には、買主に満足して使ってもらえるかという不安もあるかと思います。三井のリハウスではそのような売主のために、さまざまなサービスを提供しています。

戸建てを売却する際には、土地も売却することになりますが、その際に境界線のトラブルが起こらないよう、事前に測量のプロが境界や地積をチェックし、無償で仮測量図を作成してくれます。さらに売却後に、エアコンや給湯器などの設備の不具合が発覚した場合、修理費・交換費のうち一定額を三井のリハウスが負担してくれます。雨漏りやシロアリの害への対応や、耐震性、地盤や土壌の検査など、購入の後の買主の満足度につながるサポートも整えています。

三井のリハウスで不動産の売却を検討中の方へ

三井のリハウスでの不動産売却を考えているのであれば、『すまいValue』という一括査定サイトを利用するのがおすすめです。

一括査定サイトとは、売却したい不動産の価格査定を複数の不動産会社に一括で依頼できるサービスのことで、『すまいValue』は、三井のリハウスを含む日本最大手の不動産会社6社に一括査定を依頼できる唯一のサイトです。

三井のリハウスに査定依頼できるのはもちろんのこと、その他の不動産会社にも査定依頼することで、査定結果やその根拠、担当者の対応・レベルを比較できるので、より安全で確実な不動産会社選びが可能になります。

すまいValueで一括査定できる不動産会社

  • 三井のリハウス
  • 住友不動産販売
  • 東急リバブル
  • 野村の仲介+(PLUS)
  • 三菱地所ハウスネット
  • 小田急不動産

以下から、すまいValueに査定依頼できるのでご覧になってください。

また、もっと不動産会社を比較したい方のために、『おうちダイレクト』という一括査定サイトもご紹介します。『おうちダイレクト』は、すまいバリューで査定できる不動産会社とかぶりがない、大手~中堅クラスの不動産会社9社に査定依頼できる一括査定サイトです。

2つの査定サイトを利用することで、より多くの不動産会社を比較できます。気になる方は、以下の公式サイトから査定申込みしてみましょう。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

まとめ

不動産を売却する際にはとても大きな金額が動くため、どの業者に依頼するか迷うのは自然なことです。複数の業者を比較することが大切ですが、最大手である三井のリハウスは弱点が少なく、あらゆる面で平均かそれ以上のサービスを提供してくれることが期待できるので、他社を含めて比較をする際にとても参考になります。まずは査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

いくらで売れる?三井のリハウス含む大手が査定します

・三井のリハウス
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村の仲介+(PLUS)
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産

6社計840店舗年間成約11万件以上の売却力。
《すまいValue公式サイト》