不動産売却

土地売却時の仕訳方法に関する知識とパターン別仕訳例5つ

土地売却時の仕訳では、固定資産売却損益勘定を使いましょう。固定資産売却損益勘定とは、自動車、土地、建物などの固定資産を売買した際に使う勘定項目のことです。

土地は非課税ですが建物は課税対象のため、土地と建物を同時に売却する際は別々に仕訳します。

今回は、土地を売却した際の仕訳方法や、仕訳の例をご説明していきます。確定申告が必要かどうかまだ確認していない方は、『不動産売却で確定申告が必要な人の対象条件と申告の方法と手順』をご確認ください。

【関連記事】
不動産売却の税金の計算方法と控除を受けるための必要な知識
土地の売却時にかかる税金の計算方法と節税に繋がる6つの特別控除
田舎の土地を売却する方法|売れない土地は所有し続けない方が良い?

所有する土地を高く、スムーズに売るためには?

一括査定サイトで複数社の査定を受けてみましょう。
査定価格の比較ができ、売却時の税金や費用の相談もできます。

一括査定のメリット一括査定のメリット

一括査定サイト『イエイ』(←ここから査定できます)

  • ※査定=売却決定ではありません
  • ※オリンピック前後まで値上がりし、今は売り時といわれています

一括査定で、あなたの
土地が最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

土地売却にかかる消費税と仲介手数料の計算方法

具体的な仕訳方法をお伝えする前に、土地売却時に発生する消費税や仲介手数料について確認しておきましょう。

建物売却で発生する消費税の計算方法

土地は消費されないため非課税ですが、事業者や不動産投資家が建物を売却する際は消費税が発生します。

土地 建物
個人 非課税 非課税
事業者(不動産投資を含む) 非課税 課税対象

また、建物売買時に消費税を払うのは買い手ですが、収めるのは売り手です。そのため、土地と一緒に建物を売却した場合は消費税を含めた金額を帳簿に記入する必要があります。建物の売却価格に0.08をかけて消費税額を計算しましょう。土地の売却価格にも消費税率をかけないよう注意してください。

【関連記事】

▶『土地を売却したときに消費税はかかる?不動産売却に課される税の種類

仲介手数料の計算方法

仲介手数料は実際にかかった金額を記入しましょう。仲介手数料の上限額に関しては次のように決められています。

売買価格 仲介手数料
200万円以下 売却価格の5.4%以内
200万円超え~400万円以下 売却価格の4.32%以内
400万円を超える 売却価格の3.24%以内

参考:大阪府|宅地建物取引業者が宅地又は建物の売買等に関して受けることができる報酬の額

今回の仕訳の例では、仲介手数料の割合を次のように仮定して計算をしていきます。

  • 4%:売却価格が200万円超え~400万円以下の場合
  • 3%:売却価格が400万円を超える場合

土地を売却したら固定資産売却損益勘定を使う

土地を売却した場合は固定資産売却損益勘定を使います。ここでは、簿価400万円の土地を売却した前提で仕訳の例をお伝えします。

仕訳の例1|簿価よりも売却価格が高い場合

土地の価格が高騰し、500万円で売れたとしましょう。仲介手数料を売却価格の3%とすると、仕訳は通りです。

借方 貸方
現金            4,850,000 土地            4,000,000
支払手数料          150,000 固定資産売却益       1,000,000

仕訳の例2|簿価よりも売却価格が低い場合

土地が300万円でしか売れなかったとしましょう。仲介手数料が売却価格の4%とすると、次のような仕訳になります。

借方 貸方
現金            2,880,000 土地            4,000,000
支払手数料          120,000
固定資産売却損       1,000,000

どちらのケースも、土地を売却しただけなので消費税は発生しません。

土地と建物を同時に売却する場合は別々に仕訳する

土地と建物を同時に売却した際の仕訳を確認していきましょう。次の前提で計算をしていきます。

  • 土地の簿価:400万円
  • 建物の簿価:300万円
  • 売り主:事業者(建物売却で消費税が発生)
  • 仲介手数料:売却価格の3%
  • 消費税:建物の売却価格の8%

仕訳の例1|土地と建物共に売却益が発生した場合

土地が500(+100)万円、建物が350(+50)万円、合計850万円で売れたとすると仕訳は次の通りです。消費税は建物の売却価格にしかかからないので、350万円に消費税率(0.08)をかけて28万円の仮受消費税となります。全体の売却価格850万円の3%にあたる25.5万円が仲介手数料です。

借方 貸方
現金            8,525,000 土地            4,000,000
支払手数料          255,000 固定資産売却益       1,000,000
建物            3,000,000
固定資産売却益        500,000
仮受消費税          280,000

仕訳の例2|土地と建物共に売却損が発生した場合

土地が350(-50)万円、建物が200(-100)万円で合計650万円でしか売却できなかった場合の仕訳について考えていきましょう。

簿価を逆仕訳する場合、売却価格(土地:350万円、建物:200万円)と売却損(土地:50万円、建物:100万円)を分けて貸方に記入します。建物の売却価格は200万円なので、消費税は16万円です。全体の売却価格650万円の3%である19.5万円が仲介手数料です。

借方 貸方
現金            6,465,000 土地            3,500,000
支払手数料          195,000 建物            2,000,000
固定資産売却損        500,000 土地             500,000
固定資産売却損       1,000,000 建物            1,000,000
仮受消費税          160,000

仕訳の例3|土地は売却益が発生したが建物は売却損が発生した場合

土地が500(+100)万円で、建物が200(-100)万円で売れて売却価格が700万円だった場合の仕訳は次の通りです。建物は100万円の売却損があるので、上の例と同様分けて貸方に記入します。建物の売却価格が200万円のため消費税は16万円、全体の売却価格700万円の3%にあたる21万円が仲介手数料です。

借方 貸方
現金            6,950,000 土地            4,000,000
支払手数料          210,000 固定資産売却益       1,000,000
固定資産売却損       1,000,000 建物            2,000,000
建物            1,000,000
仮受消費税          160,000

土地を売却する際は税金や控除枠、非課税枠について押さえておく

土地売却時は税金がかかりますので、あらかじめいくら課税されるのか把握し出費に備える必要があります。また、高額なお金が動きますから、特別控除枠や非課税枠についても把握しておきたいところです。詳しくは関連記事をご確認ください。

【関連記事】
不動産売却の税金の計算方法と控除を受けるための必要な知識
土地の売却時にかかる税金の計算方法と節税に繋がる6つの特別控除
田舎の土地を売却する方法|売れない土地は所有し続けない方が良い?

まとめ

この記事で特に大切なのは次の点です。

  • 土地を売却する際は、固定資産売却損益で仕訳をしましょう。
  • 土地と建物は別々に仕訳する
  • 土地は非課税だが、建物は課税対象になる場合がある
  • 売却損が出た場合は売却価格と売却損を分けて記入する
  • 税金や控除枠、非課税枠について把握しておく

不動産を高く・効率よく売るなら一括査定サイトが便利です

あなたの不動産が得意な不動産会社を効率よく見つけ、高値での売却を成功させるためにオススメなのが、「一括査定サイト」の利用です。

一括査定サイトってどんなもの?

不動産の一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、一度に複数の不動産会社に査定依頼ができるというものです。物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。

一括査定イメージ一括査定イメージ

一括査定サイトはココが便利
  • 複数社の査定価格を比べることで、最高価格相場がつかめる
  • 複数社に依頼することで、自分の不動産を得意とする業者に出会える確率が高まる
  • 効率よく売却活動が進められるうえ、利用も無料

不動産の売却におすすめの一括査定サイトは「すまいValue」「イエイ」「おうちダイレクト一括査定」

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営がしっかりしていて信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の3サイトです。

  • すまいValue…業界を代表する大手ばかりが集まった、信頼感抜群のサイト
  • イエイ…地元密着系の不動産会社にも強いサイト。安心して利用できるサービスも充実
  • おうちダイレクト一括査定…新興サイトながら大手9社が登録しており、ヤフーのネットワークを使った売却支援も強力

さらに、ご自身の住まいに合わせて、以下のように一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域
すまいValue

おうちダイレクト一括査定
すまいValue

イエイ
イエイ

すまいValue(地域により未対応)

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産
約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社
ヤフーとソニー不動産が共同運営する新興査定サイト。大手企業9社による一括査定と独自の販売サポートが魅力
おすすめポイント
  • ヤフー検索も含めたオリジナルの販売網
  • 個性豊かな大手企業9社による一括査定
  • このサービスでしか依頼できない企業も
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※大手のみ
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

一括査定で、あなたの
土地が最高いくらで
売れるか
わかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します