不動産会社の選び方

野村の仲介+(PLUS)の人気ランキングと売却サポート内容まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

野村の仲介+(PLUS)(のむらのちゅうかいぷらす)とは、野村不動産アーバンネット株式会社のブランドで住宅流通事業をしています。

具体的には、住宅の売却と購入と住みかえに関するサポートをしていて、首都圏と関西圏に店舗をかまえています。

この記事では、野村の仲介+が不動産仲介業の中でどんな評価を受けているのか、またどのような売却サポートがあるのかをご紹介いたします。

参考:野村の仲介+ 店舗のご案内

そのほかの大手不動産会社についても知りたい方は、「大手不動産会社のランキングと不動産売却時の注意点まとめ」もご覧ください。

大手不動産会社の不動産査定を受けたい方へ

複数の会社の査定を効率よく受けるなら、一括査定サイトが役に立ちます。

不動産一括査定 不動産一括査定

  • ※東京オリンピックに向けて、不動産価格が値上がり傾向にある今は売り時といわれています。
  • ※査定=売却決定ではないのでご安心ください。

野村の仲介+(PLUS)はオリコン顧客満足度ランキングで2年連続1位

オリコンでは不動産売却の仲介業務の顧客満足度ランキングが公表されていますが、野村の仲介は不動産売却ランキングで戸建て・マンションともに1位となっています。

戸建てランキング

引用:オリコン 不動産仲介 売却 戸建てのランキング・比較

もちろんマンションにおける顧客度満足度も高く、こちらは住友林業ホームサービスに次いで2位です。

マンションランキング

引用:オリコン 不動産仲介 売却 マンションのランキング・比較

オリコンで確認できる利用者の声

同じくオリコンでは利用者の声が確認できますので、一部ご紹介させていただきます。

【戸建て売却の利用者の声】

・営業の対応が他社より早く親切-50代男性

・手続き等わかりやすく、丁寧だった。-60代以上女性

・よく足を運んでくれて、話を聞いてくれた。-40代女性

引用-オリコン 野村の仲介+ 不動産仲介 売却 戸建ての比較・評判

野村の仲介+のが用意する6つの売却サポート

不動産の売却をするときには、流れごとに面倒なことがたくさんあります。売却前の土地の測定や経年劣化などでの建物の不具合の補修、そして売却時には買ってもらえるようにキレイにしなければなりません。

野村の仲介+では、売主さん向けにそういった悩みを助けてくれるサポートサービスが用意されています。

  • 【土地診断】土地の境界線を調べる
  • 【補修保証】建物の不具合を検査、補修・保障をしてくれる
  • 荷物一時預かり】内覧時に家財などの物を預かってくれる
  • ホームステージング】好印象を持ってもらうためのインテリアコーディネイト
  • ハウスクリーニング・ハウスコーティング】物件をプロの業者がキレイにしてくれる

土地診断

土地診断では以下のようなことをしてくれます。

  • 境界標があるかどうかの確認
  • 越境があるかどうかの確認
  • 仮測量図の作製
  • 敷地内の高低差の測量

不動産売却では、土地に関するトラブル発生は考えうる事象です。地面に線が引かれているわけではないために、境界の「しるし」として境界標という杭を設置するのですが、その有無を確認したり、屋根や木が隣の家の土地を超えてたり、超えられてたりという「越境」の有無を確認しておくことで、売買取引後に問題とならないようにするのです。

また土地の広さ、高低さも把握しておくことで、売却活動において、購入希望者の土地活用計画の助けになります。

補修保証

戸建・マンション・土地。それぞれの売却不動産に応じて、補修保証サービスを受けることができます。例えば戸建であれば、雨漏り、シロアリの害については、専門家による検査、補修をする必要があります。

ただ、この費用を野村の仲介+が負担してくれますし、引き渡し後に建物になにか不具合があるとわかった場合、引き渡しから最長5年間、最大500万円までの保証が受けられるのです。

通常であれば瑕疵担保責任で、売主が負担せざるを得ないトラブルでも助けてくれることから、売主としてはもちろん、買主にとっても保証を受けられるという点でメリットがあります。

保証一覧

戸建ての保証:建物保証
雨漏り・シロアリの害等々、5万円まで補修費用を出してもらえる
物件引き渡しから最長5年間が保証期間
保証額は最大500万円
マンションの保証:住宅設備保証
住宅設備に関して、5万円まで補修費用を出してもらえる
物件引き渡しから最長5年間が保証期間
設備機器ごとに保証額が設定されていて、最大10万円
土地の保証:埋没物撤去保証
地中にある埋没物の検査にかかる費用を負担してくれる
引き渡しから6か月間、最大200万円の保証を受けられる

荷物一時預かり

購入希望者が内覧しにきてくれるときに、キレイに片付いていれば良い印象をもってくれます。預けられる荷物は10点なので、すべての荷物を預けるわけにはいきませんが、使わない荷物を一時的に預けるだけでもすっきりとするでしょう。

ホームステージング

せっかく内覧しにいらっしゃるのですから、より良い物件に見せたいものです。ホームステージングでは、物件におしゃれな家具などを置くことでインテリアコーディネートをし、購入希望者が見て魅力的だと思える空間をつくってくれます。

ハウスクリーニング・ハウスコーティング

ハウスクリーニングとハウスコーディングのどちらかを選択することができ、その費用も野村の仲介+が負担してくれます。

物件をキレイにしておくことで内覧の際にはイメージアップを図れますし、購入希望者も中古とはわかっていても、やっぱりきれいな方が良いですから、こういうところで費用の削減を行えるのはうれしいですね。

買い替えの際に使えるサポートについて

不動産売却では、住み替えが前提の方も多いですが、売却したい物件がなかなか売れないと困りますよね。売却した得たお金を住み替える物件の購入費に充てたい場合、「買替保証」と「つなぎ融資」が受けられます。

買替保証

買替保証というのは、期間内中の売却ができなかった場合に前もって決めておいた金額で野村の仲介のほうで物件(マンション・戸建て・土地)を買い取りしてくれるというものです。買取保証での額は査定額より低くなってしまいますが、確実に新しく住む物件の購入費用を用意できるので、住み替え前提であればセーフティネットとして考えておくといいでしょう。

買替保証の適用基準

引用:野村の仲介+ 買替保証とは?

つなぎ融資

つなぎ融資は、住居の住み替えをおこなうときに有効なもので、売却物件の決済が終了するまでの間、一時的な融資を受けられる、というものです。

新しく家を購入するにもそれなりのお金がかかりますし、ひとによっては所有している不動産を売却して得たお金を購入資金の一部として計画することもあります。

そういう場合、売却がなかなかできないと資金繰りに困ってしまいますから、売却してお金が入ってくるまでの代わりの資金として「つなぎ融資」が役立つのです。

つなぎ融資を受ける条件として、前述の買替保証を利用する必要があります。

つなぎ融資の適用基準

引用:野村の仲介+ 買替保証とは?

野村不動産アーバンネットの不動産ポータルサイト「ノムコム」

野村不動産アーバンネットの不動産ポータルサイト、ノムコムでは不動産を「買いたい」、「売りたい」という人たちのために不動産売買に関する情報を公開しています。

インターネットサイト、ノムコムのHP 引用:ノムコム

ノムコムに会員登録している人は17万人を突破していて、購入希望者は会員登録をすることで、新着物件の情報をメールで自動的に入手出来たり、気になった物件を「お気に入り物件リスト」として、保存することができます。

売る側としては物件の写真や動画を公開することができるので、購入希望者へのアピールにもなりますし、なにより会員数の多さから集客力が高いです。その他にも、売却したい物件のスピード査定や売却に関する相談、また周辺にある売り出し中の物件情報の検索もできます。

また不動産売却に関する諸知識を手に入れられるので、まだ売却に関してはそんなに考えていないという人でも、勉強にもなるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

戸建、マンションともに売却の仲介業にて満足度の高い、「野村の仲介+」。いろいろな仲介業者が存在する中で選ばれている仲介業者としての安心感は絶大です。

ただ、業者選びに関しては、ほかにもいくつか相談をしたり、査定をしてじっくり決めたほうがいいでしょう。

もちろん、野村の仲介+も有力な選択肢の一つになるでしょうけれど、もしかしたらあなたの物件をより良く売却してくれる業者が他にも存在しているかもしれません。

不動産の売却は、購入と同じ人生で大きな出来事です。業者選びも慎重にしましょう。

【関連記事】大手不動産会社のランキングと不動産売却時の注意点まとめ

大手不動産会社の不動産査定を受けたい方へ

複数の会社の査定を効率よく受けるなら、一括査定サイトが役に立ちます。

不動産一括査定 不動産一括査定

  • ※東京オリンピックに向けて、不動産価格が値上がり傾向にある今は売り時といわれています。
  • ※査定=売却決定ではないのでご安心ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る