土地を売却する際はまず値段を知る必要があり、そのためには査定を受けることになります。

土地の相場がわからなければ査定額が適切かどうか判断しにくいので、査定前に一度調べておきましょう。また、相場を把握して査定を受けたとしても、不動産会社とあなたの土地の相性が良くなければ、いつまでたっても売れなかったり、安売りをしたりするおそれもあります。不動産会社は複数社検討し、その中でベストと思われるものを選びたいものです。

今回は、土地売却をするに当たって必ず押さえていく上で知っておくべき価格の種類をお伝えした上で、土地の相場を調べる方法や査定を受ける際に知っておくべきことをお伝えします。

売れない土地
売却できる不動産会社
見つかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

土地売却時に知っておきたい6つの価格

土地の相場を調べたり査定を受けたりする際に、次のような用語がよく出てきます。スムーズにリサーチをするためにも、次の価格は押さえておきましょう。

時価

土地の売買契約が成立した際の価格のことです。

地価公示価格

国土交通省が年に1度公示する価格のことです。行政が設定する価格のため精度が高く、民間で取引をする際も相場を知るための指標の1 つとして参考にされています。ただ、あくまで更地の価格を示すものであって建物の価格は考慮されていません。この点は覚えておきましょう。

路線価

相続税や贈与税が発生する際に指標となる価格です。道路に対してつけられる価格で、この路線価を元に1平方メートルあたりの宅地価格が計算されます。

平米単価

一平方メートルあたりの土地評価額のことを平米単価といいます。

坪単価

文字通り1坪あたりの土地評価額のことです。

売り出し価格

土地を売り出す際に売り主が提示する価格のことです。価格交渉になることを前提として金額を決めましょう。

価格に関してのまとめ

土地の相場を知る際は価格ごとの違いを理解した上で、地価公示価格・路線価・平米単価・坪単価を参照しましょう。これらの価格がわかっていれば、査定額や売り出し価格が適切かどうかある程度見極められるようになります。

冒頭でお伝えしたように、査定を受ける前に土地の相場を確認しておく必要があるわけですが、具体的にどうやって調べれば良いのでしょうか。次でお伝えします。

土地価格の相場を調べる方法

査定を受ける前に相場を調べる方は主に次の2つです。

土地総合情報システムで調べる

国土交通省が運営するサイトに、土地総合情報システムというものがあります。このサイトには次の2種類の検索機能があります。

  1. 不動産取引価格情報検索|実際にいくらで取引されたのか検索できる
  2. 地価公示都道府県地価調査|地価公示価格を調べられる

不動産鑑定士や不動産会社などの話し合いに基づいた取引価格であるため精度は高いのですが、すべての土地価格が公示されているわけではないため、不動産会社のサイトや査定を使い、あなたの土地のより精密な価格を把握していくことになります。

不動産会社のサイトで調べる

不動産会社の相場検索機能を使って調べる方法です。手軽に相場を調べられますが、不動産の値段は土地と建物それぞれの値段で決まります。もしあなたが売却する予定の土地の上に建物が建っているのであれば、どんな建物が建っているのか、建物自体はどのくらいの価値があるのか、ということも念頭に置いておく必要があります。

更地を売却しようと考えているのであれば、土地価格の相場だけ押さえておけば大丈夫です。相場検索ができる不動産サイトに関しては、例えば次のようなものがあります。

【関連記事】
▶『マンションを売却する際の相場とできるだけ高く売る7つのポイント

上記の方法で相場を調べることもできますが、相場はあくまで参考にすぎません。価格に関して精度の高い情報を得るのであれば、査定を受けることになります。以下では、査定を検討している人が押さえておいた方が良いポイントを3つお伝えします。

査定を受ける際に理解しておきたい不動産売却に関する3つのこと

査定を受ける前に、不動産売却をするにあたって知っておいた方が良いポイントは次の通りです。

費用について把握しておく

査定に費用はかかりません。ただ、査定を受けた後に不動産会社に仲介をお願いしたり、販売前にリフォームや修繕をしたりするのであれば費用が発生します。特に仲介料に関しては工夫次第で安くできますので、出費を抑えるためにも理解はしておいた方が良いでしょう。詳しくは『不動産売却に必要な手数料と費用の知識と安く抑える方法』でご説明します。

税金について把握しておく

不動産を売却する際は、不動産譲渡所得税、消費税、登録免許税等の税金が発生します。不動産売却時に発生する税金を知っておかないと、予想外の出費になってしまいます。必要であれば『不動産売却の税金の計算方法と控除を受けるための必要な知識』も併せてご確認ください。

必要書類を把握しておく

今すぐ用意する必要はありませんが、査定を受ける際は身分証明書、土地側面図、境界確認書類、建物図面等いくつか必要な書類があります。査定を依頼する際に不動産会社から指示を受けて用意するのも構いませんが、もし前知識として確認しておきたいのであれば、『不動産売却における必要書類と書類を揃える上での注意点』も参考にしてみてください。

一括査定サイトを利用するメリット・デメリット

最近では不動産の一括査定サイトが増えてきています。このサービスを利用すると、一度申し込めば複数の不動産会社から査定を受けられるため、自力で複数社に査定を依頼する手間を省いたり、査定額が高い会社を探したりできます。

引用元:かしこい不動産売却・土地活用のための総合ポータルサイト|不動産売却における一括査定サイトの仕組みと賢い利用方法

一括査定サイトの主なメリット・デメリットは次の通りです。それぞれ確認していきましょう。

メリット デメリット
・無料で利用できる
・複数の不動産会社に依頼する手間が省ける
・査定額が高い不動産会社を探せる
・すべての不動産会社が一括査定サイトに登録しているわけではない
・営業の電話がかかってくる
・査定額=売却価格になるわけではない

一括査定サイトを使うメリット

無料で利用できる

一括査定サイトの会社は、登録している不動産会社からもらっている顧問料等を運営資金としています。したがって、査定を受ける側から集金をしなくても運営していくことが可能です。

複数の不動産会社に依頼する手間が省ける

査定を依頼する際は、次のような手続きや手間が必要です。

  • 個人情報・不動産情報の入力
  • 不動産会社を見つける

一括査定サイトを利用すれば、上記の手間がかかりません。また、サービスを利用する際は候補の中から見積もりを依頼する会社を選べますので、望まない会社に対して無差別に依頼される心配はいりません。

査定額が高い不動産会社を探せる

不動産会社によって査定額に100万円以上の差が開く場合があります。土地を売却するのであれば、できるだけ高い値段で売りたいですよね。ただ、査定額が高かったからといって仲介契約を結ぶというのはよくありません。契約を結ぶために高めの額を提示していることもありますので、価格の根拠が理にかなっているかどうかは質問をすることで確認しておいた方が良いでしょう。

一括査定サイトを使うデメリット

すべての不動産会社が一括査定サイトに登録しているわけではない

一括査定サイトがすべての不動産会社を網羅しているわけではないという点は注意が必要です。査定してもらいたい会社があって、なおかつ登録がされていないのであれば、別途査定依頼をすることになるでしょう。

営業の電話がかかってくる

査定を依頼した不動産会社から電話がかかってきます。一括で依頼できる便利さはありますが、一度に複数社の不動産会社とやり取り・調整をしなければいけなくなります。

査定額=売却価格になるわけではない

メリットのところでお伝えした通り、査定額が高いというだけで飛びつくのは危険です。必ず査定額の根拠を確認しましょう。

【関連記事】
▶『不動産売却における一括査定サイトの仕組みと賢い利用方法

おすすめの一括査定サイト

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営がしっかりしていて信頼できる10サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、土地の売却に向いているのは以下の3サイトです。

  • イエイ…地元密着系の不動産会社にも強いサイト。安心して利用できるサービスも充実
  • イエウール…登録企業数と利用者数が多く、サイトの使いやすさにも定評あり
  • すまいValue…業界を代表する大手ばかりが集まった、信頼感抜群のサイト

さらに、ご自身の住まいに合わせて、以下のように一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

首都圏や京阪神 政令指定都市などの大都市 比較的人口が少ない地域
イエイ

すまいValue
イエイ

すまいValue
イエイ

イエウール

各サイトの特徴は以下の通りです。

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

まとめ

土地を売却するためには、いくらで売却できそうなのか把握するために相場を調べたり査定を受けたりすることになります。一括査定サイトを利用すれば、一社ずつ査定を依頼する手間が省けて、なおかつ高い売却価格で売れそうな不動産会社を複数社から探すこともできます。

ただ、査定額の根拠は必ず理解しておくべきです。都合の良いことを言っていないかどうか判断するためにも、最低限の不動産売却知識は身につけておきましょう。

売れない土地
売却できる不動産会社
見つかります。

1,700社以上の優良不動産会社のなかから最大6社を選んで
同時に査定に出せるので、比較がしやすい!

     
一括査定に進むカンタン・60秒で完了します