この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • これから土地を査定しようとしている
  • 土地を査定できるサイトを知りたい
  • 土地の査定額がどうやって決まるか知りたい
こんなことがわかります
  • 土地を査定する前に知っておくべき注意点
  • おすすめの土地査定サイトの組み合わせ
  • 土地の査定額の決まり方

土地の売却を考えたとき、まずは不動産会社の査定を受けるのが一般的です。すでに売却を決めている場合でも、査定額を見てから売却するかどうか決める場合でも、土地の価格を知るための査定は必須のステップになってきます。

では、実際に不動産会社に査定を依頼する際は、どのように進めたらよいのでしょうか。付き合いのある不動産会社がある方もいらっしゃるかもしれませんが、「不動産会社に査定依頼といってもどこの不動産会社に頼めばよいのかわからない」という方も多いのではないでしょうか。

そうした方のために、自分の土地の査定対応が可能な不動産会社を簡単に見つけ、実際に査定依頼する方法をご紹介していきます。また、査定は基本的に不動産会社任せで大丈夫ですが、出てきた査定結果に対しては、自分自身の厳しい目でチェックしていく必要があります。そのため、査定額の決まり方についても知っておいたほうがよいでしょう。この点もあわせて解説していきます。

一括査定で、あなたの
土地を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,700社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

土地の査定を受けるときの2つの方法

土地の査定を不動産会社に依頼する方法は、主に2つあります。

一括査定サイトを利用する

一括査定サイトとは、インターネットで自分の土地や個人の情報を入力するだけで、同時に複数の不動産会社に査定依頼ができるというものです。入力された土地情報から査定可能な不動産会社が自動ではじき出されるので、好みの会社を選んで依頼するという仕組みです。利用は無料で、会員登録なども必要ありません。

一括査定イメージ

一括査定サイトを使うメリットは?

不動産会社に詳しくなくても、自分の土地を査定してくれる不動産会社を自動的に見つけられるうえ、それらに同時に査定を依頼できるので、査定価格がわかるまでが非常にスムーズです。

また、不動産会社の比較ができるというのも大きなメリットです。土地の査定額は不動産会社によって異なるため、きちんとした根拠を示してくれる不動産会社の査定額を参考にする必要がありますが、個別に不動産会社に依頼していると、手間がかかって比較が難しくなってしまいます。

一括査定サイトであれば、査定結果が大体同じタイミングで出てくるので、各社の査定根拠も比較しやすく、結果として適正な土地の販売価格も見えやすくなってくるということです。

また、査定後に土地売却の仲介依頼も検討しているなら、一緒に売却活動を進めていく営業担当者との相性も大切になっていきます。一括査定サイトは、各社の営業担当者の対応も比較できるのが便利なポイントです。

おすすめの一括査定サイト5つと組み合わせ例

一括査定サイトといっても、ネットで検索するとたくさんのサイトが出てくるので、どれを使えばいいのか迷ってしまうところだと思います。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、以下の5サイトを特におすすめしています。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・対応エリアが大都市部に限られる
9社・団体
・ソニー不動産
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
東京
神奈川
埼玉
千葉
大阪
兵庫
京都
奈良
愛知
札幌市
福岡市
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,700社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,700社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏・札幌市・福岡市 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「おうちダイレクト」と「イエイ」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。

国内不動産流通の4割を占める超大手不動産会社6社が運営する一括査定サイト
おすすめポイント
  • 査定依頼件数10万件以上
  • 2017年度、年間仲介成約件数11万件以上
  • 6社合計で約840店舗
利用者数 年間成約件数11万件以上
運営開始年 2016年
提携不動産会社数 6社 ※最大手のみ
最大査定数 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

ヤフーとソニー不動産が共同運営。月間訪問者数約1,100万人Yahoo!不動産に物件が掲載されるので買い手に情報が届きやすい
おすすめポイント
  • Yahoo!JAPANの月間ページビューは約155億
  • 有名・安心の大手企業が多数参加
  • フランチャイズで地元密着企業まで網羅
利用者数 データなし
運営開始年 2015年
提携不動産会社数 9社 ※個別のフランチャイズ店舗は別途
最大査定数 9社
対応エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、兵庫、京都、奈良、愛知、札幌市、福岡市
運営会社 ヤフー株式会社・ソニー不動産株式会社

約1,700社との提携で地元・中堅企業まで充実!ユーザー目線に立った各種サポートが豊富で査定時も安心
イエイ
おすすめポイント
  • 悪徳業者を排除する「イエローカード制」を採用
  • 地元・中堅企業まで網羅した約1,700の提携企業
  • 査定後のお断り代行サービスも実施
利用者数 400万人以上
運営開始年 2007年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

提携企業数約1,700社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト。地域密着の地元・中堅企業も豊富に見つかる
おすすめポイント
  • 大手から地域密着の不動産会社まで見つかる
  • 業界屈指の提携企業数約1,700社
  • チャット形式で査定依頼までカンタンに進む
利用者数 1,000万人以上
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,700社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

約1,400社との提携で全国を幅広くカバー。対応外の地域があった場合はスタッフが査定してくれる会社を探してくれる
リビンマッチ
おすすめポイント
  • 大手から地元密着型まで約1,400の良質企業が参加
  • プライバシーマーク取得で個人情報をしっかり保護
  • 上場企業の運営で安心感あり
利用者数 約440万人
運営開始年 2014年
提携不動産会社数 約1,400社
最大査定数 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

不動産会社に直接依頼する

気になる不動産会社に直接査定を依頼してみる、という方法です。最初から仲介まで依頼しようと決めている不動産会社があったり、付き合いのある不動産会社があったりする場合には、この方法を選んでみてもよいでしょう。大手から中堅の不動産会社であれば、公式ホームページ上で査定依頼できるようにしているところも多いです。

ただし、よほど1つの不動産会社に決め込んでいるわけではない限りは、できるだけ複数の不動産会社に査定を依頼するようにしてください。1つの不動産会社が出す査定結果が、必ずしも正しいとは限らないからです。複数社のさまざまな査定結果を比較したほうが、より良い査定結果を出してくれる不動産会社に出会える確率が高まりますし、どのぐらいが自分の土地の価格として妥当なのかも見えやすくなります。

複数社に査定依頼する場合、個別の不動産会社にバラバラに連絡するのは手間がかかってしまうので、一括査定サイトを利用したほうがよいかもしれません。

土地の査定額はどうやって決まるの?

土地査定額の決まり方

土地の査定は、基本的には不動産会社に任せておけば査定結果が出てきますが、それが適切なのかどうかを自分自身で確かめるためにも、査定額の決まり方について基本的なことは知っておいたほうがよいでしょう。

ここでは、土地の査定をするときに用いられる基本的な手法と、土地の査定価格に影響を与える主な要素を見ていきます。

土地の査定は「取引事例比較法」を使う

土地の査定は「取引事例比較法」を使うことが一般的です。

取引事例比較法では、査定を依頼された土地と条件が近い過去の成約事例から単価を算出し、そこに面積をかけて査定額のベースの金額を出します。そして、ベースの金額に「査定に影響を与える」要素を加味し、加算したり減算したりして査定額を算出するのです。

取引事例法が一般的である理由は、 宅地建物取引業法 で、査定額について意見を述べるときには根拠を明らかにしなければならないと規定されており、その根拠として「取引事例比較法」を利用することが、国土交通省が作成した「 宅地建物取引業法の解釈・運用の考え方 」によって勧められているからです。

土地の査定に影響を与える要素

査定に影響を与える要素は次のとおりです。

交通アクセスのよさまたは悪さ

駅までやバス停までの距離、さらにバス停の運行便数を考慮します。

当然ですが、距離が近い、運行便数が多い方が、査定額は高くなります。

近隣の住環境、都市機能、自然環境

近隣の住環境は周辺が住宅地か、商業地かなどが考慮されます。

さらに住宅地であっても、優良住宅地か一般住宅地価などによって評価が分かれる点には注意が必要です。

さらに、店舗までの距離や公共施設の利便性、日当たりのよさなども考慮され価格に反映されます。

街路状況

前面道路の接道面や方位、車両が侵入可能かどうか、周辺道路が整備されているかなどが考慮されます。

土地の形や位置

整形・やや不整形・不整形など、土地の形状や、前面道路との高低差、高圧線下地かどうか、都市計画道路予定地かどうかなどを考慮し、価格に反映させます。

土地の査定を依頼するときに事前に把握しておきたいこと

土地の査定依頼は難しいものではありませんが、査定結果が出た後に慌てないよう、事前に把握しておいたほうがよいことがいくつかあります。

費用について把握しておく

土地の査定は無料ですが、査定をしてもらった後に売却仲介を依頼すると、仲介手数料が発生します。仲介手数料は売買が成立した後に支払うことになります。

仲介手数料以外にもいくつかの諸費用がかかりますので、以下の記事をチェックしてみてください。

【関連記事】 不動産売却にかかる費用一覧|手数料・税金・その他諸費用までチェック

税金について把握しておく

土地を売却して利益が出ると、所得税などを納付しなければなりません。不動産会社の営業担当者もフォローはしてくれますが、納付漏れや「思ったより高額だった…」ということにならないよう、事前におおよその税額だけでも把握しておいたほうが安心です。

土地売却で発生する税金については以下の記事にまとめてあります。

【関連記事】 土地売却の税金は所得税と住民税と印紙税の3つ | 課税額の求め方まとめ

必要書類を把握しておく

土地を売却するときには、売主自身が集めなければならないさまざまな書類があります。きちんとそろっていないと売却手続きがスムーズに進まず、場合によっては売買契約自体が成立しないということにもなりかねません。必要書類についてもきちんと把握しておきましょう。

【関連記事】 不動産売却の必要書類をチェック!書類集めの注意点も確認しよう

まとめ

土地の査定は、複数の不動産会社に依頼して査定結果を比較することが大切です。その際に便利なのが一括査定サイトです。一括査定サイトを活用して、効率よく査定進めてみてください。

査定は無料で不動産会社が進めてくれますが、何かおかしな点や納得がいかない点があったときに、自分で気づいて指摘できるよう、基本的な査定額の決まり方はあなたご自身も知っておくほうが安心です。また、査定後に仲介を依頼して売却活動に入る場合、費用や税金がかかったり、書類が必要になってきたりしますので、後で慌てないように査定前に把握しておくとよいでしょう。

【関連記事】
田舎の土地を売却する方法|「売れない土地」を売るために必要なこととは?
土地売買の流れ完全ガイド|査定・契約・費用の注意点まとめ

一括査定で、あなたの
土地を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,700社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します