不動産の売却価格を決めようとすれば査定を受けることになりますが、その際には次のような疑問が湧いてくる事があります。

  • 無料の査定で本当に大丈夫なのか?
  • 一括査定サイトは便利な点だけでなく、デメリットもあるんじゃないか?
  • 結局どうやって契約を結ぶ業者を決めればいいのかピンとこない

業者選びを間違えると、不動産が売れ残ったりたり高く売れなかったりするリスクがあるので、契約を結ぶ業者は次の2点を満たしているものを選びましょう。

  • あなたが査定を受けようとしている不動産と相性が良い
  • 似た条件の物件の販売力がある

今回は、不動産査定を使いこなして後悔しない不動産売却をするために知っておくべき知識をお伝えします。

 

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,000社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します

個人の不動産売却では無料査定を使えば良い理由

不動産査定には有料のものと無料のものがあります。

  • 「有料の方が信頼できるんじゃないか」
  • 「でも有料だと出費がかさみそう」

といった心配事もあるかもしれません。ただ、有料査定と無料査定はそもそも用途が違います。結論からいうと、個人の不動産売却であれば無料査定を使って大丈夫です。ここでは、念のため有料査定と無料査定の違いをご説明しておきます。

不動産有料査定の特徴と用途

不動産鑑定士という国家資格を持つ人がしてくれる査定です。難関の資格なので、名前だけは聞いたことがある人も多いかもしれません。

このような専門知識を持つ人たちに、お金を支払ってまで査定をしてもらうシチュエーションとは、例えば次のような場合です。

  • 相続で揉めており、確度の高い不動産価格を知りたい時
  • 会社間で不動産を適正な金額で取引する時

相続で故人の財産を分配する際に揉めることがあります。そんな時は不動産の価格を正確に把握しておくことで、平等に遺産を分配しやすくなります。

また、会社間で不動産を取引する場合も、適切な価格がわかっていなければ、どちらかが損をしてしまいます。これは事業の存続に関わることですので、絶対に把握しておかなければなりません。

不動産無料査定の特徴と用途

一方、不動産会社の査定は無料です。なぜ無料なのでしょうか?結論から言うと集客のためです。

不動産会社視点で考えてみましょう。確かに、査定だけでは利益が発生しません。しかし、査定を受けた人が媒介契約を結んでくれて、売買契約が成立すれば、不動産の売却価格に応じて仲介手数料を得られます。査定を無料にして気軽に査定をしてもらった方が不動産会社は見込み客を集められます。不動産をする際は最終的に不動産会社と契約をすることになり、無料で査定をしているのは不動産会社です。

したがって、不動産売却が目的であれば、無料の査定を受ければOKです。

不動産無料一括査定のメリットとデメリット

不動産売却をする際は無料の査定を受ければ良いということがわかりました。ただ、上記でお伝えしたように無料査定は営業活動の一環ですので、査定額を知る際に利用することに変わりはありませんが注意するべきこともあります。

査定を受ける際は、自力で不動産会社を探して一社ずつ依頼する方法と、不動産一括査定サイトを利用する方法があります。

依頼したい不動産会社がすでに決まっているのであれば自力で査定依頼をするのでも構いませんが、そうでなければ一括査定を使った方が、少ない手間で複数業者を比較検討できます。

ここでは、不動産無料一括査定のメリットとデメリットをそれぞれ確認していきましょう。

不動産無料一括査定を受けるメリット

一社ずつ査定依頼をする手間が省ける

自力で不動産会社を探す場合、少なくとも次の作業が発生します。

  • 不動産会社を探す
  • 評判を調べる
  • 査定依頼をする

この作業が査定依頼をする会社の数だけ発生しますので、複数社検討して良さそうな業者を見つけたい場合ほど時間のロスになります。一括査定を利用すれば、一度個人情報を入力して査定依頼をすることで、複数社に査定依頼が届きます。

あなたと相性が良い不動産会社を自分の目で見て確かめられる

インターネット上の評判や業者のHPだけでは、その情報が本当に信頼できるか疑問に思ったことはないでしょうか?

特に不動産売却の場合は動く額も大きいので、慎重にならない方が不自然です。一括で査定をすると手間が省けるものの、実際に担当者がやってきて査定をしてくれます。

その人はどんな対応をするのか、親身になってくれるのか、誠実な説明をしてくれるのか、といったことをあなたの目で直接確認できます。

自分で依頼しても確認はできますが、一度に複数社が依頼に来てくれる一括査定の方が、手間もかからないので忙しい方には特におすすめです。

不動産無料一括査定を受けるデメリット

複数業者から一度に連絡が来るので、最初は忙しい

一括査定なので仕方ないところではありますが、依頼後は一度に複数社から連絡が来るので、対応に追われるかもしれません。また、契約を結ぶために電話で勧誘してくる業者もあるので、そこは面倒くさく感じる心配があります。

ただ、不要なものをきっぱりと断りさえすれば実害はないでしょう。

評判が良くない不動産会社に当たってしまう場合もある

査定を依頼する会社に関して、最低限のリサーチはしておきましょう。不動産業界に限らず、好感の持てる企業とそうでない企業があるのはあなたもすでに体感していることかと思います。電話や査定時の対応を見て、これはダメだと思ったらきっぱり断っていきましょう。

すべての業者に申し込めるわけではない

依頼したい業者が決まっている方は、一括査定とは別に依頼を出すことになります。一括査定サイトにすべての業者が参加しているわけではないためです。

【関連記事】
▶『不動産売却における一括査定サイトの仕組みと賢い利用方法

おすすめの一括査定サイトはこの6つ|組み合わせ例も紹介

一括査定サイトは、比較的よく知られているものだけでも30以上。どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

いえぽーと編集部では、運営歴の長さや利用者数の多さから、信頼できる11サイトをセレクトし、利用をおすすめしています。

そのなかでも、特におすすめなのは以下の6サイトです。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

HOME4U

公式サイトへ
【長所】
・業界で最も運営歴が長く信頼感アリ
・NTTグループの運営で情報保護も含めて安心

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,300社 全国 約700万人
/2001年
 
【おすすめ度】
★★★★★

おうちダイレクト

公式サイトへ
【長所】
・月間訪問者数約1,100万人の「Yahoo!不動産」への掲載で強力な広告力
・売却エージェント制に特色があるSRE不動産(旧ソニー不動産)に唯一、一括査定依頼可能

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり

・SRE不動産
 (旧ソニー不動産)
・大京穴吹不動産
・大成有楽不動産販売
・ロイヤルハウジング
・ポラスグループ
・東宝ハウスグループ
・オークラヤ住宅
・CENTURY 21
・大阪宅建協会
・京急不動産
ほか

全国
※一部未対応
データなし
/2015年
 
【おすすめ度】
★★★★★

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,000社 全国 400万人以上
/2007年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,600社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,600社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

リビンマッチ

公式サイトへ
【長所】
・希望地域が対応外の場合、スタッフが査定してくれる会社を探してくれる

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,400社 全国 約440万人
/2014年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られているので、あなたにとって最適な会社がそこだけで見つかるとは限りません。複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏などの大都市部 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

HOME4U
公式サイトへ

おうちダイレクト
公式サイトへ
イエイ
公式サイトへ

イエウール
公式サイトへ

リビンマッチ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「HOME4U」と「おうちダイレクト」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

各サイトの特徴は以下の通りです。

すまいValue

おすすめ度
           

国内の不動産流通4割を占める超大手6社が直営する一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. ネームバリューのある不動産会社に仲介依頼したい
  2. 売却対象の物件が人口の多い都市にある
  3. スピーディーかつ確実に売却を実現したい

査定依頼数は累計18万件以上、2018年度の仲介成約件数は11万件以上。
6社合わせて約870の店舗で全国の査定・仲介依頼に幅広く対応。
宅地建物取引士の保有率は96%を越え、安心・安全な取引を実現。

利用者数 年間成約件数11万件以上 運営開始年 2016年
提携不動産会社 6社 ※最大手のみ
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 三井不動産リアルティ、住友不動産販売、東急リバブル、野村不動産アーバンネット、三菱地所ハウスネット、小田急不動産

HOME4U

おすすめ度
           

業界で最も長い運営歴があるNTTグループの一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
HOME4U
こんな人におすすめ
  1. 大手にも地元密着にもバランスよく査定依頼したい
  2. 厳しい審査に通った不動産会社のなかから選びたい
  3. 情報セキュリティに安心感があるサイトを使いたい

運営開始が2001年と業界最年長の一括査定サイト。
厳選した不動産会社のみと提携し、悪徳業者は徹底排除。
NTTグループの運営で個人情報保護などの面でも安心感あり。

利用者数 700万人以上 運営開始年 2001年
提携不動産会社 約1,300社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社NTTデータ・スマートソーシング

おうちダイレクト

おすすめ度
           

Yahoo!とソニーグループが共同運営する一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. 3大都市圏で不動産売却を検討中
  2. Yahoo!不動産で幅広く宣伝してみたい
  3. 大手から中堅・地場まで幅広く査定してほしい

月間訪問者数約1,100万人のYahoo!不動産に物件情報を掲載可能。
Yahoo!JAPAN自体の月間ページビューは約155億にも上り、
多くの買い手に情報が届く強力な広告力を誇ります。

利用者数 データなし 運営開始年 2015年
提携不動産会社 SRE不動産(旧ソニー不動産)、大京穴吹不動産、大成有楽不動産販売、ロイヤルハウジング、ポラスグループ、東宝ハウスグループ、オークラヤ住宅、CENTURY 21、大阪宅建協会、京急不動産 ほか
最大同時査定依頼 9社
対応エリア 全国 ※一部未対応
運営会社 ヤフー株式会社、SREホールディングス株式会社

イエイ

おすすめ度
           

約1,000社との提携で中堅・地元企業まで充実!各種サポートも豊富で安心

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
イエイ
こんな人におすすめ
  1. たくさんの不動産会社の査定を受けたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. サポート体制が充実している査定サイトを使いたい

提携会社数は約1,000社と大型サイトながらも、
「イエローカード制度」で悪徳業者は徹底排除。
「面談相談」「お断り代行」などユーザー目線のサービスも充実。

利用者数 400万人以上 運営開始年 2007年
提携不動産会社 約1,000社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 セカイエ株式会社

イエウール

おすすめ度
           

提携社数約1,600社、利用者数1,000万人以上の大型一括査定サイト

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
こんな人におすすめ
  1. 地元密着の不動産会社を見つけたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. メールやLINEの感覚で簡単に査定依頼したい

大手から地元企業まで豊富に見つかる、国内最大級の約1,600社提携。
比較的人口が少ないエリアでも査定対応する会社が見つかりやすい。
チャット形式の査定申し込み画面なので依頼も簡単。

利用者数 1,000万人以上 運営開始年 2014年
提携不動産会社 約1,600社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 株式会社Speee

リビンマッチ

おすすめ度
           

対応エリア外でも査定する不動産会社を探してくれるのがうれしい

  • 提携1,000社以上
  • 運営歴が長い
  • 大手に強い
  • 地元密着に強い
リビンマッチ
こんな人におすすめ
  1. 地元密着の不動産会社を見つけたい
  2. 他の査定サイトでは対応する会社が無かった・少なかった
  3. 運営会社も安心できるところがいい

大手から地元密着型まで約1,400の良質企業と提携。
対応外の地域でもスタッフが不動産会社を探してくれるサービスあり。
上場企業の運営で、プライバシーマーク取得など情報保護にも安心感。

利用者数 約440万人 運営開始年 2014年
提携不動産会社 約1,400社
最大同時査定依頼 6社
対応エリア 全国
運営会社 リビン・テクノロジーズ株式会社

不動産の無料査定を賢く使いこなすための知識

  • 「相場よりも安い価格でしか売れなかった」
  • 「いつまでも買い手がつかない」

不動産を売る際は、上記の2点を避けたいものです。しかし、この点で悩む売り主は少なくありません。上記のようなリスクを避けるためには、あなたの不動産と相性が良く、販売力のある業者を見つける必要があります。

最後に、不動産の無料査定を賢く使いこなすための知識をお伝えします。

査定を依頼したからといって契約をしなければいけないわけではない

「査定を依頼したらその会社と契約をしなければいけないの?」と疑問を持つ人もいますが、査定を依頼したからといって契約をしなければいけないわけではありません。安心して査定依頼をし、あなたと相性の良い業者を選んでいきましょう。

査定額が高いからといって契約を焦らない

査定額と売却価格はイコールではありません。ここは大事なので覚えておきましょう。高い査定額を提示してきた業者と契約を結びたくなりますが、大切なのは金額ではなく根拠です。

なぜその金額になったのか、根拠を聞きましょう。どの程度具体的で、理にかなっているのかを把握します。

査定前に相場をリサーチしておく

とはいえ、「理由を聞いても理解できないのでは」と思う人もいるでしょう。理解できないのは、不動産売却価格に関しての判断基準を持っていないからです。

なにも難しい勉強は必要ありません。あなたが査定を検討している不動産と、近い条件の物件はいくらで売れたのか、ということを調べることで相場観をつけていきましょう。相場を調べる方法に関しては『不動産売却の相場を確認する方法と相場を把握して高く売るための知識』でお伝えしていきます。

あなたの物件をできるだけ高く売れる不動産会社を見つける

大事なことなので何度か触れていますが、不動産を売る際はあなたの物件と相性が良い不動産会社を見るけることで、売れ残りを防いだり、より高い価格で売却したりできます。不動産会社選びには力を入れましょう。

【関連記事】
▶『不動産売却の全手順|高値での売却を目指すための正しいステップ

まとめ

個人が売却目的で査定を受ける場合は、不動産会社がやっている無料の査定を受けることになります。ただ、不動産会社は多数ありますので、一社ずつリサーチをしたり、申込みをしたりしていては、時間がいくらあっても足りません。

一括査定サイトを活用すれば、少ない手間で複数社に依頼をし、ご自身の目で業者の良し悪しを確認できます。あなたと相性が良い会社を見つけ、売れ残りを防止しつつできるだけ高く売るためにはネットでの情報収集に加え実際に会ってみることをおすすめします。

 

一括査定で、あなたの
不動産を高く早く売却
できる会社が見つかります。
  • 提携社数1,000社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

▸査定結果はメールでも受け取れるので忙しくてもOK
▸査定=売却決定ではないのでご安心ください

一括査定に進むカンタン・60秒で完了します