せっかくマンションを売却するのだから、できるだけ高く売りたいという思いは、売り手であれば多くの人が持っているものだと思います。そのための選択肢として、「ハウスクリーニング」というものがあります。簡単に言うと、マンション売却前に文字通り、家をきれいにすることです。

ハウスクリーニングを実施すると価格が上がるかもしれないと漠然と思っている人もいるでしょうし、どこをクリーニングすべきなのか、また、自分でやるべきなのか業者に依頼すべきなのかについて、迷っている人もいるでしょう。

そこでこの記事では、どういった場合にハウスクリーニングを実施すべきか、どういった箇所をクリーニングすべきか、またハウスクリーニングを依頼する際の業者選びのポイントなどについて解説します。現在マンションの売却前で、ハウスクリーニングを検討している人は参考にしてください。

 

一括査定で複数社から
マンションの査定価格
取り寄せて比較しましょう。
  • 提携社数1,300社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

※査定額は会社ごとに異なるので、比較することが大切です。

無料|一括査定へ

Powered by HOME4U(NTTグループ)

高く早く売れる
不動産会社が
見つかります

マンションの売却ではハウスクリーニングで価格が上がる可能性がある

マンション売却前にハウスクリーニングを実施していると、売却価格が上がる可能性があるのは事実です。しかし、それは適正価格以上で売却できるという意味ではありません。

ハウスクリーニングを実施すると、値下げ交渉や売却の長期化を防げる可能性があります。言い換えると、売却価格が下がるリスクを減らせるということです。

ハウスクリーニングを実施しない場合、生活で付いた汚れなどが、内覧のときに買い手の目に留まってしまうことがあります。それが値下げ交渉の材料となってしまうこともあるでしょう。

また、汚れがネックになりなかなか買い手がつかず、売却活動が長期化してしまうこともあります。その結果として、値下げをしなければならなくなるケースもあるのです。

つまり、ハウスクリーニングは売却価格を上げるというプラスを作るのではなく、売却価格が下がるというマイナスを防ぐ側面が強い、ということを覚えておいてください。その結果、ハウスクリーニングをしない場合と比べると価格が高くなると理解しておくとよいでしょう。

マンション売却でハウスクリーニングを依頼すべきケース

価格の下落を防ぎたいのであれば、どういったケースであれハウスクリーニングは実施しておくべきだといえますが、ここでは、特にクリーニングを依頼するとよいケースを2つ紹介します。

内覧から売買契約に至らない

内覧から売買契約に至らない場合にはハウスクリーニングを実施すべきです。買い手が内覧に来たということは、少なからずあなたのマンションに興味を持っているからですが、そこから契約に至らないのは内覧でネックになるところを見つけたからです

内覧から契約に至らないのにはいくつかの原因がありますが、室内の汚れもその一つです。ちょっとした汚れが、あなたのマンションに対するイメージを下げてしまっているというケースも少なくありません。

室内をきれいにしていれば買い手の印象も良くなりますので、契約に至る可能性も高くなります。内覧には来てくれるものの契約に至らない場合には、ハウスクリーニングの依頼が有力な選択肢になります。

築浅物件を売却する

築浅の物件の場合でもハウスクリーニングを実施すべきです。詳しくはハウスクリーニングを実施すべき場所で解説していますが、築浅物件は水回りをクリーニングしておいてください

築浅物件は入居期間が短いことから、内装設備の劣化はあまり見られず、室内もきれいに保たれているのが普通です。だからこそ、ただでさえ目立ちやすい水回りの汚れに買い手の目がいってしまいがちになります。

状態の良い室内であるにもかかわらず、水回りに清潔感がない場合には、買い手の印象が悪くなってしまう可能性があります。築浅物件を売却する場合にも、事前のクリーニングはおすすめです。

ハウスクリーニングを実施しないとどうなる?

すでにお伝えした通り、ハウスクリーニングを実施しない場合には、売却価格が下がってしまう可能性があります。ちょっとした汚れが値引き交渉のきっかけになってしまったり、売却に時間がかかってしまったりするからです。

特に注意すべきなのは、売却に時間がかかってしまうケースです。本来であれば短期間で相場通りに売却できたかもしれないのに、ハウスクリーニングを実施していなかったせいで買い手の興味を引けず、売却活動が長期化してしまうことには十分注意しなければなりません。

媒介契約の期間が3ヶ月程度であることから、マンションの売却は3ヶ月が1クールとされています。そして売却開始から3ヶ月以上経ったマンションは「売れ残っている」という印象を買い手に与えてしまいかねません

売れ残っているというイメージがいったんついてしまうと、それほどマイナスポイントがない物件であったとしても買い手が興味を示さなくなってしまうこともあり得ます。そうなってしまうと、どんどんと値下げをすることでしか売却を実現する手段がなくなってしまいます

たかがハウスクリーニングと思うかもしれませんが、マンション売却においては大きなお金が動きますので、できる準備はしておくに越したことはありません。値下げを防ぐための投資だと思って、積極的に活用するのがよいでしょう。

ハウスクリーニングを実施すべき場所

ここまでのご説明で、ハウスクリーニングの効果などについては理解していただけたかと思います。では、ハウスクリーニングはどういった場所に対して実施すればよいのでしょうか?

室内のすべてで行ってもよいのですが、これは費用対効果という意味ではあまり良くありません。買い手が気にしているポイントに絞って行うのが効果的です。

ここでは、ハウスクリーニングを実施すべき場所について確認してみましょう。

キッチン・トイレ・お風呂・洗面所

キッチンやトイレ、お風呂、洗面所といった水回りはハウスクリーニングを実施すべきですし、できればプロに依頼しておきたいポイントです。

買い手は、水回りの状態はとても気にかけています。きれいにしていない場合にはあなたのマンションに対し興味をなくしてしまうかもしれませんが、逆にピカピカになるまできれいにしておくと、一気に好印象を抱く可能性が高まるでしょう。

水回りは自分自身でもクリーニングできるかもしれませんが、できればプロに依頼しておいたほうがより安心です。

油汚れや水垢などの水回りの汚れは取りにくいケースもありますし、ステンレスなどの銀面を傷つけてしまう可能性もあります。プロであれば傷をつけず、ピカピカになるまできれいにしてくれるでしょう。

自分で掃除したほうがいいのは水回り以外

上記以外の場所、具体的には、玄関や室内、窓ガラス、照明器具、バルコニーなどもクリーニングをしておいたほうがよいでしょう。ただし、プロに依頼するほどのことはありません。自分の掃除で十分だといえます

きれいに掃除しておくことで、「売り手は大切にマンションを扱ってきたんだな」という印象を買い手に持ってもらうことができます。

また、掃除以外にも買い手に好印象を抱いてもらう方法はいくつかあります。荷物類は整頓しておく、部屋の臭いが気にならないように換気しておくといったことだけでなく、観葉植物を置いておく、スリッパを準備しておくなど、買い手への気遣いを怠らないようにしましょう

内覧時の対応は買い手の心をつかむための重要なポイントです。以下の関連記事では内覧を成功させるためのコツを紹介していますので、参考にしてください。

【関連記事】不動産売却で内覧を成功させるには?準備と応対のポイント

ハウスクリーニングの料金相場

ハウスクリーニングの依頼を検討している人に向けて、ここでは料金相場を確認しておきましょう。

一般的な料金相場

水回りの料金相場について、ダスキン、お掃除本舗、ベアーズの料金を比較してみました。参考にしてください。

場所 ダスキン おそうじ本舗 ベアーズ
キッチン 1万8,700円~ 1万8,150円~ 1万2,100円~
レンジフード(換気扇) 1万9,800円~ 1万6,500円~ 1万780円~
バスルーム 1万9,800円~ 1万6,500円~ 1万3,200円~
トイレ 9,460円~ 9,900円~ 1万340円~
洗面所 9,460円~ 9,350円~ 1万340円~

※東京都の場合

どの場所でも大体1~2万円程度なので、5ヶ所依頼すると合計で5~10万円前後の料金が相場になるといえるでしょう。

これを高いと捉えるか低いと捉えるかは人それぞれですが、先述した通り、マンションの売却では動く金額が大きいので、汚れが原因の値下げ交渉で売却価格を10万円以上下げざるを得なくなるようなことは、珍しいことではありません。そう考えると、保険の意味で5~10万円をかけておくのは、決して悪い選択ではないでしょう。

その他の場所の料金相場

水回り以外で、ハウスクリーニングを依頼しておいてもよい場所について、ダスキン、おそうじ本舗、ベアーズの料金を比較してみました。

場所 ダスキン おそうじ本舗 ベアーズ
フローリング 1万81円~ 1万3,200円~ 1万6,500円~
窓・網戸・サッシなど 3,300円~ 1万1,000円~ 7,370円~
ベランダ・バルコニー 1万1,000円~ 1万3,200円~
エアコン 1万4,300円~ 1万1,000円~ 1万4,190円~

※東京都の場合

個別の料金を紹介していますが、多くのクリーニング業者では、部屋全体の掃除パックを用意しています。個別に頼むよりも料金を抑えられますし、一気に掃除ができますので、必要に応じて依頼するとよいでしょう。

ハウスクリーニング業者を選ぶポイント

ハウスクリーニング業者はたくさんあり、どこを選べばよいのか迷ってしまいますね。できるだけ費用は下げたいですが、しっかりときれいにしてくれるかどうかはとても重要です。

ここでは、ハウスクリーニング業者を選ぶポイントを見てみましょう。

料金と作業内容を確認する

安くても作業の質が悪ければ、せっかくハウスクリーニングをしても意味がありません。料金と作業内容はしっかりと確認しておきましょう。

特に料金が安い場合には作業内容が少ないケースもあり得ます。クリーニングをしてもらえるのは具体的にどの場所か、どういった作業内容なのかを確認しておきましょう

見積もりの段階で確認しておけば、クリーニングが終わったあとに、「ここも掃除してくれると思っていたのに…」といった事態は避けられるでしょう。

加えて、損害保険に加入しているかも確認してください。人が作業しますので、プロでもミスがまったく発生しないわけではありません。損害保険に加入していれば保険金で破損部分を修復してもらえます。

口コミを確認する

気持ちよくハウスクリーニングをしてもらうには、作業してくれる人の人柄も重要になります。それを確認する方法が口コミです。

現在はさまざまな口コミサイトがありますし、自社のホームページにも顧客の声として口コミを載せている業者もあります。

どんな人が作業してくれるのかは、ハウスクリーニング当日にならなければわかりませんが、人柄の良い担当員に作業してもらえる確率を少しでも高められるよう、口コミも確認しておくとよいでしょう。

まとめ

マンション売却時のハウスクリーニングについて解説しました。お伝えした通り、ハウスクリーニングをしていない場合、値下げ交渉の材料になったり、売却期間が長期化したりして、適正価格で売れなくなってしまう可能性があります。

一方、しっかりとハウスクリーニングを実施していれば買い手に良い印象を持ってもらいやすく、早期に相場通りの売却が実現できる可能性が高まります。

ハウスクリーニングを実施すべきポイントは水回り。ご自身での掃除も可能ですが、ここは業者に依頼するのがおすすめです。

業者選びの際は事前にホームページや口コミなどを確認し、作業内容や作業員について調べておきましょう。

 

一括査定で複数社から
マンションの査定価格
取り寄せて比較しましょう。
  • 提携社数1,300社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

※査定額は会社ごとに異なるので、比較することが大切です。

無料|一括査定へ

Powered by HOME4U(NTTグループ)

高く早く売れる
不動産会社が
見つかります