この記事のPOINT
こんな人におすすめ
  • 任意売却の物件を購入しようか迷っている
  • 任意売却物件購入の注意点を知りたい
  • 任意売却物件のデメリットを把握しておきたい
こんなことがわかります
  • 任意売却物件が安い理由とデメリット
  • 購入前に注意しておくべきポイント
  • 任意売却物件を専門に取り扱っているサイト

任意売却物件は不動産会社で普通に紹介されている中古物件よりも安く売り出されていることが多く、ほぼ新築に近い状態で値引きされているお宝物件が見つかるケースも稀にあり、状況によってはかなりお得に中古物件を購入できる可能性があります。

ただし、任意売却物件が安く売り出されているのはそれなりの理由があるので、安いからと安易に物件購入を即決するのは危険です。契約が途中で取り消しになったり物件が荒れていたりなど色々なリスクがあるのでお気をつけください。

そのため、あらかじめ任意売却物件のデメリットも確認しておくべきでしょう。そこで、この記事では任意売却物件を購入する際の注意点やよくある疑問についてご紹介します。

 

一括査定で複数社から
不動産の査定価格
取り寄せて比較しましょう。
  • 提携社数1,300社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

※査定額は会社ごとに異なるので、比較することが大切です。

無料|一括査定へ

Powered by HOME4U(NTTグループ)

高く早く売れる
不動産会社が
見つかります

任意売却物件が安い理由

任意売却物件は市場価格よりも1~2割ほど安く購入することができます。その理由を簡潔に言いますと、購入の取引がスムーズに進みづらく物件の状態が悪い可能性が高いデメリットがあるためです。

任意売却がされる理由の大半は売却者のローン滞納であるため、任意売却物件は売却者の意思だけで取引は認められませんし、物件を手入れする余裕がない状況である可能性が高いでしょう。

以下より詳細を解説していきますが、任意売却物件が安いのは通常の物件の取引と比べデメリットが多いためです。任意売却物件の購入は必ずそれらを踏まえて検討して下さい。

任意売却物件のデメリット

任意売却物件のデメリットは以下の3点です。

  • 購入に時間がかかりやすい
  • 物件が荒れている場合がある
  • 値引き交渉は難しい

購入に時間がかかりやすい

任意売却物件の契約には売却主と不動産業者だけでなく債権者の承諾を得ないといけません。任意売却物件における債権者とは、売却主のローン返済先である金融機関のことです。

通常だと不動産売却をする際にはその売却金を含めてローンを一括返済する必要がありますが、任意売却だと住宅を売却した後にローンの残債が残るので、住宅の売却条件は債権者にとってもかなり重要になってきます。

住宅の売却契約は債権者に確認を取りながら進行していくことになるため、一般的な仲介売却での購入よりも契約に時間がかかりやすいのでご注意ください。

<通常の住宅購入にかかる期間の目安>

引用:CO-DATA -みんなの戸建データ

物件が荒れている場合がある

通常の住宅売却では売却者は瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を負いますが、任意売却の売却者はこの責任が免除されます。そのため、住宅の購入後に不備が発覚しても購入者が自分で対処しなければいけません

用語チェック
瑕疵担保責任
不動産の売買取引で不動産の譲渡後に雨漏りや白ありなど、思いがけぬ不備が発覚した場合に、購入者から売却者に対して損害賠償が請求される責任

また、任意売却物件の売却者は経済的に厳しい状況で内覧前に物件の手入れをする余裕がない場合も多いため、物件内が汚れて散らかっていると自分が物件を購入した後の生活イメージがしにくいのがデメリットであると言えるでしょう。

値引き交渉は難しい

任意売却は売却者が債権者にローン返済をする目的で行われる売却なので、ローンの回収額が減る値引きに債権者が応じてくれることは滅多にないのではないかと思います。

通常の住宅購入では不動産業者が値引き交渉に応じてくれるケースは珍しくありません。しかし、任意売却は売却者だけでなく債権者の意思も優先する必要があるため、値引き交渉をするのは現実的に考えると厳しいでしょう…。

任意売却物件購入の流れ

  1. 物件の予算を決める
  2. 任意売却を専門に扱う業者で物件を探す
  3. 物件内覧・現地視察
  4. 価格や引き渡し条件の交渉
  5. 不動産業社が債権者に確認
  6. 買付証書の提出
  7. 売買契約の締結
  8. 物件の引き渡し

任意売却物件の購入手続きは上の通りです。『不動産業者が債権者に確認』の部分を除けば通常の物件購入の手続きとほぼ同じ流れになるので、購入者目線で見れば任意売却物件だからと特別な手続きをする必要はありません。

ただ、任意売却物件の購入は売却主の不備によって手続きにトラブルが発生する可能性があるので、手続きを進めていく際には以下で紹介する注意事項を意識しておくことをオススメします。

任意売却物件を購入する際の注意事項

任意売却物件を購入する際の注意点をご紹介します。物件の購入を検討する場合は以下の3点にご注意ください。

  • 競売の取下げをしてもらう
  • 他に滞納がないか明確にする
  • 手付金を売却者に渡さない

競売の取下げをしてもらう

住宅ローンの滞納を放置していると裁判所で競売の手続きが進められてしまうため、売却者が競売の取下げをしていないと任意売却の交渉中に住宅が差し押さえられてしまい、契約途中でも売却の話がなかったことになる恐れがあります。

大抵の不動産業者は事前に確認を取ってくれますが、不動産業者が任意売却の手続きに慣れていないと確認漏れをしている可能性もあるので、念のため交渉時に不動産会社へ「競売の期間は大丈夫ですか?」と確認しておくと安心でしょう。

(※競売とは、住宅ローンの滞納者の住宅を裁判所が強制的に売却して、売却金をローンの返済に充てさせる強制執行)

【関連記事】任意売却は競売よりもメリットだらけ!両者の違いと任意売却の手続き

他に滞納がないか明確にする

住宅ローンの滞納がなくても、税金や消費者金融などの支払いが滞っている状況だと住宅の差押えをされて競売にかけられる恐れがあります。そのような状況に陥れば任意売却物件の購入の話は取り消しになってしまうのでご注意ください。

住宅の売却者に対して直接そのような確認を取るのは難しいと思うので、もし売却者の様子を見て不安を感じる場合には不動産業者を通じて確認してもらうことをおすすめします。

手付金を売却者に渡さない

不動産物件の購入前には契約が完了するまで手付金を預けることになりますが、この手付金を任意売却物件の売却者に渡してしまうと、後々トラブルに発展する可能性が高いのでご注意ください。

任意売却物件の売却者は経済的に厳しい状況であるケースが多いため、手付金を預けると使い込んでしまい、契約後に返却できないという状況は珍しくないと言われています。

売却者を疑うのは心苦しいですが、安全に取引を進められる可能性を高めたいのならば、売却者ではなく不動産業者に手付金を預かってもらった方が安心でしょう。

任意売却物件の購入でよくある疑問

最後に任意売却物件の購入を検討する時によく生じる2つの疑問とそれに対する回答をご紹介します。

住宅ローンは組めるのか?

任意売却物件はローンが残ったまま売却される物件であるため「ローン残債がある物件をローンで購入できるの?」と疑問を感じる人が多いです。しかしご安心ください。任意売却物件でもローンを組んで購入することは可能です。

ただし、債権者は同じ失敗を繰り返さないように慎重になっているため、審査は通常よりも厳しく行われる可能性が高いと言われています。

そのため、審査には時間が多くかかる場合もあるので、余裕を持って手続きを進めたい場合は事前に金融機関で仮審査を済ませておくと良いでしょう。

任意売却物件はどこで見つけられる?

不動産会社では物件が任意売却物件であることを大々的に公表していないので、一般的には気に入った物件がたまたま任意売却物件だったというケースが多いです。

ただ、任意売却物件だけを紹介しているサービスも存在するので、任意売却物件にこだわりがある場合には以下のような業者の掲載情報を確認してみることをオススメします。

まとめ

任意売却物件は市場相場よりも安いですが、手続きのトラブルや物件の不備が生じやすいというデメリットがあります。任意売却物件だからと無条件で安値に設定されているわけではないのでお気をつけ下さい。

ただ、リスクに目をつぶれば希望の物件を安値で購入できる魅力的な取引なので、お気に入りの任意売却物件がある場合には、慌てず慎重に手続きを進めていきましょう。

 

不動産の売却を検討中の方へ

不動産を売却する際は、あなたの不動産を得意とする会社に依頼することが大切です。

得意な不動産会社と苦手な不動産会社

不動産会社探しで役立つのが「一括査定サイト」です。

一括査定サイトを使って不動産会社を効率よく探す

不動産の一括査定サイトは、ネット上で一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。一括査定イメージ

一括査定サイトを使うことで、個別に不動産会社に連絡するよりも格段に効率よく依頼できるうえ、各社の比較を通じて、自分に合った不動産会社が見つけやすくなります

よくある疑問

Q.まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる?
A.査定してもらえます。査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。

Q.住宅ローン完済前だが、売却できる?
A.売却できます。ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。そのため、まずは査定を受けて住宅ローンの完済が可能かどうかを確かめましょう。

おすすめの一括査定サイトはこの6つ|組み合わせ例も紹介

信頼性」「運営歴」「利用者数」の観点からおすすめできる6つの一括査定サイトをご紹介します。

サイト名 長所/弱点 提携不動産会社 対応エリア 利用者数
運営開始年
【おすすめ度】
★★★★★

すまいValue

公式サイトへ
【長所】
・超大手6社のみの参加で安心感抜群
・最大手3社に一括査定が依頼できる唯一のサイト

【弱点】
・人口が少ない地域は未対応の可能性あり
6社
・三井不動産リアルティ
・住友不動産販売
・東急リバブル
・野村不動産アーバンネット
・三菱地所ハウスネット
・小田急不動産
全国
※一部未対応
年間成約件数11万件以上
/2016年
 
【おすすめ度】
★★★★★

HOME4U

公式サイトへ
【長所】
・業界で最も運営歴が長く信頼感アリ
・NTTグループの運営で情報保護も含めて安心

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,300社 全国 約700万人
/2001年
 
【おすすめ度】
★★★★★

SUUMO

公式サイトへ
【長所】
・業界トップクラスの知名度を誇るSUUMOに物件情報を掲載できる
・電話番号を入力しなくても査定依頼が可能

【弱点】
・競争相手となる物件もSUUMOには多く掲載されている
約2,000社 全国 非公開
/2009年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエウール

公式サイトへ
【長所】
・利用者数1,000万人以上は業界No.1
・参加不動産会社数は約1,600社でこちらも業界屈指

【弱点】
・運営歴が浅く、サポートはやや少なめ
約1,600社 全国 1,000万人以上
/2014年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

ライフル・ホームズ

公式サイトへ
【長所】
・地元密着型の不動産会社が幅広く参加
・不動産ポータルサイトならではの情報の充実度

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,700社 全国 約470万人
/2009年
 
【おすすめ度】
★★★★☆

イエイ

公式サイトへ
【長所】
・「イエローカード制」で悪徳業者を徹底排除
・「お断り代行サービス」など各種サポート体制が充実

【弱点】
・大手で参加していない会社がある
約1,000社 全国 400万人以上
/2007年
 

さらに、ご自身の住まいに合わせて、一括査定サイトを組み合わせて利用するのが上手な使い方です。

1つの一括査定サイトで依頼できる不動産会社の数は限られていますが、複数の一括査定サイトを組み合わせて使えば、より多くの不動産会社を比較できるようになるので、自分に合った会社が見つかる可能性が高まるでしょう。

以下でおすすめの組み合わせ例をご紹介していますので、参考にしてください。

3大都市圏などの大都市部 それ以外の地域
すまいValue
公式サイトへ

HOME4U
公式サイトへ

SUUMO
公式サイトへ
イエウール
公式サイトへ

ライフル・ホームズ
公式サイトへ

イエイ
公式サイトへ
ポイント ポイント
大都市は大手のカバー率が高いので、「すまいValue」はぜひ利用したいところ。加えて「HOME4U」と「SUUMO」で中堅から地場の実力派も候補に入れる。 1つのサイトで候補に挙がる社数が少ない可能性があるため、提携社数の多い3サイトを組み合わせて選択肢を広げるのがポイント。

ちなみに、首都圏や関西の物件査定であれば、SRE不動産の利用もおすすめです。SRE不動産はソニーグループの不動産会社で、売主のみを担当する「売却エージェント制」を敷いており、100%売主の味方になってくれることから、非常に高い顧客満足度を誇っています。一括査定ではありませんので、上記の一括査定サイトで査定依頼することになった不動産会社にプラス1社、といった使い方もしやすいのが魅力です。

 公式サイトへ
【対応エリア】東京・神奈川・千葉・埼玉・大阪・兵庫・京都・奈良

一括査定サイトについてより詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

 

一括査定で複数社から
不動産の査定価格
取り寄せて比較しましょう。
  • 提携社数1,300社以上
  • 最大6社に同時依頼
  • 全国対応

※査定額は会社ごとに異なるので、比較することが大切です。

無料|一括査定へ

Powered by HOME4U(NTTグループ)

高く早く売れる
不動産会社が
見つかります